FC2ブログ
201008<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201010
ゲリラ豪雨
今日の午前中は、酷い土砂降りで、まさにゲリラ豪雨って感じの東京調布でした。
雨の日が続きますね…まあ、秋雨なんでしょうがないか…

さて昨日の続きをチョットだけ…
実は世間一般的に自動車環境税で問題視されているのは、軽自動車の税率と営業車の税率です。
私達に関係が深いところでは軽自動車の税率だと思いますが、
現在の自動車税では1000ccの小型自動車にかかる標準税率は29500円であるのに対して、四輪の軽自動車は一律7200円です。
昨今の軽自動車は普通小型車と性能もサイズもCo2の排出も大差ないとのことで、環境自動車税では軽自動車にも小型車並みの税金が掛かる事が検討されているようです。
まあ、これだけ多くの軽自動車が走っている訳ですから、税収確保って事だとは思いますが…
ボルボにお乗りの方には直接関係無いと思う方も多いとは思いますが、「それは困る」って方も実は多数要ると思います。
なぜならうちもそうですが、セカンドカーや奥様の車は軽自動車と云う方も多いからです。
軽自動車のメリットは維持費の安さもある筈です。その維持費が高くなったとしたら…
「ボルボを処分しなさい!」って奥様が言うのではないかと心配であります。笑

ん~まだ環境税の内容が決定された訳では無いので、こんな心配してもしょうがないんですけどね!
チョット最近気になったNEWSの補足でありました!



最近気になるNEWS
今日は半袖ではとても寒い東京です。
秋は何処に行ったんでしょう~

さて、最近気になるNEWSが幾つかあります。
一つは皆さんも同じだと思いますが、中国との関係悪化問題です…
この場で議論すべき話題ではありませんが、とても気になります。
正直、日本政府の弱腰な対応も情けなく、中国の強固な対応も如何な物かと…

もう一つは、環境自動車税のNEWSです。
政府は平成12年を目処に、現在の自動車税(地方税)と重量税(国税)を1本化して自動車環境税なる物を作ろうとしております。
具体的には、車種ごとに1キロ・メートル走行するごとのCO2(二酸化炭素)排出量と排気量を算出し、自動車の所有者に課税するらしいです。
そうなると古いボルボはどれぐらいになるのだろう?ってのが気になるところです。
現在のガソリン車の車検制度では、排気ガス濃度の検出はCO(一酸化酸素)とHC(炭化水素)だけです。
ちなみに、当社でよく弄るボルボのB230エンジンですが、実は皆さんが思っているほど数値は高く有りません。
かなりクリーンな排気ガスなんです。
触媒の後方だと、CO(一酸化酸素)は0.1% HCは20ppm程度しか有りません。
もちろんCoとCO2はぜんぜん違いますので、車検時に新たにCO2を計測するようなシステムを導入するのか、理論上から割り出すのか…気になるところです。
それと、その線引きが出来てしまう事が非常に怖い事で、NOXPM法の時同様に「ここからここまでの車は大都市圏乗り入れ禁止」みたいな事になることも容易に想像できます…。
古い車を乗り続けるのも一つのエコとして、政府が税率を考えてくれる事を心から願うボルボ屋のオヤジでございます!



                                


                                ボルボの専門店 VOLVOの事ならお任せください。
ヒューズ
今朝の東京は、とても肌寒く、秋を通り越し一気に初冬の到来か!っと思わせましたが、午後にはグングン気温も上がり、本当に変な天気です。
これだけ気温の変化が激しいと、体調管理が大変ですよね。
みなさん風邪など引かないようにお気をつけください。
私の好きなマンガの一つに「さいとうたかお」の「サバイバル」と云うのがあります。
異常気象で世界が壊滅するってストーリですが、あのマンガがいずれ現実になるのではないかと心配なボルボ屋のオヤジです。

さて今日はボルボ240のヒューズのお話。
ボルボ240のヒューズはちょっと特殊なイモムシ型のヒューズを使っています。
最近では量販店にもあまり置いていないタイプです。
このヒューズですが、非常に接触不良を起こし易く、更に、劣化して不具合を起こす事もしばしば…
たかがヒューズと思われるかもしれませんが、これが原因でエンジンの始動不良を起こす車も少なくは有りません。
240のヒューズだけは定期的にチェック、清掃、、ホルダーの当たりを強くして、接点復活材の給油等をしましょう!
写真は、接触不良から、発熱して通電しなくなったヒューズですが、これが原因でエンジンが掛からなくなり、JAFにて搬入されました。
先ほども触れたように量販店でもこのニューズを置いていないところが多いので、スペアのチェックもお忘れなく!
ちなみに当社で30本セット1500円で販売しています。笑
イモムシヒューズ

ヒューズ3
お休み
今日は9月も後半だってのに、妙に暑い東京でしたね…
週末には寒波がやってくるそうですが、本当でしょうか?

さて、19、20日連休を頂き、久しぶりに沖釣に行ってきました。
場所は、伊豆の松崎、息子と2人で仕立て船です。
ここの仕立て船は半日ですが、比較的リーズナブルで子供と行くにはお勧めです。
乗合船に子供を連れて行くと周りの人に気を使って、あまり釣りにならないのですが、
仕立てなら貸しきり状態で、息子も萎縮しないでのびのびと釣をしていました。
しかもお昼からの出船なので、朝はゆっくり出来ます。

さて、釣果の方ですが、非常に喰いが渋く、台風のうねりもあり、厳しい状況でした。苦笑
しかも、私より息子にHITが多く…汗
もちろん、イナワラは気配も有りませんでした。笑
それでも、30オーバーのアジ、イサキ、ソウダとまずまずの釣果で
船頭さんもお土産をくれてクーラー満タンで非常に満足な釣りでした!
帰港後は、日帰り温泉で海に沈む夕日を見ながら露天風呂に入り、心が非常に休まりました~
(体は非常に疲れましたが…)

今週は、もう1日祭日があり、ちょっと変則的な業務日程ではありますが、頑張ってお仕事致します!
今日は全然ボルボに関係ないネタでゴメンナサイm(__)m

turi2.jpg

turi.jpg






秋晴れ
すっかり秋晴れの東京です。
3連休初日とあって、各地くだり方面は大渋滞ですね…
当社の上に走っている中央自動車道も朝から大渋滞です。

当社も明日、明後日と連休を頂きます。
夏休み明けから1ヶ月、「あっ」という間の1ヶ月でした。
これだけバタバタした9月は珍しいです。
ただ、暑さも和らぎ始めて、整備もひと段落しそうな雰囲気も出てきています。苦笑
10月は暇そうかな…?

私は、このお休み中に仕立て舟で、釣りに行ってきます。
イナワラ(イナダとワラサの中間程度の大きさ)狙いなんですが、久しぶりに大物釣りたい~
大物用100%グラスロッドを新調しちゃいました!笑
リールは古いPENNを引っ張り出してPEの6号を巻きなおし、やる気はマンマン、松方○樹バリです。
まあ、たいてい張り切って行くとボウズなんですけどね…釣果は21日のブログにて…

さて、全然話は替わりますが、先日AUTOart社から、86年のDTM ボルボ242 1/18が発売になりました。
既にご存知の方も多いかと思いますが「空飛ぶレンガ」の異名を世間に大きく伝えた、あのレースカーのダイキャストモデルです。
非常に精巧に出来ていて、ロールバーやステアリングはもちろん、バケットシートやデカールも忠実に再現されています。
デカール無しのホワイトボディーバージョンも同時に販売されています。
プレスリリースでは、10月頃発売予定となっていましたが、先日当社にも届きました。
保存用とディスプレー用、将来の販売用?に5台購入!大事に保管したいと思っています。
インターネットではまだまだ購入できるところがあると思いますが、限定数があるダイキャストモデルですので、興味のある方はお早めにGETしてください!
5年も寝かしておけばレア物間違い無しですよ!笑

P1010529.jpg




涼しい~
やっと今日から秋の気配が感じられるようになった東京です。
これぐらいの涼しさだと仕事もはかどります。笑

さて、当社には3台のリフトがあるのですが、実質整備で使用しているリフトは2台になります。
普段であれば、2台のリフトで何とか事足りるのですが、今年の夏は、とにかく駐車スペースとリフトが足りずに、本当に皆様にご迷惑をお掛けいたしましたm(__)m
そこで、急遽、リフトを1台新設しました。
まあ、リフトを新設した途端、暇になっちゃう事も予想されますが、来年の夏に向けての準備と云うことで…苦笑
この夏は、私のボルボ時代の大先輩も手伝いに来てくれていたので、本当は夏前にリフトがあれば効率がもっとよかったんですけどね~上手くいかないもんです。

涼しくなって少し暇になってきたら、ボルボEV計画の作戦も練り始めたいと考えています。
ブログの更新が多くなったら暇になってきやがったな!って思ってください。大笑

P1010528.jpg
暑い・・・
ん~今日も東京は酷暑です。
天気予報では明日から涼しくなると言っていますが、この時間でもまだムシムシしている状況で、とても明日から涼しくなるとは思えないボルボ屋のオヤジであります。

私もスタッフもこの暑さで、目の前の仕事を片付けるのが精一杯で、気持ちの余裕が有りません。苦笑
気の利いたブログが更新出来ないで、本当にゴメンナサイm(__)m

台風ですね~
昨日までの酷暑が嘘のように今日は過ごしやすい東京ですが、雨の量は半端じゃ有りません。笑
両極端なのも異常気象なんでしょうね…
台風が北に抜けないで、関東横断するって事は、高気圧が弱くなってきている事らしいので、猛烈な暑さもあともう少しですね。
早く秋にならにかな~
ボルボ屋のオヤジは、暑いより寒い方が好きです。笑

さて、連日のようにご依頼のあるAC修理ですが、一番多いのがガス漏れです。
ガス漏れにも色々あり、急激に漏れるものや1年ぐらいかけてゆっくり漏れるものもあり、様々です。
漏れる箇所も継ぎ手の部分のOリングだったり、ホースのカシメ、コンプレッサー、エバポ、コンデンサーと多種多用です。
漏れを点検する場合、裸眼での目視はもちろん、蛍光材を使った確認、ガス漏れ検知器を使った点検等があります。
大きく漏れている場合は、裸眼でも確認できます。例えば、針の穴程度なら、ジャジャ漏れレベルですから、オイルの付着などからすぐに確認できます。
スローリークでゆっくり漏れている箇所などは蛍光材を入れて、ブラックライトと特殊なめがねを掛けると確認できます。
エバピレーター等、直接目視できないような部分は、ガス漏れ検知器等で確認するしか有りません。
特に、ボルボ240のエバポはアクセスが大変で簡易的にはほとんど目視出来ません。

スローリークは直接目視ではわかりにくいのですが・・・
P1010526.jpg

ブラックライトで、特殊なめがねで見ると、こんな感じで漏れがわかります。(写真だと上手く写らないか…)
P1010527.jpg


このところバタバタとしていてブログの更新がままなりません。
何しろネタを探そうにもAC修理が多くて…面白い整備ネタ探しに苦労します。苦笑
ネタが寂しくてゴメンナサイ。













燃料漏れ
「暑い~」から始める文をそろそろやめたいですね~
先日、非接触式の温度計なる物を購入しました。
瞬時に物の温度が計れる優れものですが、その計測器で本日の路面温度を測ってみると55度有りました。
ちなみに駐車してあるボルボのボンネットは66度有りました。
目玉焼きは、まだ作れなさそうです…苦笑

さて、先日当社で販売した中古車のボルボ940にトラブルが発生!
燃料が漏れる?との事で、急遽お預かりしました。
すぐにリフトUpして確認すると、漏れ痕はあるのですが、現時点では漏れが確認できません。
センダユニット(ポンプやFメーターのセンサー部分)から漏れているのかな…
とりあえず、ガスが少な目だったので、満タンにしてテストしてみると、タンク前方から確かにガソリンが滲んでいます…
ただ、タンク前方には接合部分やホースは無いので、とりあえずタンクを降ろしてみると…
写真には写らないような僅かなクラックが!しかも位置も中間よりちょっと下の部分です。
どうやら、燃料を満タンにすると自重でタンクが歪みそこから僅かに燃料が漏れるようです。
形成時の接合部分でもないし、ぶつけた痕もないし?不思議です。
とりあえず、当社のストックパーツのタンクと交換して、修理を完了しました。
しかし、初めてのケースで何故そうなったのかよく解らない症状でした。

タンクを降ろすとこんな感じ
P1010514.jpg

写真には写らないほどの小さなクラックが…
タンク

中古のタンクに載せ替え
P1010516.jpg

インプレッション
ああ~暑い…東京は49日連続の熱帯夜だそうです。
日が暮れても、ぬるいサウナに入っているようで、気持ち悪いですね…
秋が待ちどおしい~

さて、今日は先日書ききれなかったEV教室のインプレッションを…
まずは講習ですが、実は、今まで受けてきた整備振興会の講習と180度違う意見が非常に興味深かったです。
それは、今後のZERO EMISSIONの考え方です。
6月末の私のブログには、今後一番期待できるのは燃料電池と記載していますが、今回の講師、並びにメーカーの方は、「それは絶対に無い」と180度違う考え方でした。
まず、燃料電池車と充電式のEV車では、圧倒的に充電式EV車の方がコストも安く、CO2の排出が少ないとの意見でした。
それは数字的なデータでもでていると力説もされていました。
また、そのデータには、電気を作るためのCO2も含まれているとの事です。
整備振興会の講師の方は、まったく違う見解を持っていたので、同じ動力がモーターの車なのに、供給電源に関しては、様々な意見があるんだな…と関心した次第です。
もちろん、私には、どちらが主流になるかはわかりませんし、どちらの主張も理解できる内容では有りました。
ただ、現時点で、EV車にコンバートするのは充電式しかあり得ないことも、良く理解できました。
Q&Aのコーナでは、コンバートに関する質問を本当はもっとしたかったのですが、時間的な制約もあり、また、多くの方は日産リーフや三菱アイミーブへの具体的な質問が多かったため、コンバートに関して突っ込んだ質問はほとんど出来ませんでした。
ただ、今後コンバートしたい人向けの講習も開かれるとの事で、その情報を得られただけでもよかった思います。


次は実際試乗したインプレッションです。
まずは完成車である、三菱のアイミーブですが…良く出来てます。
メーカーが作ったので当たり前ですが、普通に車です。
数ある難問を乗り越えて、良くここまで完成したものだと、感心した次第です。
なんなら、テスト用に1台購入して、カミサンに乗らせたいぐらいです。笑
続いて自作コンバートのミラですが、こちらは非常に面白い、楽しい車でした。
マニュアル車でありながら、使うのは基本的に2速だけ、クラッチは付いていますが、それはギヤシフトを変えるためだけの物?で、半クラは要りません。
多分、ニュートラルとバック、前進の切り替えのため必要なんだと思われます。
一応1速発進、40kmで2速に入れるような走り方も出来るそうで、試したのですが、1速使う必要があまり感じられなかったです。(まあ、1週1kmも無いような平坦な周回コースだったので・・・)

短いインプレッションと僅かな時間での質問で聞き出した内容では、まだまだ先は見えてきませんが、
ボルボEV化計画で問題となるのは次の点でしょうか・・・
*現在のコンバートEV車では、マニュアルミッション車のベースが望ましい
*コンバート車両にエアコンの類は現時点では難しい…
まあ、今後 未来に向けて新しい情報を集めながら、コンバートに挑戦したいと思っています。
まずは日本EVクラブに入会して、次なる講習を受講しよう・・・




copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved