FC2ブログ
201210<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201212
ボルボには珍しい錆び
24、25日はお店として連休を頂きました。有難うございますm(__)m
週末の連休なんて、あまり取れないのですが、そんなときに限って娘が体調を悪くして、家族では出かけられず、
のんびりとしたお休みを頂きました。
近くの電通大の学祭を覗いたり、息子と午後から釣りに出たりと、普通のお父さんっぽい?週末を楽しませて頂きました。笑
年末に向けて忙しくなるので、ちょっと気力チャージです!

さて今日のブログネタは、少し前の整備となりますが、ボルボ240の錆びに関してです。
ご存知のようにボルボは、非常に錆びに強いのが売りの車です。
古いモデルでさえ、同年代のほかの車と比べれば、錆びに対するレストアを殆どすることはありません。
もちろん、まったく無いわけではなく、ガラスモールの下で水が溜まる場所などは、腐食する事は有ります。
でもザクザクでボディーワークが大変って事はあまりありません。
一部の年式で、バックパネルが腐食する事が有りますが、あればきっと当時の調達部品に問題があったのでしょう・・・
ところが、先日お預かりの87年の240、珍しい所が腐食しています。
運転席のフロアです・・・
84年ぐらいの240で同じような腐食を見たことが有りますが、比較的ボルボには珍しい腐食です。
本来は腐食部分を切断して、鉄板を溶接して、コーキングしたいところですが、ご予算的にも厳しかったので、
科学反応で錆びの進行を食い止める薬剤を塗りこんで、雨だけ侵入しないよう、コーキングを施しました。
いずれは、大掛かりな作業をしないと駄目でしょう・・・
比較的珍しい症状なので、掲載させて頂きました。
DSC_0385.jpg
ボルボ C70カブリオレ
今日から3連休って方も多いのでは無いでしょうか?
当社も24日、25日と連休を頂きます。
期間中ご迷惑をお掛けいたしますがご了承ください。

さて今日のボルボネタは、ボルボC70カブリオレ!
当社では比較的珍しい車ですが、古くからの当社の御客様で女性オーナーのF様に御納車させて頂きました。
ボルボ940からの買い替えです。
C70カブリオレは、他のFFが2000年以降フルモデルチェンジをしたにも関わらず、旧ボディーを使い2006年まで販売された珍しいOPEN TOPの車輛です。
その後2007年からは、メタルTOPのオープンになりましたので、布製のカブリオレはボルボではこのモデルだけです。
ボルボのカブリオレの良いところは、4人普通に座れるところでしょうか・・・
なかなかリヤシートがシッカリしたオープンカーっで無いんですよね。
メタルトップのカブリオレと違い、布製のカブリオレは、遮音性は有りませんが一目でカブリオレと判るスタイルがが私は好きです。
問題はトランクが狭くて、ゴルフバック1個積めるか積めないか・・・

さて、このカブリオレ、昔と違い布製の幌にリヤガラスが接着されています。
(昔はカブリオレといれば透明のビニールシートでした)
実はこれが曲者で特殊な接着剤で、通常修理が出来ません。
この接着方法は、VW等も同じらしいのですが、ボルボカーズで頼むと幌ASSYの交換で150万ぐらい掛かるらしいです。汗
しかも、よく剥がれます・・・。
今回の車輛も多分に漏れず、剥がれています。涙

ただ、当社では修理が可能です(外注作業とはなりますが・・・)
もしカブリオレのリヤガラスが剥がれてお困りの方が居ればお問い合わせください!
DSC_0316.jpg
ボルボ FF系の足回り異音
気が付けば、11月もあと1週間で終わりです。
日々の仕事に追われながらも、色々な難問を抱えて、憂鬱なボルボ屋の親父であります。
あと、一月で今年が終わるなんて、考えられない・・・はぁ~
ため息が出るばかりです。

ココの所サボリ気味のブログですが、今日はボルボXC70の足廻りからの音に関して!
っといってもXC70に限らず、850からの殆どのFFボルボに当てはまる修理です。
FFの足回りから「ゴトゴト」とか「ゴキゴキ」などの音が出ている場合、殆どが写真のストラット UPシートが痛んでいる場合が多いです。
今回の写真のお車は特に酷い状況で、判りやすいのでブログネタにしてみました。
この不具合、実際には、目視で点検するのが見難い場所になりますが、よーく目を凝らせば、隙間から確認が出来ます。
DSC_04505.jpg

実際に外してみるとこんな感じです。
真ん中の十字のナットは本来、浮いている感じですが、抜けてめり込んでます。
DSC_04375.jpg

更に十字ナットを緩めてショックから取り外すとこんな感じです。
右は正常、左が抜けているシートです。
DSC_04385.jpg

裏から見るとこんな感じです。
DSC_04395.jpg

*注 ストラットの着脱、スプリングシートの交換は、知識や専門の工具を必要とします。
、また、原則、分解整備ですので、必ず整備認証工場、指定整備工場で作業を行なってください。
シフトインジゲーター
今日は冷たい雨の1日でしたね。
降ったり止んだりの嫌な雨でした。
例年の事ですが、年末に向けてだんだん忙しくなってきました。
今年は更に、憂鬱な事がありまして・・・じきに発表しなくてはいけませんが・・・年内に重大発表があります~?

さて、今日のボルボブログネタ~
ボルボ940のシフトノブに、シプトポジションを知らせるランプが有ります。
あれ、よく壊れて、全部のランプが点灯してしまったりします。
(本来は、P.R、N、D、2、1がそれぞれ単独で点灯します)
シフトブラインドと云う部品が壊れて、そうなるのですが、この部品が結構交換が大変です。
まず、ODのSWを取り外し、端子を変形させないように、シフトノブを抜いて、センターコンソールカバーを外して交換です。
ばらした処がこんな感じ
DSC_03711.jpg

っとところが、このボルボ940、シフトブラインドを引っ掛ける出っ張りがなんと折れているではありませんか~
部品が折れているだけなら交換しろ!っと思われるかもしれませんが、
単品供給が無い部品で交換するには、シフトASSYで6~7万~
ん~困った・・・しかも部品は生産中止で手配できない~
じゃあ、って事で、M君頑張ってこの、出っ張りを鉄板で作成して、僅か数ミリのところにビスで取り付けに成功~
(ゴメンなさい。写真撮り忘れました)
職人技です。
たかがシフトの照明、されどシフトの照明、頑張って工夫して修理です!
DSC_03731.jpg

さて、明日、明後日とボルボ屋のオヤジは終日不在とさせて頂きます。m(__)m
明日のスタッフは当社番頭N君です。宜しくお願いします。
新しいボルボのエンジン
今日は、お昼に健康診断だったボルボ屋のオヤジです。
まあ、例年書いているので、お聞き苦しいかとは思いますが、本当にバリューム最悪です。
噂によると、胃カメラは革新的な技術の進歩で、あまり苦しくなくなったと聞いていますが、バリュームは昔も今も変わらず最悪です。
誰か、快適なバリューム検査を開発してくれ~っと願う次第です。笑
下剤のせいでお腹痛い~

さて今日のボルボネタ!
当社にしては珍しい新型のV50を預かりました。
点検でお預かりですが、もともとの依頼事項はベルト鳴きです。
なんと新型のこの4気筒エンジン、ドライブベルトのテンショナーが付いていません。
テンショナーと云うのは、ベルトを張る部品です。
ボルボを例にして話すと
古い車(アマゾンとか)は、バールでこじってベルトを張っていました。
その後、古い240等のB21エンジンでは、シム式となり(プーリーの間隔でベルトを調整する)
240や940のB230エンジンぐらいでは、ネジで調整
FFツインカムの時代に入れば、バネの力でオートテンションするタイプに変化していったのですが、
今はなんと、テンショーナーすら無いと言う驚きの進化です。

ところが、テンショーナーが無いわけですから、ベルトの張りが出ないため、ベルト鳴きが出たりするわけですね・・・笑
しかも、部品を取寄せると、KITで部品が来るのですが、なんと品質改良で、テンショナー機能が付いた部品に変わっています。
(ACベルトはテンショーナが無いままですが・・・)
噂では、コストダウンしてテンショナーレスにしたものの、ベルト鳴きのクレームが多くて、結局テンショナーを導入したのでは無いかと・・・
ただ、結局そのツケを払わされているのは、御客様なので、なんともお粗末な感じではあります。

写真は、カバーを外したB4204S。
カバーを外した途端、エンジンがチープに見えるのは私だけでしょうか・・・
なんだかニッサンのSRとかCAエンジンみたいですね。
しかし最近のエンジンは、ボルボに限らず、何故あんなにカバーを装着するのでしょう?
見た目以外にも静音性とかあるのかな?

2枚目の写真が品質改良された部品です。

DSC_0405.jpg

DSC_0404.jpg
謎の物体
日が暮れるとめっきり寒くなりましたね。
もうすぐ師走です・・・
この年の瀬に、また日本の政治は大きく動こうとしています。
こんなに、コロコロとTOPが変わっていたら、どの国にも呆れられて当然です。
日本は何処に向っていくのでしょうか?
誰が首相をやっても、日本は変わらないんだから、誰でもいいから、永くやって~
アメリカみたいに、良かろうが悪かろうが4年は任期って事にしたら如何でしょう?

さて、今日のボルボネタ。
先日940の燃料ポンプを交換していたら、H君がこんな物を見つけました。
「なんじゃこら?」
多分、新車から一度もタンクを開けた形跡がないので、新車時に入った物と思われます。
憶測ですが、プラスチックタンクの形成時に削り取るカスじゃないかと・・・
しかし、ポンプにつまらないで、よく15年も浮遊していたなと関心します。

謎の物体です。笑

DSC_0380.jpg

ボルボ B230 タイミングベルト
いや~寒くなりましたね。
今日は冷たい雨が1日降っていた事もあり、余計そう感じました。
だんだん冬になってきます。
昨年も書いたような気がしますが、年々秋が短い気がするのは私だけでしょうか?
今年も夏が長くて、秋が短かった~
私は夏より冬が好きなので、冬大歓迎~なんですが、スタッフは皆寒がりで冬嫌い派です。
皆さんは、どっち?

さて、今日は先週作業したボルボ240のタイベル交換に関して!
B230のタイミングベルトは、国産車のように10年10万kmでは無いので、比較的作業としては多く手がけます。
先週お預かりした240は、まだタイミングベルトの交換時期ではなかったのですが、クランクプーリーが滑っていたので、クランクプーリー交換したときにに、スタッフがある物を発見しました。
クランクプーリの裏側にあるワッシャーが逆さまに組まれています。
以前何処かでタイベルを交換した際に間違えたようです。
心配になって、カバーを外してみると、ワッシャーの向きを間違えているため、タイミングベルトが極端に偏り
ベルトの端が擦れて擦り切れいます。
更にテンショナーもセンターで力を受けていないためガタが出て、音が出ています。
結局、タイベルとテンショナーも交換となってしまいました。
御客様に確認すると中古車として車を購入した時にその車屋さんで交換してもらったとの事でした。
ん~残念・・・

今日は、久しぶりに、動画でUPしてみました。
今後は動画も多用していきたいボルボ屋のオヤジであります。
(バックのラジオの音が大きくてゴメンなさい)
(もうちょっと判りやすく撮れよと怒られそうですが、携帯動画になれてなくてごめんなさいm(__)m)

テンショナーはこんな感じ
お悔み
昨夜はお通夜がありました。
当社の裏に住んでいる、おじいちゃんがです。
特に親類では有りません。
ても、とても優しい、近所のおじいちゃんで、旅行に行けばお土産を買ってきてくれたり、当社のスタッフにもよく差し入れも持ってきてくれました。
会社の前の雑草を抜いてくれたり、変な人が居ると知らせてくれたり・・・
春先から見かけなくなり心配していたのですが、昨日霊柩車が来て、亡くなったことを知りました。
何処かで入院していたようです。享年83歳との事でした。
凄く親しい間柄でもなく、近所付き合い程度のお付き合いですが、最後のお別れをしてきました。
ご冥福をお祈りします。

本当は今日の整備ネタを書こうかと思ったのですが、なんとなく辞めました。m(__)m

copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved