FC2ブログ
201108<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201110
ボルボ 燃料漏れ
今週の初めに、みなさん体調など崩していませんか?と書いておいて
書いている本人が体調を崩しております。
事の始まりは息子が熱を出し学校を休み、翌日私も、なんとなく熱っぽく、
「熱は無い熱は無い」っと言い聞かせながら仕事をしていても、ふらふらになり始め、
インフルエンザで皆に迷惑をかけても悪いと思い、病院に言った所、「38.5度」の熱で
数字を見たらダウン。笑 その夜は、なんと40度も越えて、救急で今一度病院に行く羽目になりました。
さすがに大人で40度越えは辛かったです。なんとなく記憶、意識がハッキリしません。
なんとか座薬で熱を下げるも、イマイチ体調が悪いです…1日半お休みを頂き、何とか今日から出社です。
出社すると、更に頭の痛くなるような出来事が幾つかあり、帰りたくなりましたが、何とか1日仕事頑張りました!

今日のブログネタです。
先日エンストでレッカーされてきたボルボ740君
症状的には1時間走った辺りで、エンスト、再始動は可能、またエンストみたいな…
当社に入庫したときには症状が出ないでエンジンは快調に廻っているのですが、リフトUPすると燃料がジャジャ漏れです。
確か以前にも同じ症状の車を見たことがあるのですが、純正の燃料フィルターの変な所から漏れています。
しかも、一度交換されてまだあまり間もない比較的新しめの燃料フィルターです。
小さな錆びのような所にピンホールがあり、圧力がかかると、霧のように燃料が噴霧されます。
ガソリンって実はボタボタ垂れているより、霧状に噴霧されている方が引火しやすいので、危険なんですよね…
とりあえず、交換して様子を診ます。
この穴が原因でエンストしたとは思えないのですが、症状が出ないのが困ったもんです…
まあ、もしかしたら740君が「ガソリン漏れていて危ないよ~」って教えてくれたのかな~
そんなわけないか…笑
しばらく症状確認のため入院です。

DCF00079930.jpg

DCF00080930.jpg
スポンサーサイト



ボルボ オルタネーター修理
いや~今日の東京の急激な冷え込みにはビックリです。
この気温差で体調の優れない方も多いのでは?
なんだか、東京ではだんだん四季が感じられないようになるのではないかと心配です。

今日は久しぶりに整備ネタ!
最近、900系のボルボで発電不良の車が増えてきました。
まあ年数や距離的に云えば、しょうがないとは思います。
日本仕様の900系オルタは、基本的に2種類に分かれます。
ボッシュ製とDENSO製ですね。年式やグレードによっても替わりますが
NAはDENSO、TBはボッシュと思ってほぼ間違えないと思います。
(例外も存在しますが…)
実は当社の通販でも、240や940の社外オルタネーターの販売をしていましたが、
最近メーカーから部品調困難との事で、供給が厳しい状況になっています。
純国産のオルタネーターで、アンペア数も増やす事が出来たので、大変好評だったのですが…
ボッシュのオルタネーターに関しては、ボルテージレギュレーターだけの不具合で有れば、単品で供給が可能ですが、
問題はDENSOです。こちらは、レギュレーターの供給が無いため、どうしてもASSYでの交換となってしまいます。
写真は、DENSO製をオーバーホールしたボッシュに交換しているところです。
この交換に伴い、ベルトのサイズも若干変わります。
当社では、現在新しいオルタネーターの供給を検討していますので、DENSO製オルタが付いている940のお客様は、しばらくお待ちください!

DCF00077.jpg
台風一過
昨日の台風15号凄い勢いで関東にも上陸しましたが、皆さんは無事だったでしょうか?
当社は3時過ぎから、暴風雨を喰らい、プラトタンの仕切りが飛び、表の老木が見事に折れました。
老木といっても、高さは3M以上、幹も小学生の胴回りよりもちょっと太い桑ですので、まさか折れるとは思わず、ビックリです。
今朝、大家さんの了解を得て、切り倒しましたが、ちょっと残念です。
例年何処からともなく小学生が「葉っぱ貰っていいですか?」っとカイコの餌を取りに来ていたのですが…
まあ、幸い倒れて誰かが怪我したり、車を傷つけたりしなかったので良かったのですが、
各地のNEWSを見ていると、改めて大自然の驚異を感じたます。

さて、今週は連休の谷間で、平日が3日しかないため、ちょっとバタバタとしてブログの更新がおろそかになりました。
大型連休も終わり、来週辺りから工場も暇になりそうですので、整備のご用命宜しくお願いいたします。笑
まあ、暇になれば暇になったで、普段出来なかった作業や片づけがテンコ盛りなんですけどね…



ボルボ240 オイル漏れ
毎日暑くて、必死に仕事をしているのに、休みの3連休が雨の予報でガッカリの方も多いのでは、ないでしょうか?
当社も18、19日は連休ですので、私もちょっとガッカリです。
伊豆伊東に釣りでも行こうかと思っていましたが、台風の影響で海も荒れそうです…
子連れで、防波堤でのんびり釣りしたかったのですが、危ないので諦めます~
何処に行こうかな~

さて、今日は珍しいボルボ240の修理です。
車検でお預かりのボルボ240ですが、オイル漏れが激しいとのこと、
聞くと1ヶ月で2Lは減るとの事…
それは異常な減り方です。
早速、拝見するとエンジンが全体的にウエットで、何処から漏れているのか判断が出来ません。
一度綺麗に清掃して確認すると、オイルスティックチューブの根元からオイル漏れしています。
あまり、ここからのジャジャ漏れは、聞いたことが有りません。
外してみると、Oリングが変形して千切れていました。不思議です?
更に不思議な事に、ここのOリング、パーツカタログに記載が有りません。
仕方がないので、近いサイズのOリングを探して装着しました。
ボルボ240でオイル漏れ自体は珍しい事では有りませんが、オイルスティックチューブの根元からダボダボ漏れるは、珍しいです。
940のターボ等で、ターボのリターンから同じような感じでもれるのは多々あるのですが…

オイル漏れは、漏れている事より、もれている量が肝心です。
ディーラー等では、漏れている=即交換みたいな事がありますが、ある程度の漏れは想定内として、
どれだけの量が何処で漏れているかで修理の必要性を判断したいところです。
どうしてもディーラーやメーカーでは、お客様とメカニックの間にフロントマンと云う役割の人間が入ってしまいます。
メカニックがフロントマンに「オイル漏れています」といえば、フロントマンは「交換」と云う伝票を作ってしまいます。
当社の場合、そこで私はメカニックに確認します。「自分の車なら治す?」っと…
もちろん私自身も目視して判断もします。
漏れていても、治さなくても良いレベルのオイル漏れなんて、古い輸入車では、珍しい事ではありません。
「自分の車ならどうする?」「危険なら修理する」「コストを重視するなら修理しない」
当社では、そういった観点で、少しでもお客様の修理コストの削減が出来ればっと考えています。
もちろん、漏れている事実をお伝えする事も忘れてはいけません。

話がそれましたが、今回の240のオイル漏れは、「危険なので修理する」に該当する修理事例でした!
(写真は修理後の写真です。ウエット状態の写真は撮れませんでした)
DCF00042.jpg


連休前
この暑さどうにかなりませんか~
メカニックみんなバテ気味です…
この週末から大型連休の方も多く、今週は当社工場も多少バタバタしています。
まあ、連休終わると暇なんですけどね…苦笑
当社は、18日と19日を連休とさせていただきますので、ご了承ください。

さて、最近メールの返信が無い等のご連絡を頂く事が、多々あります。
通常、頂いたメールの質問等は、休みで無い限り、当日もしくは翌日にはご返信していますので、
もし、メールが来ない、おかしいな?と思われた方は、スパムホルダーやサーバー内迷惑メールホルダー等をご確認ください。
よく、スパムホルダーに振り分けられる事が多いようです。
それでも、見当たらない場合は、「返事が来ない!」ってメールか電話ください。
当社では、スパムホルダー内も全てチェックして、頂いたメールにはすべて目を通しています。
どんな質問でも、ご返信を心掛けていますので、遠慮なくお問い合わせください。

ボルボ FFのウォーターポンプ
9月ももうすぐ半分と云う時期ではありますが、まだまだ暑い日が続きますね…
今日の東京は、かなり猛暑でした。
朝、夕は、まだ涼しいですが、日中は、たまりません。
早く涼しくなってくれる事に期待してます。

さて、先週はFFが多い1週間でしたが、
今日はFFの横置きエンジンに関してブログネタです。
850もSV70もSV40もFFボルボのウォーターポンプは、タイミングベルトで駆動しています。
FRの240や940がドライブベルトで駆動されているのと比べると、ちょっと厄介です。
なぜなら、当たり前ですが、ウォーターポンプの交換は、タイベルを外さないと出来ません。
また、ウォーターポンプにガタが出るとタイベルが飛ぶ原因にもなります。
純正のポンプも以前は漏れが多かったようですが、最近はナンバーチェンジして品質改善されたような噂を聞きます。
とりあえず、FFのウォーターポンプは当社でも怖いので純正を使います。
写真はV40のポンプですが、部品は850等もまったく同じです。
FFは本当に狭くて厄介ですね~
まあ、B230のWポンプと比べれば、Wポンプそのもの取り付けは比較的樂です。
FFに関しては、ベルトが飛んでエンジンブローしないためにもタイミングベルト交換時は、
漏れ、ガタも良くチェックする事をお勧めします。
DCF00082.jpg
ガラスで覗き込み漏れチェックしています。
DCF00083.jpg
外すとこのような形で漏れています。
久しぶりの釣行は最高~
昨日は、お休みを頂き、釣り行って来ました~
久々の釣行はワクワクで、前日はあまり眠れず(小学生か?って云われそうですが…)
寝不足で5:00集合!見事な青空のもと勝山沖で釣りスタート!
1時間経過…生なる感触、皆無…
30分ほど走り、久里浜沖。東京湾の釣り船が全部集まっているのか?ってぐらいの大船団がひしめいています。
1時間経過…無反応。どの船も無反応…船長の無線からは、他の船長からの嘆きが聞こえてきます。
ヤバイ、今日はボウズか…帰りは魚屋でイナダでも買わないとまずいか…
と思っていたところ、急に潮が変わり、風も南に…
来ました~やっとお魚の感触が~竿がギュンギュン弓なりです。
始めの1匹は、慎重なやり取りで無事にGET!
その後も、ポツポツとあがり、気が付けば70cm~80cmクラスが4本!
もうお腹一杯です。うちで4本食べるのも大変なんで、ちょっと休憩していると、隣のおじいちゃんが
「駄目だよ、がんばって釣るべ」と声を掛けてきます。
「お父さん何本?」と聞くと「6本」っと…
「じゃあお父さんに追いつくまで頑張るか~」ってまたまた釣りスタート。
時合いも過ぎたのか、周りもあまり揚らなくなり、一休みしている人が多い中、おじいちゃんと私だけせっせとコマセを撒きます。
気が付けば、おじいちゃん7本、ボルボ屋のオヤジなんと8本で、終了~
帰港すると、私の8本が竿頭~ん~気持ちいい~
更に、トースポの記者の方から取材を受け、写真まで撮ってもらい超ご機嫌でご帰宅です。
さすがにワラサ8本はうちだけでは消費できないので、帰りに色々と配りながら帰ります。
アジぐらいなら気軽に配れるのですが、さすがにワラサは、それなりの道具が無いとさばけないので、
貰ってくれるひとを選びます。
一人はお客さんのお寿司屋さん、もう一人は息子の友達のお父さん(寿司職人してます)
それと隣の酒屋さんとうちの板金屋の4人に1本ずつ配り、自宅に4本持ち帰りました。
帰ってすぐに、3枚に捌き、半身の半身を刺身に、残りの半身の半身をなめろうにして晩御飯!
脂がのっててめちゃくちゃ美味い~なめろうは、バターとか濃厚なチーズのような感じでです。
いや~久しぶりの釣行、本当に楽しかったです。
ボルボ屋のオヤジ改め釣りバカのオヤジ、写真はこちら!
今日は、ボルボネタでなく、釣りバカ自慢でゴメンなさいm(__)m

ちなみに、今朝のトースポ、買ってみると私載ってました~
…名前だけ…笑
あの写真はなんだったの~


ボルボ940 マフラークランプ
久しぶりにスカッと青空の気持ち良い東京です。
明日は、私はお休みを頂き、久しぶりの釣行を計画中です。
実は震災から、海に出て釣りをするのは初です。
震災の前の週に、ヤリイカに出かけ不本意に終わったので、翌週リベンジしようと思っていた所、地震となりました。
原発の問題もありましたが、どうにも釣りをする気分にもしばらくなれず、気が付けば半年も経っていました。
東京湾でもそろそろ、でっかい青物が廻り始めたらしいので、そろそろ行こうかな…みたいな気分になってます。
明日は、船上からツイッターかな?笑

さて今日のボルボネタは、ボルボ940のマフラークランプ~
今週お預かりしたお車ですが、70kmぐらいからマフラーの辺りから振動がするとの事でお預かりしました。
お話を伺った時は、触媒(キャタリックコンバーター)を疑ったのですが、
リフトUPしてみるとマフラーとATを接合しているクランプが割れて外れています。
おそらく、これが原因で振動、音を発生していた模様です。
触媒じゃなくてよかった~このクランプ自体は1500円ぐらいの部品ですが、
触媒じゃ10数万円になっちゃいますからね~
このクランプは940のターボ系にしか付いていませんが、結構割れるんですよね…
またマフラーとボディーの間にある、遮熱板(アルミ)も割れてペラペラする事もあるので、その辺りも要注意です!

DCF00081.jpg
DCF00080.jpg


ボルボ ドライブシャフト
先日の台風、東京でははたいしたことの無い台風でしたが、各地では大きな被害となりました。
大自然の前では人間が本当に無力な事を感じます…技術や科学が進んでも、地震や台風は止められません…
お亡くなりになられた方のご冥福をお祈り申し上げます。

さて、震災後あまり中古車の動きが少なかった我が社ですが(さみしい~)、
ここの所、少しずつ、お話を頂くようになりました。
当社のような小さなボルボ屋でお車をご購入頂けるとなれば、頑張って納車整備して、お客様の期待に沿えないといけません。
私は、車の購入は「縁」だと考えています。その時、その場所に、欲しい車、条件の合う車があるか…
インスピレーションや第一印象、タイミング…いくつもの偶然や偶発が重なり、購入していただける物と考えています。
だからこそ、無理強いはしないし、その偶然に感謝して、縁を大切に出来ればと考えています。
なんとなく恋愛に似てますよね…(その顔で恋愛語るなと言われそうですが)笑
今日のお客様との出会いが、良い縁でありますように…

前置きが永くなりましたが、今日のボルボネタ!
今週は当社にしては珍しくFFのボルボのオンパレードです。
285、875、850はもとよりV40まで入庫しています。珍しいです。
ご存知のようにFFの車検等でネックになるのは、ドライブシャフトブーツです。
FFは、フロントエンジン、フロント駆動ですから駆動するドライブシャフトが等速ジョイントで稼動します。
その稼動部分を保護してのが、ドライブシャフトブーツですね。
リジット内で金属に保護されているFRと違い、FFのシャフトブーツはゴムですから本当に良く切れます。
切れていれば、ゴミや水が入りジョイントが駄目になります。もちろん車検場の検査もNGです。
私はFR世代のメカニックですので、このドライブシャフトブーツ交換が好きでは有りません。苦笑
どちらかといえば嫌いです。
こういっちゃなんですが、あんなブーツを変えるだけなのに、時間は掛かるし、手は汚れるし、ぬるぬるだし…困ったもんです。笑
国産車は、「パッカン」と呼ばれている簡易修理のドライブシャフトで優れた性能の物が出ていますが、ボルボ用は無いんですよね…
(流用で装着できる物も実はあるのですが…)
今日もFF担当のH君がモクモクとブーツ交換をやってくれています。

DCF00079.jpg




台風
気が付けば8月も終わり、9月に突入していました。
今週はなんだかバタバタして、ブログもおろそかでゴメンなさい。
暑さもだんだんと落ち着き始めると、仕事も落ち着き始めて暇な季節がやってきます。
忙しい時期に出来なかった事が山積みなので、その辺りをやれば良いのですが、
暇になるとなんだか、精神的に落ち着かない物です。苦笑

さて、今週の東京は台風にしてやられましたね!
週の初めから、今か今かと台風直撃に備えていたのが、日を追うごとに暴風雨の予報がずれ、
気が付けば台風の位置までずれ、たいした雨量もありませんでした。
予定もずれて、なんだか本当に振り回された感があった東京でした。

先週壊れたリフトも国産の油圧ホースに交換して、やっと今日から始動開始です。
ホース屋のオジサンも言ってましたが、駄目になった某国のホース本当に駄目駄目らしいです。
重機なんかでも使われているらしいのですが、軒並み駄目になるといってました。
うちのその他のリフトは2台が日本製、もう一台はアメリカ製ですが、未だに大きなトラブルは1度もありません。
一番最近入れた、このリフトが真っ先に駄目になるとは…選択の誤りが悔やまれます…


今日はボルボネタが無くて、ゴメンなさいm(__)m

DCF00073.jpg
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved