FC2ブログ
201110<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201112
季節外れのAC修理
急に寒くなり、ちょっと鼻風邪気味のボルボ屋親父であります。
花粉症?って思うほどくしゃみが、止まりません。
早く治さないとお休みに釣りにいけなくなってしまいます…笑
(今週はブリをブリブリ釣りたい~)
釣りの話で思い出したのですが、最近古本屋で「釣りバカ日誌」の始めの頃の単子本を買いました。
読んでみると、あのハマちゃんが実は初めから釣りキチでないことが判明してビックリ!
しかも、初めて釣りに誘ったのが佐々木課長!
ハマちゃんが、釣りの本を隠れ読み、スーさんにアドバイスしているなんて~驚愕の事実でした。
まあ、当たり前の事ですが、誰しもが初心者の時があるんだな~と改めて実感した次第です。
私も21年前は、ボルボ初心者でした。笑
(今も成長していないか…苦笑)


さて、今週は、季節外れのAC修理をやってます。
ボルボ240のコンプレッサー交換にブロアモーター交換!
なんでこんな季節に?っと思われるかもしれませんが、240の場合、ACコンプレッサーがロックすると
必然的に、冬でもコンプレッサー交換を余儀なくしなくてはならないのです…
なぜかと云うと、クランクプーリーとACコンプレッサーがベルトで繫がれています。
そしてACコンプレッサーとPSポンプがベルトで繫がれています。
ややこしいですが、実はクランクプーリーとPSポンプは直接ベルト駆動が有りません。
PSポンプは、ACベルトを介して駆動しています。
なので、ACベルトが切れると必然的にPSポンプが駆動出来なくなり重ステになってしまいます。
マグネットクラッチがショートしただけなら、取り急ぎコンプレッサー交換をしないでも大丈夫ですが、
マグネットクラッチがロックした場合は、パワステのことがあるので、必然的に交換となるという訳です。
どうせ治すなら、ブロアモーターも交換して欲しいとの依頼で、季節外れのAC修理となりました。

私も以前、首都高渋滞中にマグネットクラッチがロックした事があります。
ギャーっと言う物凄い音と共に白煙が上がり、ベルトが燃えた事を思えています。
メチャクチャ臭いんですよね…
すぐにロックしたのが判ったので、シフトをNにして、意図的に回転数を上げてベルトを無理やり切り、
重ステで帰路につきました。笑


DSC_0041.jpg




copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved