FC2ブログ
201911<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202001
ブレーキパッド交換Ⅲ
すみません。ちょっと間があいてしまいましたね。
940系フロントブレーキパッドも最終章です。

さて、前回までの下処理したフロントブレーキパッドを組み付けます。
940のFブレーキパッドの取り外しは、キャリパーの裏側にあるボルトを1本外すだけです。
頭が12mmもしくは13mm(年式によって異なる)のボルトです。
ヘックス(6角)のボルトではありませんので注意してください。
上下に同じボルトがありますが、下側を外してください。そうすると上のスライドピンを軸にして、キャリパーが上側に持ち上げられます。
その状態で、古いブレーキパッドを取り除きます。
さて、ここで新しいブレーキパッドの組み付けとなりますが、そのままでは組みつけが出来ません。
今の状態ではピストンが出過ぎのため、ピストンを戻してやる必要があります。
私たちは、キャリパーを戻すための工具を持っていますが、一般の方でお持ちの方は少ないと思いますので、ウォーターポンププライヤーなどを使いましょう。
ピストンは、おおよそキャリパーの面一まで戻して大丈夫です。
その時、ブレーキオイルが逆流しますので、ブレーキマスタータンク内のオイルを少しスポイトで取り除いてください。
その作業をしないと、逆流したブレーキフルードがマスターのサブタンクから噴出して大変な事になります。
ブレーキフルードは、塗装を侵す成分が入っていますので、万が一塗装部分に付着した場合は、すぐに水で洗い流してください。放置すると、塗装がデロデロになります。
又、プライヤー等でピストンを戻す際は、ダストブーツ等が破れないように注意することも必要です。
ついでに、ダストブーツの損傷、スライドピンがスムーズに動く事などもチェックしましょう。
あとは、バラシた逆の順序で組み付けを行います。
ちなみに締め付けトルクは3kgmです。

ああ、あとついでにブレーキローターの厚みも計測すると良いですよ!
限度値は23mmです。(91年以降のボルボ940)

ここまでの作業をメンドクサイっと感じた方は、是非当社に交換をご用命ください。笑
ちなみに交換工賃は4750円となります。

P1010342.jpg

P1010343.jpg


                                            ボルボの専門店 VOLVOの事ならお任せください!
コメント
この記事へのコメント
Fブレーキパッドの交換方法について
こんにちは。
先日ワイパーブレードと一緒にパッドを購入させていただいた者です。
今日交換しようとしてHEXのボルトを2本とも外してしまったのですが、結局ピストンがうまく戻せずに一旦作業を中断した後にこの記事を発見しました。外すべきボルトは頭が12mmもしくは13mmのボルトとありますが、これはスライドピン下側のボルトの事でしょうか?
2010/12/05(日) 17:30:59 | URL | waka #-[ 編集]
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved