FC2ブログ
201207<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201209
新しいボルボのエアコンコンプレッサー
久しぶりに朝からどんより、雨が降ったりやんだりの東京です。
空気中のチリや誇りも綺麗になり、夕方には晴れ間も見えて、夕日がとても綺麗です。
ココのところ、ブログ更新に時間が掛かり申し訳ありません。
チョット、お盆休み前でバタバタとしております・・・

さて、今週はうちでは珍しい新しいS40のエアコン修理を行ないました。
さすがに、まだ、エアコンなんて壊れない年式だろうと思っていましたが、2004年モデルのこの車でも既に8年。
走行も10万kmを超えてきてますので、ありえない修理では無い訳です・・・
私の感覚としては、遂この間販売されたばかりの新車なんで、なんとなく違和感が!笑
ただ、新しいタイプのボルボ 古いボルボとは一味違ったエアコンの壊れ方をするようです。
古いボルボ940や240のエアコン修理は、マグネットクラッチが駄目になったり、
コンプレッサー自体から音が出たり、ガスが漏れたりが多いです。
多くの場合は、常にコンプレッサーが入らなくなります。
ところが今回のS40 エンジン始動直後20分はエアコンが効きます。20分ぐらい経つとぬるい風しか出てきません。
そしてエンジンを止め、2~3時間経ち、エンジンが冷えてくると、また正常にエアコンが動き始めます。
調べてみると、コンプレッサーまでの電源には異常が有りません。
どうやら、コンプレッサーが熱を持つとマグネットクラッチが上手く作動しなくなるようです。
とりあえず、純正のコンプレッサーの部品代が高いので(118000円)安価な国内調達のリビルトに交換します。
正直、保証も変わらなく、性能もこちらの方が良い?苦笑
しかし、S40のコンプレッサーは実に、整備性が良く、歴代のボルボの中では一番交換が樂チンです。
そしてびっくりした事は、ガスの容量・・・なんと580g程度しかありません。
200g缶で3本!940や240が1200gですので、約半分です。
僅かそれだけのガスで、アレだけ冷やす訳ですから、新しい車は凄いです。
浦島太郎かって突っ込まれそうですが・・・まあ、日進月歩で技術は進んでいるってことですね!

さて、お盆休みまで残す所1週間となりました。休みが待ち遠しいボルボ屋のオヤジでありました!
DSC_0046.jpg
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved