FC2ブログ
201201<< 1234567891011121314151617181920212223242526272829>>201203
ボルボ 240シートベルトの照明
今季2度目の積雪に覆われた東京ですが、この間より、積もりましたかね…
今回ばかりは、天気予報がズバリ的中ですね!
朝から雪の影響でてんやわんやです。
H君はかなり遠方からの通勤で、今回もなかなか会社に辿り着けませんでした。笑

DSC_0326.jpg


さて、今日はお恥ずかしい話を…
ボルボ240のシートベルトキャッチに照明用の明かりがつくのをご存知ですか?
実は、ボルボ屋のオヤジ20年以上ボルボを弄っていて、ここのバルブの存在を気が付きませんでした。
交換依頼も無いし、ほとんどの車が切れていて点灯していないと思うのですが、
シートベルトキャッチを分解すると白ムギがセットされています。
しかもカバーリングされているので、僅かに光るだけの構造ですが…
先日、御客様からの依頼で初めて交換した次第です。
私含めスタッフ全員、存在に気が付かず、お恥ずかしい限りです。
まあ、替えようと思う人も少ないとは思いますが、交換する場合は、16mmのボルトを取り外し、
キャッチを取り外した後、分解して交換します。
センターコンソールの下で配線がカプラされてますので、リヤの灰皿もしくは、ポケットを取り外してアクセスしますが、
くれぐれもセンターコンソールの破損に注意してください。

DSC_0323.jpg
DSC_0324.jpg
ボルボ ラジエター交換
今日は風が冷たいですね~早く春になれば良いのに!
さて週末もフィリピンの子供達に送る物資を御客様から頂きました。本当に有難うございます。
懐かしい、色鉛筆を頂きました。私が子供のときもあったような…懐かしいな~笑
DSC_0322.jpg


さて今日はボルボXC70のラジエター交換!
FRのボルボ(940等)はラジエターのUPホースの付け根が弱いのですが、FF系はサイドタンクとコアの接合部分が弱い物が多いですね。
最近は、FFのラジエター交換も多くなりました。
今回はXC70のラジエターですが、FF系ターボ付きは、FRに比べると、非常に交換が厄介です。
知恵の輪状態です。誰が考えたんじゃ~って、うちのH君は、ぶつぶつ良いながら交換しています。笑
比較的FRのボルボなら、DIYでも交換可能ですが、FF系ターボ付き車両は、DIYでは厳しでしょうか…
途中までコンデンサー等と抱き合わせて落としてくる感じで下から抜きます。
ジャッキUPじゃ下抜きはきついですよね…

DSC_0309.jpg


ボルボ魂!
久しぶりにオリジナルのステッカーを作りました。

こちらのステッカーの売り上げの一部(300円のうち200円)は、先日企画した、
「フィリピンの恵まれない子供達に服を届けよう!」の輸送費等に募金させて頂きます。
もし、この企画にご賛同いただけるようであれば、通販部品をご購入のついでに、あわせてご購入を頂ければ幸いです。
ご購入はこちらから!

また、左の小さいほうのステッカーは、ご来店時に物資をお持ち頂いた方に、
ボルボ屋オヤジからのささやかなプレゼントとさせて頂きます。
どちらか好きな色をお選びください。
ただ、大変申し訳ありませんが、店頭のみでの手渡しとなりますので、その旨はご了承ください。

ボルボに乗っている人のボルボ魂で、フィリピンの恵まれない子供達に、僅かなプレゼントを届けられればと思っています!

DSC_0319.jpg

240キーレス
普段、あまりTVを見ないボルボ屋のオヤジですが、日曜日は、子供とTVを見ることが多く、
ちびまるこちゃん、サザエさん、ダッシュ村、イってQは、私が見る数少ない、レギュラー番組です。笑
昨日は、イってQSPで、イモトさんがアコンカグアなる山に登っていましたが、あの人は、凄いですね…
あの精神力は見習いたいもんです。
うちの息子と家内は涙して、見てました。笑

まあ、どうでも良い会話から始まった今日のブログですが、
今日は、ボルボ240のキーレスに関してのネタです。
最近は、キーレスの本体も安くなり、ネットでも色々な所が社外のキーレスを販売しています。
ただ、問題なのは、940も240も実は取り付けは結構大変です。
ネットでは、写真付きでサポートをうたっている会社も多々ありますが、実際それじゃつかないでしょ…ってのも多々あります。
「簡単に付きます。」みたいなキャッチコピーで、購入したけどちゃんと動かないとか、付いたけど窓がちゃんと開かなくなったとか、開けた途端壊れたとか、多々あります。
途中で、どうしょうもなくなって持って来る人も結構いますよ。
240は特に特殊で、運転席のロックノブは2段階SWみたいになっているので、リンクの取り付け場所を間違えると、後々動かなくなる事もあります。
また、各メーカーが説明している取り付け方法では、動きもイマイチで、私達はその方法を無視して独自の取り付け配線方法をとります。
最近は、ガンモーターがすぐ壊れるメーカーもあるので、純正のモーターを流用して付けるのもポイントです。
取り付け方法は、企業秘密ですので、公開は出来ませんが、キーレスに困ったらご相談ください。

DSC_0302.jpg

お礼
先日の「ボランティア活動」の告知を見て、早速物資を送ってくれたり、持って来てくれたお客様が居ます。
皆さんの善意に感謝します。本当に有難うございます。
とりあえず、4月まで集まった分を第一弾として現地の恵まれない子供達に送る予定でいます。
頂いた商品等は、私達が選別をして保管して、現地に必要かどうかの確認をとりまとめて発送をいたします。
現地の子供達が必要としているリスト以外のものは、送るとかえって迷惑になるようなので、こちらで処分するような事もあるかと思いますが、その旨はご了承ください。
多くを望む物では有りません。僅かな物で結構です。
リストにあるもので、眠っている物や処分しようかと思っていた物などがあれば、皆様のご負担にならない程度に、ご協力を頂ければ幸いです。

さて、今日のボルボネタ~
先週お預かりしたボルボ960のパワステオイル漏れに関して!
960や850以降のFF等は、PSオイルタンクが、ポンプと一体になっています。
まれに、このポンプとタンクの接合からオイルが漏れる事があります。
人差し指ぐらいの太さのOリングを交換することで治ります。
…が、今回は、外してみるとポンプの軸からもジャジャ漏れでした~。
正直、ここからのオイル漏れは、ばらして見ないと判断できない事も多く、点検時に見極めるのは難しいです。
結局今回は、激しく漏れていたため中古のASSY交換となりました。

DSC_0286.jpg
ボルボ屋のボランティア活動
今年の初めのブログに記載した「フィリピンの貧しい子供達へのボランティア」に関して
本日詳細を当社HPに掲載しました。
何故、そのようになったかも含めて、掲載をしています。(TOPページ NEWS欄)
(相変わらず、下手くそな文章なうえに長文なんで、読むのは大変かもしれませんが…汗)
もし、読んで共感できると思えたかは、僅かでも結構ですので、ご協力をお願いいたします。
多くを望む訳では有りません。僅かでも結構です。ご来店時に該当の商品をお持ち頂ければ幸いです。
あまりNEWSでは取り上げられませんが、セブ島近く、ネグロス島でも先日大きな地震(M6クラス)もあり
かなり大きな被害も出て、被災している方が多数居ます。
現在はそちらにも物資を届けているようです。
ご協力のほど、よろしくお願いいたします。
本来なら、私個人だけでやれば良いボランティア活動ではありますが、僅かでも大きな輪になれば良いと思い、
会社を巻き込んで活動する事をお許しください。


ボランティアに関して
ボルボ屋のリフト
今日は結構寒い東京です。
雨の予報は夕方でしたが、なんだか1日降っていたような…
気温も下がってるので、夜には雪でしょうか?

さて、週末のお休みに、久しぶりに映画を見に行って来ました。
日本列島いきものたちの物語と云う、ドキュメント映画です。
この映画の、ウリ坊を撮影した動物カメラマンは、私の高校の同級生です。
クラスも違うし、凄く仲が良かった訳では有りませんが、同級生の活躍は嬉しい物です。
小学生ぐらいのお子さんが居るご家族には、是非お勧めします。
帰りに、これまた同級生がやっているラーメン屋に行き、ラーメンを食しましたが、こちらも大繁盛!
私も頑張らないと・・・笑

さて、工場の工事もやっと、今日終わりました。
立派なリフトが設置されました。
埋め込み式なので、スペースにもとらわれずに、効率よく作業が出来そうです。
ただ、水がちょっと心配・・・。
夏の台風時期は結構、工場水没するんですよね~
サイドスリップテスターは、古いアナログ式を想像していたら、今時のテスターはデジタルなんですね~
なんだかアナログの方が見やすいような・・・
まあ慣れの問題でしょうかね。
これで、今までよりも効率よく作業が進みそうです。
頑張るぞ―!

DSC_0298.jpg

jボルボ 純正パーツ!
先日、ボルボ760のFANベルトを純正でオーダーしたところ、写真のベルトが入荷しました!
ビックリ! コンチじゃん。笑 

ただそれだけです。

DSC_02571.jpg


ボルボ屋 工事中~
インフルエンザ猛威を振るっていますね~
幼稚園や小学校も学級閉鎖が多いようです。
私も昨日、ちょっと風邪を引きました。
今日は、皆にうつさないようマスクをして仕事をしています。

さて、ボルボ屋、今週来週と大掛かりな設備工事をしています。
去年だか一昨年に入れた、中国製リフトが、もうどうしょうも無い状態で仕方がなく、国産リフトを設置です。
中国製リフト、やはり安かろう悪かろうでした…高い授業料を払いました…トホホです。
工場外のメインリフトは20年以上前のANZENですが、国産はさすがにメンテナンスする事で永く使えます。
中国製リフトは、短期間にバンバン壊れ、部品も出ない状況…挙句の果てには販売会社もお手上げ…困ったもんです。
それでも治せるところを自分達で治して、、何とか使用して来ましたが、
使用頻度が高いと不安を感じるため、今回の架け替えとなった次第です。
今回はあわせて、サイドスリップテスターも導入です。
今までは、サイドスリップは、テスター屋さんか近くの指定工場でやっていたのですが、これからは自社で出来ます。
今回のリフト導入で、工場内のリフトは5機となります。
(うち1機は、駐車場と化して、うち1機は完全にはリフトUP不能な中国製なんで、実質健全なリフトは3台ですが…笑)
少しづつではありますが、設備も充実させ、皆様のボルボライフのお力になれるよう頑張っております!

DSC_0271あ

危険なボルボ940
日曜日に今シーズン2回目のスキーに行きました。
晴天で気温も高く気持ちの良いスキー日よりでしたが、昨日から筋肉痛です。笑
1日目に筋肉痛が出るなんて、「俺もまだまだ若いな」と思っていたら、
2日目は更に酷い筋肉痛で、やはり、もうオヤジだな~と痛感しています。

さて、本日は怖~いボルボ940のお話…
先日、数日前にヤフーオークションで、ボルボ940を購入したと云うエンドユーザーさんが、ご来店になりました。
とりあえず、パワーシートの不良を見てもらいたいとのことでしたが、工場内を移動しただけでも、なんだか違和感が・・・
シート修理後、とりあえず点検する事をお勧めして、後日ご入庫予約を頂き、今回のご入庫となりましたが
その僅かな期間中にも「足回りから凄い音がする」云う事ででしたので拝見すると…本当に凄い事になってました。
何でも、前のユーザーさんがDIYで足回りをいじっっていたようですが、ネジは逆についている、ベアリングはちゃんと入っていない、
さらにストラットケース上部のネジが締まっていない為、ストラットケースのねじ山が飛んで、ショックが飛び出してきている有様です…
私は、DIYで車をいじることを否定はしませんが、これはあまりに酷いです。
多分、前オーナーもこの音に関しては、異常と感じていた筈…
走行に重要な足回りやブレーキなどは、自信がなければ、経験のある人などに手伝ってもらってDIYする事をお勧めいたします。
事故が起きてからでは遅いです。自身が怪我するだけならまだしも、周りの歩行者や車が巻き添えを食らう事も考えられますからね…

DSC_0269.jpg
へんな大根
うちの工場によく来るおじいちゃんで、私の旋盤の師匠(元機械加工職人)が、いつも自家栽培の野菜をもってきてくれます。
昨日は変な大根をくれました。笑 いつも形は悪いけど、おじいちゃんの野菜は美味いです。
今日は、「変な大根」ただそれだけです…m(__)m


DSC_0258.jpg
タペット調整 ボルボ240
最近ご来店の方は、ご存知だと思いますが、実は最近新しいスタッフが加わりました。
私の知る限りでは、最も古くからボルボをいじっている、現役メカニック最高齢の力強いスタッフです。
なんとボルボ歴は40年近く!です。
アマゾンやP1800なんかが新車の時代から、現在まで現役のメカニックなんて、そうざらにはいませんよ!
私の知識や経験なんて足元にも及びません。汗
そんな力強いスタッフも入り、私も含めてスタッフ一同、身が引き締まる思いで、毎日頑張っています~

さて、今日のボルボネタは、タペット調整~まあ、よく書くネタではありますが…笑
先に紹介した新しいスタッフ「M大御所」(イニシャルがMでスタッフM君と被るので、M大御所とします)が持っている工具が凄いです。
写真の工具がそれですが、タペットリフターはうちにもあるのですが、タペットを抜く工具が優れものです。
うちでは、今まで、細いマイナスドライバーで引っ掛けて抜いていたのですが、
表面張力で抜けないタペットが結構あり、そんなときは、とても便利そうです。
今回のボルボ240は、タペットシム8枚中7枚を交換しました。
そのうちの1枚はボルボ純正の規定値を大幅に超えているので、当社特注の特性シムで対応です。
古い国産車のように、タペット調整がネジ式だと助かるんですが、油圧式のタペットアジャスターも無く、
原始的なシム交換式の調整は、本当に厄介です。

DSC_0256.jpg

VOLVO 240 ヘッドGK交換
今日は少し気温が高目の東京でした。
寒いのは寒いですが、昨日までの痛い寒さとはちょっと違いましたね。
明日からまた寒くなるようですが…
東北、北陸、北海道の雪は本当に凄そうですね…
雪が少なければ少ないで観光ダメージがあり、多ければ生活に支障をきたす雪国の人は本当に大変だと思います。
くれぐれも事故怪我など無いようにお気をつけください。

さて、今週は急遽、ボルボ240のヘッドを降ろしています。
オイル漏れで預かったお車ですが、点検するとエンジンオイルに水が混ざった痕跡が…
初期の段階での発見だったので、メタル等にもダメージ無く、ヘッドガスケット交換だけでいけそうです。
過去の履歴を見ると、オーバーヒートで入庫した履歴があるので、
オーバーヒート時にガスケットにダメージを負ったのかもしれません。
取り外したヘッドを点検してもゆがみが無かったので、よかったです。
元々の入庫原因のオイル漏れは、ブローバイ(クランクベンチレーション)が詰まったために、
エンジン内部の圧力が高くなりオイルフィラーキャップ(オイルを入れるところ)からオイルが噴いたようでした。
ヘッドを降ろしたついでに、ブローバイも外して清掃します。
ブローバイが詰まると、オイルシール類の弱いところからオイルが噴く事があります。
オイルフィラーキャップシールから大量に漏れると、EXマニホールドにオイルが付着してモクモク煙が出て、
ビックリなんてこともあります。
ブローバイが詰まる、大きな原因の一つは、オイル管理にもありますので、小まめなオイル交換を心掛けましょう~

DSC_0271.jpg
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved