FC2ブログ
201112<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201202
寒い~
毎日寒い日が続きますね~
私は、椎間板ヘルニア、頚椎ヘルニア持ちなんで、寒いと体に応えます。
腰は最近落ち着いているのですが、首は寒いと酷くなる一方で、肩こり頭痛が悩みの種です。
こ10年以上、何か有ると頼っていたカイロプラクティックの先生が昨年、病気を煩い、閉院してしまい、
現在頼りになる先生を探していますが、なかなか良い先生にめぐり合えません。
年末に行った接骨院の先生が少し良さげなので、少し通ってみようかと思うのですが、なかなか都合もつかずに行けていません。
早く春になる事を祈らんばかりです。

さて、今日のネタはFF担当 H君がVOLVO940のウォーターポンプ交換で、発見した不具合です。
こちらの車輛、比較的最近ウォーターポンプを交換していますが、UPシールからじわりじわりと水が漏れています。
カムシールのオイル漏れなどで、オイルがUPシールを侵食して、グニュグニュになり水が漏れる事もありますが、
今回はそんな感じでも無いので、よく探求していたところ、
ヘッド側のアルミが虫を食ったように腐食していました。
この腐食が原因で水漏れをしていたようです。
H君が「シコシコ」虫食いをペーパーで落とし、オイルストーンで綺麗に仕上げます。
写真のように鏡を使う事で、シールの辺り面が確認できます。
皆さんもDIYで作業する場合は、注意して作業してください。

DSC_0262.jpg
VOLVO 240のオルタネーター
昨日は、MY お誕生日~
っで休みを頂いて、1日のんびりさせて頂きました。
幸い?にも息子が風邪でダウンしたので、本当にゆっくりとした休日となりましたが、
普段慣れないゴロゴロとした休日を過ごしたら、逆に体調が悪くなったような気がします。笑
仕事も遊びも一生懸命動いていないと駄目なたちなんでしょうね~
(泳いでいないと死んじゃうマグロのようなものと、家内には言われます)

さて、今日のブログネタはVOLVO240のオルタネーター!
先週、エンジンんルームから煙が凄いっと云う車がレッカーで運ばれてきました。
拝見するとオルタネーター(発電機)がロックしてベルトが切れていました。
以前にもブログで書いたかもしれませんが、今まで当社で取り扱っていた国産オルタネーターが
部品の兼ね合いで安定した供給が出来ない状態でいます。
代替の発電機を現在模索しているのですが、とりあえず間に合わないので
今回は940の中古オルタネーターを装着しました。
ボッシュ製940オルタネーターは100Aで、ボルテージレギュレーターだけでも交換できるので、
容量やアフターのことを考えてもお勧めです。
ただ、最近は中古の940オルタも年式が古くなり、より良い物が少なくなってきているので、
早めの部品供給を検討しなければ~と思っているボルボ屋のオヤジでありました。

DSC_0257.jpg
雪雪雪
昨夜は東京で久しぶりに積雪がありました。
しかし、東京は本当に雪に弱いですね…
って云うか、東京の人は雪に対して甘いのでしょうね。
今朝アレだけ凍った路面をノーマルタイヤで走る人の姿を多数見かけました。
路上でスリップして動けなくなってる車や押してる車のオンパレード…
何とかなると思っちゃうのでしょうね~案の定、交通障害で大渋滞です。笑
当社のスタッフは、皆スタットレスを装着していましたが、そんな状態では通行止めに近い大渋滞で、
通常より早く出てきたにも関わらず、始業時刻に全員間に合いませんでした。
(私と電車通勤スタッフ以外)
H君は、かなり遠い山奥から来るので、半日がかりで出社です。(彼のところは電車も動いていませんでした)
なんだか、今晩も降るそうですが、酷くならないことを祈るばかりです。
車もそうですが、歩いて転ぶ方も多いようですので、皆さんお気をつけください。

さて、今日のボルボネタ~
最近、週に1台はFFのボルボも入荷するようになった我が社ですが、
1月になってから入荷したV70(285)3台、全部ストラットのUPのシートが抜けていました。
FRのボルボに比べれば、FFのストラットは作業がし易いですが、外したシートを見ると写真のような状態です。
センターカラーと周りのゴムが剥離しているのがわかりますか?
フロントからの異音は、こことスタビのリンク、ロアBJや ロアアームのブッシュ類が考えられます。
まあ、ここが痛んでも、ハリウッド映画バリに大ジャンプでもしない限りは、抜けちゃうことはありませんが、
やはり、安全に走るには、早めの交換がお勧めです。
DSC_0196.jpg
ボルボ ホイールボルト
乾いた東京も久しぶりのお湿りとなりました。
しかも今年初の雪…まあ、積もる気配は有りませんので、一安心です。
東京は積雪には弱いですからね~

さて今日のボルボネタ!
今日は940のホイールボルトを打ち替えてます。
FRのボルボはFFのボルボと異なり、ホイールをナットで固定します。
ってことは、当たり前ですが、車体側からボルトが出ています。
このボルトはハブと云う部品に圧入されていますので、抜くためには大きな力で押す必要があります。
ただ、実は厄介なことに、ハブにはABSのホイールピックUP用リングが圧入されているため
このセンサーリングが邪魔をしてボルトが抜けないんですね~
そのためハブを外して、ABSリングを抜き取り、ボルトを打ち抜く必要があります。
古いABS無しの240は樂チンなんですが、ABS付いている車はこれが厄介です。
また、91年以降のハブは、非分解式なので、組み付けるときのトルクにも注意が必要です。
分解式のハブと違い、ガタを見ながら締め込む訳では有りませんからご注意ください。
絞めすぎてもゆるくても問題です。(10kgm+45度)
圧入されている、ABSリングは、たいした力を掛けないでもプーラーで抜けますが、
圧入ボルトは結構な力で圧入されていますので、プレスで抜きます。
(まあ、交換前提ならダブルハンマーでガンガン打ち込むのもありです。)
ほとんどの場合は、オーバートルクでホイールナットは締め付けることで、ボルトが痛みます。
(今回の交換理由は違いますが…)
ホイールナットの締めすぎ等で、痛んだボルトナットを見分けるのは、手で回してスムーズに廻るかどうかです。
スムーズに廻らない場合は、ねじ山をチェックして、必要に応じてナットもしくはボルトを交換しましょう!
工具を使わないと廻らない場合は、要注意!軽度ならねじ山修正でも修理可能です。

DSC_0197.jpg

ボルボ 940キャタ
相変わらず、カラカラの東京ですね…
子供達の学校ではインフルエンザや嘔吐下痢症も流行っているようです。
皆さんも十分お気をつけください。
私も先日、娘の吐しゃ物を全身に浴び、数日後酷い下痢と嘔吐に襲われ、脱水症状で倒れかけました。笑
病院で点滴と抗生物質を投与してもらい、半日で回復しましたが、結構辛かったです。

さて、今日はボルボ940のキャタリックコンバーターのお話。
キャタの前後にクラックが入る話は、既に何度かブログに掲載していますが、
先日、以前何処かで修理したキャタの2度目の修理が入ってきました。
この2度目の修理と云うのが実は非常に厄介で、1度目の溶接修理がちゃんとされえいれば問題は無いのですが、
多くの自動車整備工場は、アーク溶接しかないため、接合が非常に怪しいです。
アーク溶接も上手い人は、ちゃんと溶かしこみが出来て、シッカリ溶接されるのですが、
多くは表面にチョコフレークのように盛ってあるだけで母材が溶け込んでいない事が多いです。
当社はアルゴン溶接を使いますので、溶かし込みをしてそこに溶棒を流し込むので
シッカリ母材が溶け込んで接合してくれるのですが、既にチョコフレーク状の溶接跡ががあると、
それが邪魔をして母材が溶け込みません。
何度も溶かし込みをしながら、均していきますが、そうすると溶接面が美しく仕上がりません。
溶接フェチのボルボ屋オヤジとしては、美しくない溶接は、ガッカリです。笑
私がレースをしていたときの師匠は、非常に美しい塗装をする職人でした。私の目標とする師匠です。
話が逸れましたが、クラックが入っただけなら、綺麗に溶接が出来ますので、その際は是非ともご用命ください!
(写真は、何処かの工場でやった古い溶接…シッカリ溶け込んでいないため、また割れを起こした模様)
DSC_0191.jpg




ハザードSW
今日は日差しが無くて非常に寒かったですね。
東京は1ヶ月以上雨無しで、サハラ砂漠より湿度が低いようです。
皆さん火災には気をつけましょう~

先日のブログに関して、励ましのお電話やメール有難うございます。
娘はすっかり体調も戻り、ケロっとしています。親の心 子知らずです。
まあ、子供は元気が一番ですね!

さて、今年始めのお知らせです。
真に申しあげにくいお知らせではございますが、
開業以来10数年据え置いていた工賃を、諸般の事情より本年度より値上げをさせていただきました。
御客様には、ご迷惑をお掛けいたしますが、厳しい世相を反映しての事、ご理解頂ければ幸いです。
また、本年度より各種クレジットカードが使えるようになったこともお知らせいたします。
それに伴い、現金でお支払いの御客様には、工賃を10%お値引きさせて頂きます。
クレジットカードのご利用もしくは現金特価での工賃割引、ご利用頂ければ幸いです。
(消費税じゃ有りませんが、値上げは本当に言いにくいですね…)

さて、それでは本日のボルボネタ
最近ボルボ240のハザードSW不具合が急に増えました。
年式的な問題か…ハザードSWの裏でカプラが溶けて、接触不良を起こします。
本日拝見した240は、ハザードの回路を通るウインカー端子が溶けて接触不良を起こし
ハザードは点灯するが、ウインカーが点灯しないような状況でした。
通常この状態だと、最もリレーが疑わしいのですが、リレーを交換しても動かず、
確認すると、ハザードSW内の1つの端子だけが溶けて接点不良を起こしていました。
そんなに負荷のかかる場所ではないのですが、経年変化でしょうか・・・?
ここの所、数台続いています。
(写真だと判りにくいのですが、左の上の端子がそれです)
DSC_0195.jpg



お詫び
新年より公私共にバタバタとしていたため、ブログの更新がおろそかになり申し訳ありません。
本来なら、お知らせを含め、色々と書きたいネタもあるのですが、おいおいゆっくりと書かせて頂きます。

新しい年を迎え皆様いかがお過ごしですか?
帰省や旅行など良いお正月を迎えられましたか?
私は、正直散々なお正月で、今も少しプライベートでバタバタしているところです。
この場で、書くような事でもありませんが、娘が渡航先で倒れたり、母の手術があったり、叔父が他界したり…
「生と死」を考えさせられる、年明けとなりました。
生きていくためには、色々な「死」を乗り越えていかないといけません。
年齢的に「誕生」の喜びより「他界」の悲しみが多くなってきているのは、否めませんが、
身内の病気や他界は、胸が締め付けられます。

そんなこんなで、バタバタした正月でしたが、そんな中でも良い出会いもありました。
娘が渡航先で倒れ、「もう死ぬかもしれない」と思っていたと時に、助けてくれた一人の日本人女性との出会いです。
彼女は、見ず知らずの私たちのために、寝る時間も惜しみ、自分の仕事も投げ出し、私たちをサポートしてくれました。
そのおかげで、私の娘は日本に帰国でき、笑顔を取り戻す事が出来ました。
本当に命の恩人です。
彼女との出会いは私の人生の中で本当に意味のある大きな出会いでした。
私も彼女のようにならなければいけないっと思っています。
彼女は、フィリピンの貧しい子供達のためにボランティア活動をしています。
私は、今の時点で彼女に恩返しする事が何も出来ませんが、今後、少しでもそのサポートが出来たらと考えています。
今後、当社のHPを介してボランティア活動をするかもしれません。
その際は、趣旨や経緯も詳しく記載します。もし少しでも賛同してくれる方が居れば、ご協力頂ければ幸いです。

今日はボルボに関係の無い、プライベートなお正月報告で申し訳ありません。
来週ぐらいからは、少し落ちついてボルボネタをお届けしたいと思います。ご了承ください。



新年明けましておめでとうございます。
新年明けましておめでとうございます。


年末年始のお休みを昨日まで頂いていましたので、9日も過ぎてからかご挨拶となり申し訳ありません。
本年も皆様のボルボライフにお役のたてるようスタッフ一同、日々精進して頑張りますので
変わらぬご愛顧の程宜しくお願いいたします。


                   有限会社ビープラス 代表取締役 田村 研
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved