FC2ブログ
201009<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201011
台風
先日のブログで、天気の話題から入るのがマンネリ化していて嫌だと書きましたが、
今日のこの台風は書かないわけには行かない荒れ模様です・・・
こんな時期に関東に直撃の台風なんて困ったもんです。
今日は長靴を履いて仕事をした次第です。

マンネリ化したブログに対して、励ましのコメント、メール有難うございます。
「継続は力なり」って事で、これからもダラダラと書いていきますので、宜しくお願いします。
たまには、違った雰囲気の試みもしたいと思っていますので、リクエストもお待ちしております。

さて、今週のお休みは、江ノ島沖でワラサ釣りに行ってきました。
台風の影響か、波もそこそこ高く、北の風がビュンビュンで、潮も速く、魚の食いがイマイチの中、
何故か私だけ大当たり!初の船中TOP 4本で竿頭!
拷問のような寒さの中、ストレスだけは解消できました~!
釣り好きには「4本ぐらいで自慢するな~」と言われそうですが、ボウズの多い中の4本ですから自慢させてください!笑
warasa.jpg

さて、釣りの事ばかり書いていると、ただの釣りバカ日誌になってしまうので、ボルボの事もチョット!笑
写真は、2000年以降のボルボ V70Ⅱですが、サンルーフの内張りが引っ掛かり上手く動かないってトラブルです。
ご存知のとおり、当社ではFFの入庫は少ないですが、数少ないNEWジェネレーションのボルボが、ほとんど駄目になっているって言うぐらい多いトラブルです。
まあ、初期の2000年のV70ですら10年経つ訳ですからしょうがないですよね…
2枚目の写真のヤジロベーの先っぽのプラスチックが割れて、金属が露出して、上手くスライドしないのが原因ですね。
1400円ぐらいの部品なので、たいした修理では有りませんが、サンルーフの硝子を外さないと交換できないので、DIYでやる場合は、気をつけてください!

P1010582.jpg

P1010585.jpg

デットストックパーツ
最近ブログがマンネリ化していていけないと思う…
まずは、天気についてちょっと触れ、ダラダラと整備について語る…
読む人も飽きるだろうと思いながらも、書いている人間が同じだから、雰囲気が変えられないのが、目下の悩みです。笑
毎日、面白いブログを書ける人が羨ましい~
読み手としては、どんなブログを期待しているのだろう~
是非とも、こんな事書いて!って事コメントください~

さて、先週アメリカに頼んだデットストックパーツが本日エアーで入荷しました。
海外でボルボパーツの通販をしている所をくまなく探したけど見つからなかった部品で、
ひょんな事からボルボとまったく関係ない部品商で見つけました。
しかも、オリジナルの新品!あるところには在るんだな~
これで、75年の240が甦るかな…
75年のB20は、240と言っても、144に近い代物で、部品探しが結構大変です。

古いボルボの生産中止部品もお探ししますので、メール等でお問い合わせください!
実は、ディーラーさんなんかからも問い合わせよくあるんです。
(見つからない部品もあるかと思いますが、まずは確認だけでも!)


クルコン
久しぶりに秋晴れの東京です。
工場を飛び出して、釣りに行きたい気持ちを「ぐっ」と抑えて仕事してます。笑

さて、今日は珍しい修理をご紹介しましょう。
ただ珍しいと言っても、あんまり壊れないとか、そういった珍しい部類ではなくて、機能的にあまり使っている人が居ないため、修理依頼が少ないという部分なんですけどね…苦笑
あなたの車で、あんまり使っていない機能ありますか?
そうです。答えはクルーズコントロールです!
国土の狭い日本では、クルーズコントロールの使用率は極端に少ないのが現実です。
基本的には、アメリカ等の大陸で重宝する機能ですよね…
もちろん、日本でも使用している人は居ますが、少ないのが現実で、まあ、たまに使う人が居ても、壊れたからといって高い費用を掛けて治す人が少ないので、修理依頼が少ない訳です。
今回はボルボ940クラシックのお客様ですが、毎晩、夜間に長距離を乗る方で、クルコンを毎日使うとの事でした。年間総距離も通常の方の3倍以上かな…
その大半をクルコン使うので、クルコンの修理はMASTな訳です!

一応クルーズコントロールにも故障コード(DTC)があるのですが、確認すると
「車速が35km/h以下か、もしくは車速信号が無い」との事…
ただ、実はこれは走行していないから必然的に入るものですので、DTCに故障コードは入っていない物として
DTCの故障コードに入らない部分の不具合を探します。
普段から、よく接する故障は、頭で考えて推理する事も容易いですが、クルコンのシステム概要なんて、頭では把握できていないので、しらみつぶしに確認しながらの作業となりました。
担当メカニックはN君ですが、何個かの部品を確認中に不具合を発見!
アクセルワイヤーを引っ張るダイヤフラムが擦れて穴が空いています。
擦れている部分は、裏側で目で確認できない部分なんで、見つけるのが困難でした。(写真中央の小さな穴)
N君に拍手!パチパチパチ!
部品も日本に在るか不明だし、もし在っても結構高いと思うので、中古に交換して作業完了です。

皆さんもたまにはクルコン使ってチェックしてみてください!
まあ、たまにチェックするぐらいの方々にとっては、壊れていても治したいって方は少ないとは思いますが…笑

P1010572.jpg




念願の・・・
東京は、シトシトと嫌な雨です。
しかし奄美大島の雨心配ですね。
台風や雨には強い島なのに、予想も出来ないほど、大量な雨なんでしょうね…
島民の皆さんの無事を祈らんばかりです。

さて、今日は全然ボルボに関係ないお話!
いや~実は念願のハーレーを手に入れちゃいました!
2010年モデルの新車です!
いや~ヤバイです~

P1010564.jpg



…っと言うのは嘘です。泣
実は当社の大家さんのハーレーです。苦笑
大家さんが、先日バンパーガードをぶつけて曲げた上に、フレームの取り付け部が切れたため、
修理して欲しいとの事で、預かった次第です。
切って、叩いて、溶接して修理完了!
忙しい合間をぬっての作業の割には、そこそこ修復出来たかな…?
来月の家賃まけて貰わないと!大笑

いつかは、本当にハーレー欲しいですけどね~
もう15年も前になりますが、バイクで大きな事故をして九死に一生を得てますので、
家族からはバイク禁止令が出ているボルボ屋の親父でありました!

嫌いな作業
やっと今週に入り秋らしくなってきた東京です。
気が付けば、今年も後2ヶ月と2週間…1年があっと言う間であります。
秋は私にとって、釣りのTOPシーズンです。
青物好きのボルボ屋のオヤジは、夜な夜な沖釣り情報を見ては、ムズムズ、悶々しております。笑
先週は、2kgの真鯛GETしました。実はワラサ釣りに行って釣れた真鯛なんで、外道なんですけどね~
嬉しい外道でした。(もちろん本命6ワラサもかろうじて1本獲れました)

さてさて、ボルボの話もしないといけませんね…苦笑
私が嫌いな作業の一つに、FFのドライブシャフトブーツ交換があります。
この作業があるから、イマイチFF好きになれないのかと思うほど、あまり好きな作業では有りません。
ご存知のようにFFの車は、ドライブシャフトのブーツが破れていれば車検はとおりません。
もちろん車検だけでなく、実走行においても、ブーツが破ける事により、ゴミや水が等速ジョイントに入り込み、部品を痛めますので、速やかな交換が望ましいです。
国産車のように「パッカン」タイプのシャフトブーツがあれば良いのですが、基本的にはボルボ専用分割タイプのブーツKITは無いのが現状です。
(国産の流用が一部の車種では可能ですが・・・)
若いメカニックの方にとってはドライブシャフトブーツの交換なんて当たり前の作業で何にも抵抗は無いと思いますが、FRばかりやってきたボルボ屋のオヤジは、あのヌメヌメ感がなんとも苦手なんです。工具も汚れるし…
そう言えば、昔はハブのOHもあまり好きじゃなかったから、単純にあのヌチョヌチョが嫌いなのか!笑
まあ、最近はFF担当H君が居るので、我が社としては、何も問題はありませんが…

ボルボの純正パーツは、インナーとアウターのセットでKIT販売ですが、当社には安価なバラ売りの部品もありますので、ご用命ください!

ドライブシャフト



940のショック
連日気温がおかしな東京であります。
今日も10月にしてはムシムシとしています…

さて、昨日から報道番組はチリの救出NEW一色ですね~
救出された事は、本当に喜ばしい事ではありますが、報道が過熱過ぎていないかい?っと思うのは私だけでしょうか…
33人の全員の顔写真を掲載して、家族構成やら家庭内事情までさらけ出し、今後の金銭問題などをコメンテーターがワイワイ騒いでいるのを見ると、正直うんざりします。
最近はマスコミが、ドラマ仕立てのドキュメントを無理やり作り、NEWSはワイドショーと化している気がしてなりません。
全てとは言いませんが、多くの報道のあり方に問題があるように思えるのは、私だけでしょうか…


さて、先日の動画イマイチの反響でしたね。苦笑
結構、面白い絵だと思ったのですが…


今日も足回りのお話を少し続けたいと思います。
今日はボルボ940の足回りについて!
良くお客様から、ボルボ940のフロントだけを下げたいっと相談される事があります。
確かにFRボルボは、ちょっとケツ下がりの傾向があるので、それを嫌っての事だと思います。
ただ、基本的には、フロントのバネをカットしたり、フロントだけローダウンサスを入れるのは、乗り心地が極端に悪くなるので、お勧めはしません。
先日もフロントだけロ-ダウンサスをいれ、マッチングの悪いショックを入れている940が入庫しました。
お客様は、その状態で、何処かの中古車屋さんから購入したらしいのですが、乗り心地が悪いので治して欲しいとの依頼でした。
足回りは、TOTALで考えないと、上手くいきません。
ローダウンサスだけの交換やショックだけの交換、ブッシュやボールジョイントが痛んだままでの足回り強化などは、危険ですので注意が必要です。
どうしてもケツ下がりが気になる方はご相談ください。
乗り心地をほとんど変えずに、リヤの下がりを補正する事も、出来ない事はありません…


                            ボルボの専門店 VOLVOの事ならお任せください!
ムフフ動画
ん~10月とは思えない暑さですね~
ムシムシって感じです。
3連休最終日は、秋晴れで運動会って方も居たと思いますが
父兄参加の種目に参加して、張り切りすぎた方も多いのでは?笑
久しぶりに、かけっことかすると、気持ちに体力が追いつかずに、足がもつれて転ぶらしいです。
また、娘や息子の前でカッコ良いお父さんで有りたいってのも深層心理で影響を及ぼすとか…
私は昔からかけっこ苦手な人間ですので、子供の運動会では決して出場は致しません!笑

さて、今日はボルボ240のブッシュに関してのネタです。
ボルボ240はゴムのブッシュを多用しています。
フロントだけでも、ロアアーム前後左右、スタビリンク、アンチスエーバー
リヤは、ロアスイングアーム前後左右、トルクロッドブッシュ4個、パナロッドなどなど…
古い車は大抵痛んでいるのですが、中には完全に抜けてしまっていて危険な車もあります。
ゴムのブッシュは、人間で言えば関節の軟骨のようなもの、それが磨り減れば足元はガクガクになるわけですね。
もちろん費用の掛かる部分なので、程度によっては優先順位的に後回しになることもありますが、本日入庫の240は危険な状態でした

本来は、ゴムの性質からいって、純正がお勧めですが、純正は高いのでコスト重視で社外の物を使う事が多いです。
ただ、社外のものは純正に比べて耐久性に劣りますので、数年でまた交換する必要が出るのも事実です。
ウレタンと云う手も有りますが、その場合、それなりに固さが出ますので、ショックやスプリングとのマッチングも考えた方が良いですね。
古いボルボの足回りも当社ではご相談にのりますので、遠慮なくお問い合わせください。

[広告] VPS




連休
3連休初日から大雨の東京です。
今日、明日は運動会ってお子さんもたくさん居るかと思いますが、残念ですね。
延期するにもグランドコンディションが悪くて、月曜日では間に合わず、来週までお預けってっと所も多いみたいですね。
お母さんはお弁当の下ごしらえが無駄になり、お父さんは来週のゴルフの予定はキャンセル?ってな事になって、ああ~もう~ってお嘆きの声が、聞こえてきそうです。

さて、当社も10日11日を連休とさせていただきます。
ご迷惑をお掛けいたしますが、宜しくお願いいたしますm(__)m
明日はボート釣りでも…と思っていましたが、この天候では無理のようです。
ひと月に一度有るか無いかの連休が雨で、非常にガッカリなボルボ屋のオヤジでありました。

ガッカリといえば、今日はもう一つガッカリな事件がありました。
先週エンジン不動のボルボ940が入庫しました。
ただ、JAFのレッカー車で当社に到着した際には、何の問題もなくエンジンが掛かってしまい、とりあえず1週間お預かりして100kmほど試運転したのですが、症状も出ず、仕方なくお車をお返しした帰路に再度、エンジン不動に!
1週間100km近く試運転して一度も症状が出なかったのに~非常にショックでした。
ただ、得てして工場に持って行くと症状が出ないとかって事はよくあることなんですけどね…
「あれ?昨日まで調子悪かったのに、今日持ってくる時は大丈夫なんですよね…」ってセリフは良く聞くもんです。
車にも何らかの意思があって、駄々こねてるのかな?って不思議に思うことが有ります。
今回は、幸いまだ当社の近くだったので、とりあえず、私が急いで現場に急行!
何とか強制的にエンジンを始動して工場に戻ってきました。
再度シッカリ調べなくては…

雨で視界も悪く、路面も滑ります。
みなさん連休中の運転にはくれぐれもお気をつけください!


事故
1日1日秋の気配が…って感じの無い東京です。笑
さすがに日が暮れると少し涼しいですが、まだなんとなく蒸すような感じがあります。
釣りに行ったりして、千葉の突端や三浦半島の途端に行けば十分秋の気配も感じられて涼しいのですが
コンクリートジャングル東京には今年は秋は無さそうですね…

さて、涼しくなる事に比例して仕事も少なくなってくる我が社ではありますが、(苦笑)
ここの所、事故でのご入庫が何台か続きました。
事故は、加害者になっても被害者になっても嫌なものです。
先日は240の方が側面を前から後まで引きずられて、当て逃げされてしまいました。
その次はNEW V70!なんと自転車がぶつかって来て、側面に大きな傷!
自転車も馬鹿に出来ません…
次いで写真の940は逆オカマで、信号待ちしていたら前の車がバックしてきてぶつかったそうです。
見た目はバンパーカバーに傷、ナンバーの曲がり程度ですが、バンパーを外して見ると、ショックが吸収してくれたのがよくわかります。
今時の国産車はクラッシュゾーンが大きくとってあるので、FRボルボなんかとぶつかると「クシャ」っと逝ってしまう事が多々あります。ボルボの方はたいした傷では無いのに…。

まあ、なんにせよ、古いボルボは評価額が少なくなってきているので、くれぐれも事故にはお気をつけください。
当社では事故の際に使えるようにボディーパーツの中古もストックしています。
保険は使えない実費作業を安くやりたい場合なども是非ご相談ください。

P1010561.jpg

bannpa-.jpg
珍現象?
なんだかすっきり秋晴れ!っといかない最近の東京です。
気温は下がったけど、なんだかムシムシしたりしますよね~
蚊が多いのも腹が立ちます。
真夏はほとんど蚊に刺されなかったのに、ここのところ虫刺されが妙に多いです。

さて、先週からお預かりしているボルボの240で珍しい現象発見!
車検でお預かりで、タイヤのエアーチェックをしていると、妙に空気圧の低いタイヤを発見…
パンクしていると思い、パンク箇所を探してみたものの、タイヤにパンクは無し…
それじゃエアーバルブかな?って事でバルブのチェックをしていたら、
バルブではなく、バルブ近くのアルミホイールから空気が僅かに漏れているではありませんか!
しかもビートとかではなく、表面から…
ボルボ240では人気のコロナホイールですが、初めて見ました。
たまたまバルブの近くなので判明しましたが、これはなかなか見つけ難い…
ただ、ホイール表面からの漏れでは修理することも出来ずに、困った次第ではあります。笑
写真だと判り難いですね…

コロナ


配線
今週会社に新しい物が2つ増えました。
一つはコーヒーメーカー!デロンギの挽きたてコーヒーが飲める優れものです。
コカコーラーさんから無償リースしていただきました。
挽きたてのコーヒーが、非常に美味しく、普段よりコーヒーの消費量が増えそうです。笑
秋になり涼しくなってくるとブラックコーヒーが恋しくなってきませんか?
ご来店の際は是非、コーヒーご用命ください!
もう一つはコピー機、10年前に10年落ちの中古コピーを購入して使用していましたが、さすがに20年近く経ち、ガタピシと壊れてくれます。
更に、古くて保守メンテナンス部品の供給もなくなり、ついに新しい物に入れ替える事になりました。
最近のコピーの性能は凄いですね…うちの会社じゃ装備している機能を100%使い切る事は出来無そうです。
ワンタッチで両面コピーが出来るんです。(今時当たり前か!笑)

さて、この夏ご依頼の多かったクーラーの修理もやっと一息つきました。
何台のコンプレッサーを交換したんだろう?ってな感じです。笑
コンプレッサーの交換理由NO1はマグネットクラッチの不良です。
コンプレッサー前面で、ベルトが掛かっている部分ですね…
あそこに電気が流れて、電磁石がプーリーを直結して、コンプレッサーがベルト駆動されます。
そのマグネットクラッチ内部のコイルがショートする事でエアコンが入らなくなるのですが、
実はコンプレッサーはASSyで交換しないでも、マグネットクラッチだけでの交換も可能です。
じゃあ、何でASSyで交換するの?って良く聞かれますが、実はコンプレッサーASSYとマグネットクラッチの交換で値段がさほど変わらないからなんですね~
例えば、マグネットクラッチだけ交換して、その場は治っても、翌年にはコンプレッサーが駄目になってしまう事も考えられます。
距離的にも10万KMオーバーの車が多い訳ですから、たいして費用が変わらないなら、ASSyで一新した方が良いって事なんです!
さて、話がちょっとそれましたが、マグネットクラッチがショートした場合、本来ならヒューズが切れて回路を保護してくれれば良いのですが、ボルボ940や740系のこの回路はヒューズがなかなか切れない構造になっています。
そのせいで、配線が熱を持ち、ECU(コントロールユニット)や低圧SW、ブロアモーターレジスター、はたまた配線なんかを壊してしまう事が、多々あります。
(ちなみにボルボ240はマグネットクラッチがショートするとパワーウインドウのヒューズがすぐに切れます。パワーウインドウとACのヒューズが共有なんです)
写真は配線が解けてしまった例ですね!この配線も皮膜の中で解けているので、わかり難いんですよね…
コンプレッサーを交換する際はこのようにコンプレッサーだけではなく、その他の部分も修理しないといけないので注意が必要です!


P1010549.jpg





copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved