FC2ブログ
201001<< 12345678910111213141516171819202122232425262728>>201003
22222クイズの正解
いや~ビックリするぐらい多くの方からの回答、本当に有難うございます。
多くの方々が見てくれているんだな…と改めて実感いたしました。

さて、それでは、クイズの正解です!
正解は「96年モデル940クラシックの助手席脇に落ちていた、マルボロブラックメンソール 新品1本です!」
正解者は無し!
…って言ったら怒られるでしょうね~


頂いたコメントをいくつか掲載させていただきます。

「いつも楽しみに拝見しております。クイズの答え「イモビライザーのチップ」 よろしくお願い致します。」

「イモビのチップかな?と思いましたが、96年ごろからバンコクで流行った合法ドラッグでしょうか?」

「最近の車には乗っていないので、ギブアップに近い回答ですが「電動格納ミラー」のどこかの部品でしょうか? ついていないから、なんだか解りません(T-T) 細かい部品なので、老眼が進みつつある眼が更に複雑に考えているだけでしょうか…」

「質問の答えですが、拡大すると フィリップ社のマークらしきものが見えますので、電子パーツと考えました。 この大きさからすると、リモコンキーの発信部分といった答えになりました」

「盗難防止装置のひとつであるイモビライザーのICチップで、鍵の持手部分に入っている部品です。(何だかさっぱりわからないものだったので、写真の部品に印刷されている記号で検索してしまいました。完全なカンニングです。)」

「ん~なんだろう?240乗りには無縁のオートエアコン温度検出センサーかな?あ、オレが落っことしたチェルシーだ?!」

「面目に答えても良いんですかね!? イモビライザーのチップ!! 何も面白いこと出来ませんがスミマシェ~ン。」

「ヒント出し過ぎデス…☆ イモビライザーキーに埋め込まれたチップですね。」



他多数のご回答有難うございます。ここまで読めばお解かりのように、正解はイモビライザーのチップ(鍵の中に内蔵されている)です!
今時のクルマは軽自動車でも標準装備のイモビライザーですが、ボルボは96年あたりから装着されました。
イモビライザーとは盗難防止システムの一つで、鍵の中に埋め込まれたチップがクルマとマッチングしないとエンジンが掛からない仕組みとなっています。(初爆はあるのですが始動継続しません)
だから鍵だけ合鍵を作っても、エンジンが始動できないで盗難されないと言うシステムですね。
ちなみにイモビが付いていると保険が安くなったりするんですよ!
ただ困ったことに、初期の頃はイモビの不良によるエンジン始動不良なんて話も有りました。(スペアーキーだとエンジンが掛かる)

ん~非常に難しいクイズだった筈なのに、非常に正解率が高い…多分70%近くの正解率ではないでしょうか…
ヒントを出しすぎたのと、マクロで写真を撮ったので、ICチップの部品番号が読み取れたのが敗因ですね!笑

さて、数ある正解の中で、今回プレゼントを当選されたのは、以下のコメントを頂いた「flip2222 さん」に決定!
ちなみに回答内容をご紹介すると!
「Immobilizer
イモビライザー、専用キーに埋め込まれたトランスポンダと呼ばれる電子チップですが、このチップは、キーから取り出す時に取り出す時に一緒に削った??
チップの隣に有る白くて長いのは、私の964には標準装備じゃないから解りません。」


そうなんです。ご指摘のとおり、チップを取り出す際に、僅かに破損しているんですね~
それを見逃さなかったflip2222 さん脱帽ですm(__)m
更にタバコの件も触れてくれたのはflip2222 さんだけでした。
flip2222 さん、メールにてご連絡先をお知らせください。
プレゼントの商品をお送りします!


それでは、次回クイズもお楽しみに

22222
今日は22年2月22日で2が5つ並んだ日ですね。
JR各社は記念切符などを発行していたらしいですね~
当社は、HPのマイナーチェンジをいたしました。笑
さて、当社も2ND MOTORSの2にちなんで、今日は久しぶりのクイズです!(何のこっちゃ?)


今回の問題は、22222記念としまして、豪華な賞品をご用意いたしました?
但し、問題も難しいですよ~
うちのスタッフもしばらく判らなかったぐらいなマニアックな問題です。

問題  写真の部品は、ボルボに使われている部品ですが、何のための部品でしょうか?

22222クイズ


ヒント1 95年までは使っていません!
ヒント2 今時のクルマは標準で付いています…

さあ、判った方は、コメント欄に是非コメントください!
(これが簡単にわかったら人は本当に凄いです。ん~でもヒント出しすぎか…)
正解や面白かったコメントは随時公表させていただきます。
もちろんウケ狙いもOKです。


正解者、もしくは面白い回答の方の中から1名様に
ボルボプレミアムオイル5L、オイルフィルター、ドレンPKのオイルセットをプレゼント(定価にして1万円以上ですよ~)
正解の発表は24日の夜です!

                       
                      

ボルボの専門店 VOLVOの事ならお任せください。
75年 244 再生計画
永い事在庫になっていた、75年の244GLですが、嫁ぎ先がやっと決まりました。
行き遅れた娘を嫁に出すようで、嬉しくもあり、寂しくもあり、複雑な心境です。笑
でも、次のオーナーさんは大事にしてくれそうですので、頑張ってメンテナンスして出さないと!

永い事、動いていなかったクルマは、普通の中古車とは違うメンテナンスメニューとなることが多々あります。
ましてや、35年前のクルマですので、再生作業に近い物があります。笑
まずはブレーキから始めますが、チョコチョコ動いていた車と違って、キャリパーの固着等が心配になります。
チェックすると、やはり幾つかのキャリパーピストンがスムーズに動いていません。
とりあえず、ばらしてOHチェックです。フロントは何とかなりそうですが、リヤは高年式のキャリパーに変更かな…
古い240はBrのキャリパーに幾つかの種類があって複雑です。又、35年間の間に、他のものに付け替えられている可能性もあるので、十分にチェックしてから部品を手配します。
このクルマは、前後ともガーリング製のキャリパーでした。
古い240はフロントディスクもソリッド(1枚板)です。(珍しいでしょ!)

P1010439.jpg

P1010438.jpg



                               ボルボの専門店 VOLVOの事ならお任せください!
バレンタインディー
昨日は、誰が決めたかバレンタインディーでしたね…
この年になるとチョコなんて、女房と子供にしかもらえません。笑
まあ、それでも貰えるだけマシか~
かみさん、姪っ子、息子のガールフレンド?X2で今年は4個のチョコGET!
若かりし頃は喰いきれないほどのチョコ貰ったんだけどな~大笑

奥様から頂いたチョコはこちら!
バレンタインディー
気がきいてるでしょ!スパナ型のチョコです。笑


さて、ここで1つお知らせですが、当社の代車に忘れ物が1つ有りました!
直前にお貸しした方の物では無かったので、持ち主が不明です。
大事なガラガラで、探しているといけないので、掲載しておきます。
ガラガラも寂しそうな顔で代車に置いて有りました。笑
お心辺りのある方は。ご連絡ください!
P1010433.jpg




今日はまったくボルボに関係ない話でごめんなさいm(__)m

FFのミッション
先日もお伝えしたFFのミッション交換です。
今回は、販売用車両のボルボ XC70のミッションを交換しました。
症状は、冷間時、通常通り走行可能ですが、温まるとシフトUP、DOWN時にショックが大きく又変速タイミングの不良も感じられました。
ATソフトの書き換えやバルブボディーの交換等も検討しましたが、結局その作業をしても治らないケースが多いとの事でASSY交換となりました。走行距離は7万kmです。
FRのミッションとちがって、FFのミッションは10万kmも走っていないのに駄目になることがあるので困ります。

FFのミッション交換は、幾つかのやり方があります。
ボルボがFFを始めたばかりの92年、93年頃は、エンジンATが載った状態で、クロスメンバーごと降ろしていましたが、(ウマにメンバーを乗せて、ボディーをリフトUPしていた)何時の日か、エンジンハンガーでエンジンを吊って半降ろしにして、ミッションだけをとるスタイルに変わってきました。
私的には、腰履きのズボンをはいているようで気持ちが悪いです。(意味がわからない)笑

FFの厄介な所は、ドライブシャフトもあります。
駆動している部分が前輪ですから、左右にハンドルを切ることで、ドライブシャフトは回転しながら角度を変えなくてはいけません。
そのために特殊なジョイントを使用していますが、そのジョイントを覆っているのがドライブシャフトブーツです。
ボルボに限らずFFの車は、ここがよく切れる!
これを交換するためにシャフトを抜くのが厄介。
ブーツ内は、グリースでニュチョニュチョしているため、手が汚れます。笑
(国産車は、シャフトを抜かないでも交換できるブーツがアフターマーケットであります。ボルボは専用の物はありませんが、一部の車種で国産流用可能な物があります。但しあまりお勧めしません)

今回は、ミッション降ろしたついでに切れいていたブーツも交換しました。
XC70はFF系の4WDですので、デフが付いているのも厄介ですね。
まあ、なんにせよFRのミッションと比べるとFFのミッション交換は倍疲れるって訳ですね!
当社FF担当メカニックのH君も私に近い年齢なんで、疲れておりました…ご苦労様です。

P1010421.jpg



XC70
今日は、H君がXC70のミッションと格闘しています。
FRのボルボと違って、FFのミッション降ろしは大変…しかもAWDともなると尚、面倒です…苦笑
ミッション交換の模様は又、後日詳しくUPします~

尚、明日2/11は祭日のためお休みとなりますので、ご了承くださいm(__)m

   
P1010417.jpg





                              ボルボの専門店 VOLVOの事ならお任せください!
最近の軽自動車
先日、うちの奥様が車を買い替えました。
ボルボ屋オヤジの奥様の愛車はボルボ…ではなく軽自動車です。笑
まあ、本来なら240のセダンにでも乗ってもらいたいのですが、いかんせん運転に自信が無い様で、大きい車を好みません。
こればっかりは、運転のセンスもあるんで、無理強いは出来ません。
しかし、最近の軽自動車凄いですね…
キーレス、イモビはもちろん、パワースライドドアや電動格納ミラー、オートエアコンにリヤヒーター、WエアバックにABSと、とても豪華です。更に燃費も良いんだからかなわない!笑
確かにこれでは、世の奥様方は軽自動車に乗りたがるわけですね…

ただ確かに道具としては素晴らしいけど、車としての魅了を感じないのは私だけでしょうか?
男たる物、機能や燃費等を度外視してでもグッとくる車に乗りたいもの!
私はそう信じて、男らしい車をお客様にお勧めいたします。




                          

…でも2台もてるなら奥様にセカンドカーとしての軽はベストな選択だとは思います…ボルボが壊れたときも重宝しますしね!苦笑

タペット
いや~今日は寒いですね…風が殺人的な冷たさです。モモヒキ履いちゃってます。笑

さて、ボルボの240や940のB230エンジンで、タペット音が大きくて困っている方に朗報です!
このタペット音は、カムシャフトとタペットの間に出来る隙間が大きくなる事が原因でおきます。
ちなみに冷間時で0.30~0.40温間時で0.35~0.45のクリアランスを必要とします。
古い国産なんかは、ネジ式で調整、今時の車は油圧で自動調整ですが、B230はシムを入れ替えて調整します。
シムは0.05mm刻みで3.30~4.50mmまでメーカーで用意されています。
問題なのは、一番厚い4.50mmを入れてもクリアランスが大きい場合です。
その場合は、カムの交換やタペット、バルブ等の交換など、ヘッドOHとなるケースが想定され、非常にお金がかかるため、打音をさせながらも我慢して乗っており方も、結構いらっしゃいます。
そこで当社では、オリジナルで4.50mmより厚いシムを独自開発しました!
って言っても自社で生産出来る訳ではなく、当社のお客様に精密加工をしている方にご協力を頂き作成した次第です。
このシム500円玉程度の大きさですが、エンジン内部で高温や高圧にさらされます。
また、1/1000の精度が必要となるため、そんじょそこらでは造れないんです。
材質もオリジナルに近い物を調べてもらい、硬度も計測してもらい(HRC60)それを忠実再現させて、4.50mmより厚いシムを製作しました。
本日早速、そのシムを装着しましたが、かなり大きなタペット音がほとんど取れて、非常に良い感じです。
ヘッドOHで何十万もかけずに、修理が出来るようになって本当に当社としても嬉しいです。
あとは、長期的に耐久性を確認したいところですね…
B230のタペット音にお悩みの方は、是非ご相談ください。
ただ、大変申し訳ありませんが、部品だけの販売はしておりませんので、ご了承くださいm(__)m

P1010350.jpg
P1010413.jpg





昨夜、東京には久しぶりの積雪がありました。
まあ、僅か数CMの積雪ですが、相変わらず雪には弱い東京は、朝の交通に障害が出ていたようです。
当社スタッフのH君も電車が遅れて大変そうでした!…。

雪が降って喜ぶのは、犬と子供だけですね~

P1010412.jpg


                            ボルボの専門店 VOLVOの事ならお任せください!
シートのリペア
レザーシートの欠点の一つに傷やシワがつき易いってのがありますよね…
ボルボ240ぐらいだと、シワもご愛嬌的なところもあるのですが、940や850辺りの張りのあるシートだと、なんだかみすぼらしく見える物です。
そんなときに活躍してくれるのが、レザーペイント!
特殊な塗装で、レザーの傷やシワを綺麗にしてくれます。
今回は、お客様のご依頼で、940ターボSEのシートを補修しました。
まずはクリーニングをして、汚れを拭き取り、レザーにトリートメントをかけ柔らかさを出して、傷の部分を補修していきます。傷の浅いシワならかなり見た目綺麗になりますよ!
(ただ、今回のシートはかなり、ひび割れが深かったので、又いずれはクラックが目立つようになるとの事でしたが…)
シートのシワに悩める方は、是非ご相談ください。
ちなみに酷く切れたりしている場合、その部分だけ交換することも可能です。

P1010398.jpg


おお~ブログ書いている間に凄い雪だ…ヤバイ!
急いで外の車のワイパーを上げねば!皆さんもワイパー気をつけてくださいね~
特に940、960、850はアームの付け根の13mmが緩んで雪の日はワイパーが動かなくなるケースがあります!
又、東京の人は雪に慣れていないので、事故にも気をつけましょう!クワバラクワバラ

             
                        ボルボの専門店 VOLVOの事ならお任せください!
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved