FC2ブログ
201905<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201907
タペット
いや~今日は寒いですね…風が殺人的な冷たさです。モモヒキ履いちゃってます。笑

さて、ボルボの240や940のB230エンジンで、タペット音が大きくて困っている方に朗報です!
このタペット音は、カムシャフトとタペットの間に出来る隙間が大きくなる事が原因でおきます。
ちなみに冷間時で0.30~0.40温間時で0.35~0.45のクリアランスを必要とします。
古い国産なんかは、ネジ式で調整、今時の車は油圧で自動調整ですが、B230はシムを入れ替えて調整します。
シムは0.05mm刻みで3.30~4.50mmまでメーカーで用意されています。
問題なのは、一番厚い4.50mmを入れてもクリアランスが大きい場合です。
その場合は、カムの交換やタペット、バルブ等の交換など、ヘッドOHとなるケースが想定され、非常にお金がかかるため、打音をさせながらも我慢して乗っており方も、結構いらっしゃいます。
そこで当社では、オリジナルで4.50mmより厚いシムを独自開発しました!
って言っても自社で生産出来る訳ではなく、当社のお客様に精密加工をしている方にご協力を頂き作成した次第です。
このシム500円玉程度の大きさですが、エンジン内部で高温や高圧にさらされます。
また、1/1000の精度が必要となるため、そんじょそこらでは造れないんです。
材質もオリジナルに近い物を調べてもらい、硬度も計測してもらい(HRC60)それを忠実再現させて、4.50mmより厚いシムを製作しました。
本日早速、そのシムを装着しましたが、かなり大きなタペット音がほとんど取れて、非常に良い感じです。
ヘッドOHで何十万もかけずに、修理が出来るようになって本当に当社としても嬉しいです。
あとは、長期的に耐久性を確認したいところですね…
B230のタペット音にお悩みの方は、是非ご相談ください。
ただ、大変申し訳ありませんが、部品だけの販売はしておりませんので、ご了承くださいm(__)m

P1010350.jpg
P1010413.jpg





コメント
この記事へのコメント
タペット音
自分はS90(97年)ですが、タペット音に悩まされています。走行中エンジンが高回転のときは出ませんが、アイドリングでカチカチうるさいです。B230エンジンではありませんが、解決しますか?
2010/08/31(火) 04:21:13 | URL | miwrin #-[ 編集]
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved