FC2ブログ
200904<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200906
バルブ交換 パートⅡ
そうそう、昨日書き忘れましたが、ヘッドライトのバルブを交換するときは、注意が必要です。
ヘッドライトのバルブや、FOGランプのバルブはハロゲン球を使っていますが、ハロゲン球は油分を嫌います。
写真のように、電球部分を素手で触ると油が付着してしまいますので、必ず、ガラス面は触らないように注意してください。
また、どのバルブもそうですが、消灯直後はガラス面がかなりの高温になっています。
消灯直後はやけどの原因となりますので、バルブ交換はしないようにしましょう!

バルブ2


                               ボルボの専門店 ボルボの修理はお任せください。
バルブ交換
久しぶりのDIYシリーズです。
今日は、バルブの交換!
「何だよ、バルブの交換ぐらい簡単だよ!」って方は、飛ばしてください。笑
結構バルブが切れて、ご来店のお客様も多いんですよ。

ボルボのオーナーズマニュアルって結構、丁寧に書かれていて、親切丁寧にバルブ交換やバルブの種類がちゃんと明記されています。
だから、ちゃんとオーナーズマニュアルを読めば、整備が苦手な方もバルブ交換は出来るはずです。
P1010129.jpg

ただ、古いボルボのバルブソケットは、接触不良する事も多いので、
バルブを交換する場合は、写真のようにソケットのツメをおこしてやるとGOODです!
接触不良のバルブは、また、すぐに切れる原因にもなるし、バルブフェラー(断線警告灯)点灯にも繋がります。
写真のバルブはブレーキバルブの断線です。バルブ内が真っ黒なのですぐにわかりますが、真っ黒になってなくても切れている場合もあります。
バルブ切れかどうか判断がつかない場合は左右のバルブを入れ替えてみると良いですよ!
バルブ


バルブ交換だって、りっぱな愛車整備です。
バルブが切れていれば、整備不良でおまわりさんにキップ切られちゃいますので、出かける前に点検して、切れていれば自身で交換してみては如何でしょうか!

                           ボルボの専門店 ビープラス(2ND MOTORS)
スタッフ紹介
最近当店にお越しになられたお客様はお気づきかと思いますが、4月からスタッフが増えました。
以前にも紹介した、H君です。
H君はボルボ暦17年のベテランメカニックです。(ボルボ屋のオヤジは今年でボルボ暦20年)
非常に温厚な性格でいつもニコニコして人柄も完璧です。
年齢はボルボ屋のオヤジより若いのですが、ちょっと老け顔なので、ボルボ屋のオヤジより年上に見えます。笑
彼も根っからのボルボ好きで、某ディーラーに勤務していましたが、ディーラー閉鎖に伴い、当社に就活にきました。
愛車は850です。
しばらくしたらスタッフ紹介に彼のページも作りたいと思いますが、彼も結構アナログ人間なんで、ブログとか書かなそう・・・
おとなしい性格で積極的に自身から声をかけるようなことはないかもしれませんが、ご来店の際は、よろしくお願いいたします。m(__)m
(一番の老け顔がH君です!)

                                   ボルボ専門店 VOLVOのことなら当社にお任せください!
落ち葉
ボルボ940のワイパーアーム付け根のカウルTOPには、スリットの穴にメッシュのネットが貼り付けてあります。

P1010136.jpg
このネットよく脱落してることが多いのですが、放っておくと、写真のようになっちゃいます。
P1010135.jpg

写真は、ACのブロアモーターを取り外したところですが、中に落ち葉がいっぱい!笑
ACやヒーターをつけると、カサカサとかブーンとか言います。
(ちなみにボルボ240の同じような音は、この症状には当てはまりません。240の場合は、大抵、ブロアモーターの不良です))
駐車場の場所が木の下で、メッシュが脱落していたら要注意です。

                        
                                ボルボの専門店 ビープラス 2ND MOTORS
今週お預かりのボルボ144と245ですが、ウインドウレギュレーターの同じ場所が壊れていました。
144の方は、さすがに部品の入手も困難なので、溶接で修理します。(240も溶接修理しましたが)
144は、手動ウインドウで240はパワーウインドウですが、同じ場所が剥離しています。
良くある故障という訳ではありませんが、何度か見かけた事があります。
ただ、厄介なのがここの溶接です。
溶接箇所の近い場所でガラスが固定されているうえに、ゴムパッキンではさまれているので、大きな熱を加えることが出来ません。溶接するにもすばやい作業が必要です。
更に厄介なのがその素材です。純粋な鉄でなく亜鉛合金のため混ざり物が多く、母材が上手く溶け込みません。
溶接好きな私でも、この条件下では綺麗に溶接とはいきませんが、何とか接合させて修理完了です。
見た目はイマイチですが、接合は問題ないので良しとします。(元々見える場所ではないのですが)
ASSY交換すれば高い部品ですからね・・・
(1枚目がボルボ 240 2枚目がボルボ 144 両方とも作業前の写真 )

P1010126.jpg
P1010127.jpg
今日は240のキャリパー
この間はボルボ940のブレーキキャリパー、今日はボルボ240のブレーキキャリパーやってます!笑

940は、比較的新しいので、いいのですが、さすがに240のOHは気を使います。
この車もブレーキパッドの着脱で漏れを発見!急遽OHとなりましたが、何しろブレーキホースはヤバイし、ブレーキのブリーダーもドキドキもんです。
ブリーダーは特に折れると最悪・・・抜くのが非常に困難なんで、ASSY交換になっちゃったりします。
あと、940は1ピストンで左右やっても2個のピストンOHですが、240は4個のピストン使ってるので、左右で8個と、チト面倒です。
古くなってきた車は、しょうがないですが、ねじ1本で、ハマることがあるので気を使います・・・

P1010125.jpg


             ボルボの専門店 VOLVOの事ならお任せください!
季節の修理
今日、沖縄地方は入梅だそうですね。平年より10日ほど遅いそうです。
今年は全国的に入梅も遅そうですね~
ただ例年思うのですが、だんだん夏が前倒しで来るような気がしませんか?
6月7月がメチャクチャ熱くて、8月のお盆の頃には、なんだか涼しげな感じが・・・
頑張って暑い中仕事したのに、お盆休みで涼しいとチョットショックですよね~

さて、暑くなってくると、季節の修理が増えますね。
ACの修理は、まさにスタートしたって感じの2nd motorsです。笑
ACの修理にも色々ありますが、ボルボの940で、アクセルを踏み込むと風が出てこなくなるってのが
写真のダイヤフラムの不具合です。
バキューム(負圧)で動作するゴム風船みたいなものですが、ここに穴が開いて上手く作動しないんですね~
厄介なことにこのダイヤフラム、ACユニット内部から留まっているので、交換がメチャクチャ大変です。
ダッシュ(デフロスター)と足元の切り替えダイヤフラムが一番確立が高く逝かれますが、
このダイヤフラムだけは、ユニットをばらさないでもなんとか交換できます。
・・・まあそれも結構大変な作業ですけどね・・・
さらにそれよりも効率よく治すインチキ方法もあるのですが、それはここでは書けません!
あまりにインチキなんで!笑

                                      P1010119.jpg



                            
ボルボの専門店 VOLVOの事ならお任せください!
運動会
息子の運動会がまじかに迫っているため、息子の50M走の練習を工場前で始めました。笑
メジャーで50Mはかり、ストップウォッチで計測します。
40超えたオヤジもどれぐらいで走れるのか、計測したところ9.4秒!
ん~8秒台は出るかと思ったのですが・・・ちなみに30代前半のM君は7.8秒・・・ん~若さには勝てないのか!
2本全力で50M走ったら、足がもつれそうです・・・苦笑
私も息子と一緒に練習して、せめて8秒前半ぐらいまで頑張るぞ~

皆さんもたまに計測してみると面白いですよ!
ただ、学生の気分で走ると、体がついてこなくて、怪我するのでお気をつけて!


                            ボルボの専門店  VOLVOのことならお任せください!
BrキャリパーOH
私が、まだ新人でボルボカーズのメカニックだった頃、毎日車検作業をして、仕事を覚えた経験があります。
当時、240の車検といえば、BrキャリパーのOHは必須で、ハブベアリングのOHなど共に、毎日のように手を真っ黒にしてやった覚えがあります。

最近では、98年の940でさえ、11年が経過してきていますので、さすがにBrキャリパーのOHも増えてきました。
ゴムの品質が向上しているので、昔ほど漏れたりしている事はありませんが、さすがにダストブーツに穴が開いている物も増えてきましたね。
ダストブーツに穴が開いていると、そこからゴミや水が入り込み、ピストンやシリンダーを痛め、片べりや固着の原因となります。
すぐに、どうのこうのなる部分ではないので、見過ごしやすい部分ではありますが、パッド交換の時などはチェックすることをお勧めします。

P1010117.jpg


                            ボルボ専門店 VOLVOのことならお任せください!
240のスタビリンク
GW前の整備ネタだったのですが、書くの忘れてました。笑

ボルボ240の足回りから異音で入庫のお車ですが、拝見するとスタビのリンクが「ポッキリ」折れていました。
以前にも2台ぐらい「ポッキリ」折れてる車を拝見しましたが、不思議な折れ方です。
金属疲労だと思いますが、ゴムブッシュである程度は力も逃げる筈なんですが、「ポッキリ」折れるんです。
ここが、折れるとリンクが暴れて色々な部分にあたり、大きな異音をたてます。
最悪ブレーキホースを切ってしまう可能性もありますので、いつに無く足回りから大きな音がしていたら、点検することをお勧めいたします。


P1010087.jpg


                         ボルボの専門店 WE LOVE VOLVO!
NEW エントリー!
久しぶりに、中古車をUPしました!

当社としては珍しいFFのC70 カブリオレが1台
超希少、低走行、ワンオーナー、98年最終の940クラシックが1台です!

今後はFFも始めるとインフォメーションいたしましたが、その第一弾がC70カブリオレです。
(嘘、偶然下取りに入ってきただけ・・・笑)
これからの季節には非常にカブリオレいいですよね~
C70のカブリオレは、非常にエレガントな1台だと思います。
ソフトTOPなのもカブリオレ感が出ていていいですよね~
現行のカブリオレはメタルTOPで確かに、機能面では優れているのかもしれませんが、カブリオレ感がないのがイマイチに思えてしまうんですよね・・・

940の98年クラシックも凄いですよ!ワンオーナーで低走行と言う事なしの1台です。ボルボtoボルボの買い替えや程度の良い940をお探しの方には、絶対お勧めの1台です。

ご興味ある方は、覗いていってください。
VOLVO中古車 NEW エントリー
GW
GWも明けて、本日からボルボ屋も営業です!
GWは皆さんどのように過ごされましたか?
海外?国内旅行?自宅静養?

私は、GW前半に20年ぶりにコンサートに行き、年甲斐も無くノリノリでストレスを発散させてまいりました。
そうしたら、そのコンサートスタッフの方が、ボルボの整備でご来店になりビックリ!
(GW前から整備でお預かりしていたのですが、引き取り時にお仕事の話から判明!)
整備完了で引き取ったその足で地方公演に向かって、ボルボで出発されました!
無事にコンサートが成功することを祈っております!

後半は、海へ山へとアウトドアを堪能し地の美味い物を満喫させていただきました。
釣りは千葉内房でキス釣り、まずまずの釣果で非常に楽しかったです。
山では、作りかけのツリーハウスを息子や姪っ子達と一緒に作業して汗を流しました。
後半2日間雨だったのが悔やまれますが、自然が相手ですからしょうがないですね・・・

また、次の休みに向けてお仕事頑張ります!

                                   


                                  ボルボの専門店 LET’S ENJOY VOLVO LIFE!
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved