FC2ブログ
201207<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201209
またまたボルボ940のマフラー
先日、久しぶりにTVを着けたら、鳥人間コンテストやってました。
ああ~まだこんなのやっているんだな~と懐かしく、結局最後まで見てしまいました。笑
私が小学生の頃に流行っていたような気がするので、少なくても30年ぐらいは、やっている訳ですよね・・・
凄い!継続は力なり、って感じです。
しかも私が見ていたときより、技術革新も進み、すげー距離をみんな飛んでます。
人間日進月歩で飛べるんだな~と関心した次第です。
うちの店もそろそろ進化しないと・・・苦笑


さて、今日のブログネタもボルボ940のマフラー
同じような作業が続きますね~
今回のご依頼は排気漏れ!ディーラーで見積もりしたら2~30万掛かると言われた御客様からのご依頼です。
早速拝見してみると、Fパイプと触媒の接合部分フランジが錆で腐食して、ボルトが飛んでいます。
確かに、通常はフランジだけの交換はできないので(フランジだけマフラーやキャタから取り外せない)、
触媒交換になりディーラーでは、非常に高額になってしまいます。
今回は、出来るだけ安価に済ませたいとのリクエストだったので、Fパイプとキャタ(触媒)を降ろして、直接溶接して修理を施しました。
幸い、外した触媒もハニカムの損傷などなったので、そのまま使用します。
結果ディーラーさんのお見積もりの1/10で済みました!小さいお店だからできる技です。笑
これで、このボルボ940も少し延命できたかな・・・

DSC_0129.jpg



ボルボ 940 Fパイプ
残暑お見舞い申し上げます・・・残暑じゃないな~笑
日本の季節感は変わってきてるから、お盆を過ぎたら残暑お見舞いじゃなくてまだまだ暑中お見舞いですよね~
9月に入ったら、残暑見舞いにしましょう!

さて、今日のボルボネタ!第1弾は整備ネタ
先日940クラシックでマフラーからガチャガチャ音がするとのお車を車検でお預かりしました。
940でターボが付いているモデルの場合、マフラーFパイプをミッションにクランプで固定していますので、
その部分が折れているのだろうと思っていると確かに折れています。
ところがそれだけではなく、後方(ミッションのリヤ側)に共締めするブラケットもポッキリ折れていました。
珍しい…
マフラーを降ろして、溶接作業を施し完成です。
Fパイプは、比較的厚いパイプで出来ていますので、腐食や錆びも少なく、溶接が容易です。
DSC_0101.jpg


本日のネタ 第2弾
非常に程度の良い940GLEが本日入庫しました。
1オーナーでオーナーさんが屋根下保管で大事にしてきたローマイルのお車です。
色は赤ですが、リペイントがなく、色褪せも有りません。
どうしても、10年以上の歳月が流れれば、何処かしらは、傷をつけたり、擦ったりします。
赤の場合は、リペイントをすると数年後に対抗性の問題でどうしても色違いが出てきます。
それがこの車には一切有りません。もちろん小キズは有るんですが、綺麗なんです。
これだけ綺麗に保管されていた赤は非常に珍しいです。
内装も運転席以外は、殆ど人が乗っていないのではないかと思うほど綺麗で、本当に大事にしていた事がよく判ります。
次に大事に乗っていただける方をお探しする約束をして、本日お預かりをしました。
今後、整備等をして店頭に並べたいと思いますので、ご興味のある方はご連絡ください。

ボルボ V40
昨日からフルメンバーで本格的に稼動が始まったボルボ屋でございます。
案の定、夏季休業が終わった途端の晴天で、連日35度近い工場で皆汗だくです。
休みの間にこの晴天が欲しかった~笑
休みにお車を使用されたかも多く、休み明けは結構バタバタとしております。

今日のボルボネタは珍しくV40~
実は夏休み直前に、エンジン始動不良で入庫したお車です。
この手の車の始動不良は、殆どDTC(故障コード)を見ることで判断が可能です。(実に楽チンです)
FF担当 H君がテスターでDTCを読み取ると、居ましたいました。
水温センサーの不具合です。
なんと水温センサーが壊れてマイナス300度!
大量に燃料を噴射して、プラグがびしょびしょになりエンジンが掛からなくなったようです。
水温センサーを交換して終わりです!
っとところが、さすがにV40の水温センサーは当社にも在庫がありません。
しかもメーカーも既にお盆休み・・・結局部品が揃わず、休み明けの修理となってしまいました。

DSC_0056.jpg
DSC_0058.jpg


お盆明け~
本日から夏季休業開けのボルボ屋です。
休み中はご不自由、ご不便をお掛けしまして大変申し訳ありませんでした。
本格稼動(スタッフ全員)は来週からですが、今日はお電話や溜まったメールのご返信でバタバタしたボルボ屋のオヤジでありました。
私は、休みの期間中ずーっと家族で旅に出て、能登半島で海とキャンプを楽しみ、その後、立山アルペンルートを経由して黒部ダムを観光して来ました。
立山アルペンルートは20度以下の場所が多く、天然クーラーがとても快適でした。
黒部ダムではパワースポットでパワーを感じ、仕事への活力をもらいました・・・?(正直遊び疲れています。笑)
ともあれ、また来週からバリバリ頑張りますので、宜しくお願いいたします!

IMGP2446.jpg
お盆休み~
明日からお盆休み~って人が大半だと思いますが、当社も12日(日)から夏季休業とさせて頂きます。
12~17日は完全休業で、前後スタッフが交代で休みを頂きます。
期間中はご迷惑をお掛けいたしますが、ご了承頂ければ幸いです。

私は、明日からお休みを頂き、この夏は能登半島と立山アルペンルートを旅しようかと思っています。
案の定、休みになった途端、天気が悪そうですが、まあそれも自然の摂理、しょうがないですね・・・
遠出をなさる御客様も多いかと思いますが、くれぐれも事故など無いようにお気をつけください。
18日は私が当番出社ですので、何か有ればご連絡を頂ければ幸いです。
それでは、皆様も良いお休みを!
ボルボ940 MCC ECU
今日は立秋~暑さもピークで、これから涼しくなってくる・・・って節目の日ですが、涼しくなる気配は感じられません。
今日も うだる暑さの東京です。

エアコンの修理しかやってないのかよ!っと言われそうですが、今日もエアコンネタ!
以前にも何度もネタにしてますが、ボルボ 940のマグネットクラッチ、良く駄目になります。
オートエアコンは、大丈夫ですがマニュアルエアコン(MCC)は、そのせいでコントロールユニットが逝かれます。
大体は、ユニット内の基盤や抵抗が飛ぶんですが、今回ご入庫の車は、配線とカプラまで溶かしています。
比較的珍しい症状です。
この14ピンのカプラ、結構ないんですよね・・・
H君が代替品を見つけて、中古でカプラを交換しますが配線の差し替えも結構大変です。
夏季休業まであと4日、お預かりの御客様のお車をお返しできるよう、スタッフ一同頑張っています!汗

DSC_0053.jpg


新しいボルボのエアコンコンプレッサー
久しぶりに朝からどんより、雨が降ったりやんだりの東京です。
空気中のチリや誇りも綺麗になり、夕方には晴れ間も見えて、夕日がとても綺麗です。
ココのところ、ブログ更新に時間が掛かり申し訳ありません。
チョット、お盆休み前でバタバタとしております・・・

さて、今週はうちでは珍しい新しいS40のエアコン修理を行ないました。
さすがに、まだ、エアコンなんて壊れない年式だろうと思っていましたが、2004年モデルのこの車でも既に8年。
走行も10万kmを超えてきてますので、ありえない修理では無い訳です・・・
私の感覚としては、遂この間販売されたばかりの新車なんで、なんとなく違和感が!笑
ただ、新しいタイプのボルボ 古いボルボとは一味違ったエアコンの壊れ方をするようです。
古いボルボ940や240のエアコン修理は、マグネットクラッチが駄目になったり、
コンプレッサー自体から音が出たり、ガスが漏れたりが多いです。
多くの場合は、常にコンプレッサーが入らなくなります。
ところが今回のS40 エンジン始動直後20分はエアコンが効きます。20分ぐらい経つとぬるい風しか出てきません。
そしてエンジンを止め、2~3時間経ち、エンジンが冷えてくると、また正常にエアコンが動き始めます。
調べてみると、コンプレッサーまでの電源には異常が有りません。
どうやら、コンプレッサーが熱を持つとマグネットクラッチが上手く作動しなくなるようです。
とりあえず、純正のコンプレッサーの部品代が高いので(118000円)安価な国内調達のリビルトに交換します。
正直、保証も変わらなく、性能もこちらの方が良い?苦笑
しかし、S40のコンプレッサーは実に、整備性が良く、歴代のボルボの中では一番交換が樂チンです。
そしてびっくりした事は、ガスの容量・・・なんと580g程度しかありません。
200g缶で3本!940や240が1200gですので、約半分です。
僅かそれだけのガスで、アレだけ冷やす訳ですから、新しい車は凄いです。
浦島太郎かって突っ込まれそうですが・・・まあ、日進月歩で技術は進んでいるってことですね!

さて、お盆休みまで残す所1週間となりました。休みが待ち遠しいボルボ屋のオヤジでありました!
DSC_0046.jpg
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved