FC2ブログ
201906<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201908
電子スロットル ボルボ
やっと、少し涼しくなって来ましたね。
これぐらいだと仕事しやすいです。
この週末は秋分の日ですから本来はもっと涼しくても良いかとは思いますが…

さて、今日のボルボネタは、ボルボXC70の電子スロットル~
FFボルボのお乗りの方にとっては、壊れると非常に痛い部分ですね。
FRの古いボルボは、アクセルと踏むとワイヤーでスロットルを機械的に引っ張りアクセルコントロールをしますが、
99年以降のFFボルボは電子スロットルと云うものを使っています。
アクセル部分にはセンサーがあり、エンジン側はモーターでスロットル開度を調節します。
最近の車は国産車も含めて全般的にそうですが、私のような古い人間は、レスポンスに違和感を多少なりとも感じます。
古い車は、あのワイヤーで引っ張っている感が、機械っぽくて好きなんですけどね・・・笑
電子スロットルにすると、アイドリングコントロールや様々な条件でのアクセルコントロールが可能になり、確かにスムーズなアクセルワークが可能です。
路面状況に応じたアクセルコントロールやエミッション(排気ガス対策)コントロール等もECU(コンピューター)が意のままにやってくれます。
ただ、その構造ゆえに、壊れると非常に厄介です。2重の安全装置が付いていますので、暴走することはありえませんが、逆にたいした故障でなくても、エマージェンシー的に出力を制御してしまったりします。
今週お預かりボルボXC70はインジゲーターにエンジン出力低下と表示され、エマージェンシーモードで40~50km/hしかスピードが上がらない状況で入庫となりました。
故障コードを見てみると、電子スロットルの不具合だけで5個。
リセットをかけても復帰することなく、交換を余儀なくされました。
ただ、この部品、非常に高価です。今回は、御客様のリクエストで中古を使用しました。
(偶然、一度交換済みの電スロが在庫でありました)
又、交換後はどうしても、ソフトのインストールが必要です。
こればっかりはボルボカーズジャパンでないと出来ませんので、ソフトのダウンロードだけボルボに持っていきます。
なかなか厄介です・・・
(写真は壊れた電スロ)
DSC_0221.jpg

DSC_0219.jpg

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved