FC2ブログ
201903<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201905
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
雨漏れ
雨漏れって非常に厄介です。今週は2台の雨漏れ修理が入って来てます。しかも、何だか厄介な場所からの漏れ方です。雨漏れの原因って、限られるのですが、その限られた中でも、非常に判断が難しいです。今回の2台は2台とも荷室に水が垂れます。とりあえず、1台内張りをはぐって見てみると、ルーフライニングの裏側が湿っています。この状態で、まず判断出来るのは、ガラス系統では無いとの判断です。ガラスはルーフライニングより下にありますので、ガラスからの漏れの場合は、ライニングは濡れません。そうなると、考えられるのは、テールゲート、ルーフレール、サンルーフとなります。内張りを外した状態で、それぞれ順番に水を掛けていきます。まずは、テールゲートを中心に・・・漏れません。次はルーフレールの付根あたり・・・漏れません。最後にサンルーフ・・・漏れません。笑 水道水をシャワーでかけても、自然の雨や風を忠実には再現できないので、水をかけたテストだけでは、判らない事も多いです。次は、サンルーフ内部のガイドに直接水を流してみます。サンルーフはシーリングされていますが、100%ではありません。脇から漏れた水は、受け皿を流れて、ドレンで外部に排出されます。古い車だとこのドレンに、落ち葉やゴミが詰まり、オーバーフローした水が室内に流れてくるケースがあります。ただ今回の車は、比較的新しい車ですので、その可能性は低そうです。ホースから直接ドレンに水は流せないので、水差しを使い少量の水をガイドに流します。左右前後にドレンがあり、前はAピラー内部をとおり、Aピラー下部から排出、後ろは、Cピラー内部をとおりリヤタイヤの後方に排出されます。ここでも特に漏れはおきませんでした・・・ただ、後方のドレンパイプのあたりが比較的濡れ具合が激しいです。ドレンパイプを見ると。接続部分はクランプではなく、タイラップで止まっています。念のため外してみると、ホースの内部のヘリまで水が流れた跡があります。通常キッチリとまっていれば、ここに水の流れた後はつかない筈なので、これかな?との判断で、クランプでシッカリ固定した後に、再度水をかけてテストします。今の所、漏れはありませんが、これと断定できないところが非常に厄介で、明日も水掛テストを行う予定です。又、サンルーフシールも枠の外側で漏れるのは、受け皿があるので問題ありませんが、サンルーフとシーリングの間から漏れると受け皿ではないところに水が落ちて漏れる場合もありますので、そのあたりは、ガラス屋さんにシーリングをしていただきます。電気と同じで、見えない物の修理は、時間が掛かります・・・

20051025203136.jpg

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。