FC2ブログ
201109<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201111
社内行事
やっと秋らしくなってきた東京です。
ちょっと先週はブログがおろそかになりました。ごめんなさい。
ここの所、公私共にバタバタとしております。
ドラえもんの世界じゃ有りませんが、もう一人自分が欲しいです。笑
今日で10月も終わりですね。早い物であと2ヶ月で今年も終わりです。
つい先日、お正月を迎えたような気がしたのですが…歳でしょうか…

さて、HPにも記載させていただいていますが、この週末11/6-11/9の期間、社内行事のためお店をお休みさせて頂きます。
皆様には大変ご迷惑をお掛けいたしますが、なにとぞご理解の程宜しくお願いいたしますm(__)m



ボルボのルーフライニング
10月も終わろうとしているのに、なんだか暖かい東京です。
ちょっと気持ち悪いです。
さて、日曜日のフリマ大盛況で有りがとうございました~
とはいっても、合言葉を云ってくれた人は居ませんでしたが…笑
でもボルボフリークの多くの方が、ボルボグッズ購入してくれました。
我が息子も自分の玩具を一生懸命売って、お金を稼ぐ事が難しい事をつくづく実感したようです。
フリマは子供の教育には、非常に有効な手段ですね!
また、機会があれば、出店したいと思います。

さて、今日のボルボネタは、ボルボ850のルーフライニング!
実は写真のルーフライニングは、当社スタッフH君のT5Rの物です。
今朝、早くに会社に来て、始業時間前に外していました。
740や初期の940には良く見られる症状ですが、最近は見なくなりましたね…
逆に850とかが年代的に、きている感じでしょうか…
このあと、布を取り、スポンジをこそぎ落として、綺麗にしたところで新しい布を貼り付けます。
当社でも最近はあまり、少なくなった作業です。
H君のT5Rは当分ルーフライニング無しかな…?笑

DSC_0002.jpg


明日のBIGフリマ
明日のBIGフリマ、天気が微妙で現時点で開催が微妙です…
明日の朝7時に決定されるようですが、ボルボ屋のオヤジは晴れ男なんで多分大丈夫でしょう~笑

合言葉ですが、ボルボ屋のオヤジを見つけて
「ボルボ乗ってます」って云ってくれたら、ボルボグッズ(粗品)をプレゼントいたします。
数量限定ですので、お早めに~
ボルボ屋オヤジの見つけ方は、似顔絵を参照してください。
BIGフリマはかなりの出品店がありますので、見つけるのは困難か…
ちなみに出展の際に持ち込む車はボルボでは有りません。あしからずm(__)m 荷物が多いので、でかい車です。
まあ、ボルボグッズが並んでいるので、わかるかな?

2~3人でもこのブログを見てくれている人が来てくれれば良いのですが・・・
駐車場もありますよ~屋台とかも出ているので、手ぶらでOK!
散歩気分で来て下さい~

もし雨で開催しない場合は、朝ブログにUPします~



味の素スタジアム BIGフリマ
ボルボ240GLE
先日、今流行のスマートフォンに機種変更しました。
オヤジには難しいですが、使いこなせれば非常に便利そうです。
これなら、ツイッターも写真付きで簡単にUPできるんですね…
昨日は夜な夜なアプリを探して大分機械にも慣れてきました。
ちなみにボルボ屋のオヤジはdocomo派です。笑
田舎や海の上に行くことも多いので、電波が入る事が最大の条件。
更に釣りをするので防水はMUSTです。

さて、今日は久しぶりにボルボ240GLEの中古車をHPにUPしました。
93年の最終モデルです。
ご興味のある方は、のぞいて見てください。
っていつも書きながら思うのですが、このブログを見ている方はほとんどボルボユーザーだから
ここで告知してもあまり意味が無いのかな…苦笑



24593db1.jpg
24593db3.jpg
ボルボ240GLE 93年最終モデル
ボルボ屋オヤジ@フリマ
昨日から急激に寒くなった東京です。
例年並との事ですが、それまでが温かい日が続いたので、妙に寒く感じます。
今日のNEWSでアメリカの猛獣が逃げ出したってのがありましたが、
動物を逃がして自殺したオジさんより、それだけの動物を良く個人で収集できたな~と驚いた次第です。
ライオンやトラ、チーターなんて日本じゃ絶対個人では飼えませんもんね~
ヘルペスに感染した猿がまだ見つかっていないのが心配ですが、興味深いNEWSでした。

さて、今日はお知らせ!
って云っても会社のお知らせではありませんが…
この週末、味の素スタジアムで開催されるBIGフリマにボルボ屋のオヤジ個人的に出店予定です。
まあ、個人的な出店ですので、子供の物や趣味の物なんかが多いですが、
うちの工場からも持っていけそうなボルボグッズ等も出そうかと考えています。
レア物もあるかな…?笑

てな事で、東京周辺の方で、お時間がある方は、遊びに来てください。
合言葉で粗品をプレゼント!なんて事も考えています。
心配なのは天気ですね…雨だとフリマはやらないので…
開催の決定と合言葉は22日土曜日の夜に告知いたします。


味の素スタジアム フリーマーケット
ボルボ40 バルブフェラーセンサー
タイの洪水凄い事になってますね…
日系企業やその下請けなど多くの現地法人が水没して大変なようです。
自動車各メーカーも震災被害に加え今回のタイでの水害も有り、かなりダメージ大きいようですね。
今日のNEWSでは、動物園のワニ100匹、トラなどの猛獣も逃げているらしく、大変な事になっているようです。
日本と違い、うかつに水没エリアに足を踏み入れる事ができませんね…
一日も早く水が引く事を祈るばかりです。
しかし世界各国、本当に天変地異が多いですね…


さて、今日のボルボネタです。
週末にお預かりしたボルボ240ですが、ヘッドライトの点灯不良と云う事でお預かりしました。
(LOWビーム不良、HIビーム点灯OK)
以前にもブログネタにしましたが、HLリレーが焼けて駄目になることが多々あるので、
今回もそれだろうと思っていたら、今回は珍しいところが壊れていました。
バルブフェラーセンサーです。
バルブフェラーセンサーとは、バルブが切れていることをドライバーにお知らせするための警告等で、
ブレーキ、リヤのスモール、LOWビームなど、走行に支障をきたすランプ切れを警告してくれます。
仕組みとしては、左右のバルブの電流差を感知して、警告等を点灯させます。
だから、左右でワット数の違うバルブを入れると、それも感知して点灯してしまうこともよくあり、
ちょっと厄介なときも多々ありますね~
今回は、リレーに入るLOWビーム配線がショートしてました。
バルブフェラーリレーにはLOWビームの入力しかありませんので、Hiビームは点灯するわけです。
このリレーがショートして、カプラが溶けるのは比較的珍しい現象です。

DCF00092.jpg

DCF00093.jpg

DCF00094.jpg





ボルボ オイルフィラーキャップシール
昨日、世田谷の弦巻で放射線濃度の高いHOTスポットが見つかったと報道がありました。
NEWS画像で見ると、パイロンで僅かなエリアを封鎖していたのが滑稽でした。
きっと、たまたまあそこに見つかっただけで、私たちの周りにはきっと無数にあるに違いないと私は、思っています。
福島の子供達の健康診断で、甲状腺異常の子供が多数居た件もそうですが、
事を荒立てずに色々な事をうやむやにしてきている政府の対応に、きっと数年後の私達は苦しめられるのだろう感じています。ただ、それを感じながらも現状で何も出来ない自分がもどかしいです。
逃げる事も出来ず、強く反原発を唱える事も出来ず、日々薄まっていく原発事故から目をそむけ、
何も無かったかなように生活している…
今回のようなNEWSを聞くたびに、どうしょうも無い事だけど、歯がゆい気持ちになります。

さて、今日のボルボネター
ご自身でオイル交換をされるエンドユーザーさんも多いかと思いますが、
オイル交換する際は、「必ず、オイルドレンPKを交換してください」と以前にも書いた事があります。
それとあわせて、チェックしたいのが、オイルフィラーキャップシールです。
エンジンオイルを入れるキャップの裏側を見ると、ゴムで出来たリングが有るのがそれです。
このシールは熱で硬くなり弾力がなくなると、そこからオイル漏れを起こします。
更に、酷くなると写真のように切れてジャジャ漏れになります。
たかだか、オイルキャップのシールではありますが、漏れて大変なことになることもあります。
実は、私がボルボカーズに入社したばかりの新人の頃、
このシールの取り付け方が悪く、シールが切れた状態でお客様に車をお返ししてしまった事がありました。
帰り道で切れたシールからオイルが流れて、エキゾーストマニホールドにオイルが付着、煙がモクモクと上がり、大変な騒ぎに…
当時は、縦社会で非常に厳しい整備業界ですから、上の人間にこっぴどく怒られたことを20年以上経っても覚えています。
このシール300円ぐらいの物ですので、オイル交換時には必ずチェックして、硬くなっていれば交換してあげてください。

DCF00089.jpg





整備主任者研修
今日は午前中、整備主任者研修がありました。
今日の講習は法令編で、変更になった法令等の研修となります。
正直、非常に眠い講習です。
皆さんは、車って結構適当に出来ているかと思われるかもしれませんが、実は非常に細かい法律に基づいて製作されています。
法令書を見ると信じられない細かい規定がありビックリします。
例えばホーンの音の大きさや灯火類の位置、数、明るさから、窓の曇り止めに至るまで…
又、お役所仕事らしく非常に難しく難解に書いてあるのも特徴です。
正直、普通に読んでも意味がわかりません。笑
もちろん、私たち整備に携わる人間はある程度法規も勉強して、整備士試験に合格しているんですけどね…苦笑
最近は、電気自動車の改造申請も多いらしく、その辺りのガイドラインもシッカリ法整備されてきたようです。
今までは、比較的ゆるかった電気自動車も今後はどんどん厳しい規定が出てくるかもしれません。
EVボルボを造るまでは、ゆるいままだと良かったのですが…
まあ、バッテリー等の技術革新がもう少し進まない限り、まだEVボルボは造れそうもありませんが…
少し話がずれました。

話は替わりますが、帰り道マックに寄ると、駐車場にピカピカのボルボ940が…
「おっ」っと思ったら、当社のお客様でした。笑
マックで偶然会うなんてビックリ!先日お預かりした不具合も解消され、元気に走っているようで、良かったです。


ボルボ屋 今月のお休み
今日は、すがすがしい天気で、秋の行楽日和となりましたね。
当社の上を走っている中央道も朝から大渋滞です。
まあ三連休初日ですからね~
今週は運動会のお子さんもおおいのでは?

さて、当社も9日10日を連休とさせて頂きます。
今月は、それ以外のお休みは御座いません。

今日のVOLVOネタは、本日お預かりの940に履いていたアルミホイールです。
懐かしい~確か740のGLEの純正だったような…
センターキャップが変わってしまっていますが、懐かしいです。
本当はもう少し大きいセンターキャップで、ロゴが黒でした。
昔のホイールも味があってカッコイイです。

DCF00087.jpg
VOLVO 940のハザードSW
いや~今日の東京は冷たい雨で憂鬱です。
さすがに、そろそろ長袖って感じでしょうか…
子供達の間でも体調が悪い子が多いらしく、インフルエンザでも無いのに、お休みの子供が多数いると聞いています。
大人の皆さんも十分に気をつけてくださいね~

今日はボルボ940のハザードSWのお話です。
ご存知のように940のハザードSWはハンドルポストの左側で、非常に押し難い場所に設置されています。
「ゴメンネハザード」が走行中は難しいですよね…
そこで960用のSWを増設してください~って依頼をたまに受けます。
このSWをサンルーフSWの辺りに装着する事で、ハザードが押しやすくなります。
このSWは、リレー回路も組み込まれているので新品で買うと結構な値段がしますから、
中古で部品を探して配線加工して装着する事をお勧めいたします~
興味がある方はご用命ください!


DCF00086.jpg

VOLVO LHシステム
すっかり秋めいてきた東京です。
息子から私、私から家内に風邪?が蔓延しています。笑
周りでも風邪の方が多いので、本当に皆さんお気をつけください。
この風邪は、頭痛や関節痛が半端でないです…

さて、今日お客様からお預かりの760に試運転で乗りました。
B280のセダンです。
久しぶりにB280乗りましたが、やはりいいですね~
ドンくさいけどトルクがある感じで乗りやすいです。
また古いVOLVOのセダンは後方からのスタイルが、SEXYです。
カクカクしたトランク、垂直のリヤガラス、たまりません~
…変態ですね…

今日の整備ネタは、先週お預かりの84年のVOLVO245!
エンジン始動不良でレッカーで入庫となりました。
拝見すると、ポンプも不動、火も飛んでいません。
この84年(日本仕様)は、LHという、電子制御式インジェクションの初期のモデルです。
LHⅡと云うECUで83年と84年に使われています。
その後85年からはLH2.2となり89年からはLH2.4になります。
LHと云うのは、燃料噴射装置をコントロールしているコンピューターの名称だと思ってください。
パソコンのOSで言うところのウインドウズXPとか2000とか、そんな感じだと思ってもらうと判りやすいかと…
この初期のLHⅡ、実は数が少なく、私達でも滅多に見ることが有りません。
新車の販売台数も少なかったのかな…
初期のLHなんで、配線やリレー、センサーなども独自の物が多いです。
色々探っていくとFポンプや、点火信号系のコンピューターにシグナルを送れていないのは、LHⅡのECU(コンピューター)の条件アースが落ちていないようです。
ECUをバラしてみると、回路がパンクしている部分を発見!これが原因ですね…
困った事に、純正は生産中止、中古は皆無~
急いで海外からの取り寄せを試みています。海外にはまだOEMがあるのが嬉しいですね~
(粗悪な物も多いですが…)
DCF000812.jpg
ECUはバラスとこんな感じです。ブラックBOXですので、あけて修理するような事はディーラーでは有りません。
DCF000823.jpg
飛んでる回路はこんな感じ、この回路を交換するほどの技術は当社には残念ながらありません…

copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved