FC2ブログ
240ワイパーモーター
先日、業者さんに頼まれて、240のワイパーモーターのOHをしました。ボルボ240右ハンドル用ワイパーモーターは、部品だけで6万弱します。スゲー高いですよね~、海外の安い部品が使えればいいのですが、右ハンドルと左ハンドルの壁があって使えません。OHに関してですが、もちろん全ての不具合がOHで治る訳ではありませんが、今回の故障はOHで解決できました。内容は企業秘密です!笑 写真は、ばらしたモーターです。(見る人が見れば不具合も一目瞭然なんですが・・・)

20060731222540.jpg

リベンジ!
昨日の報われない仕事を今日はリベンジです。(-_-メ) 昨晩、寝ながら、シュミレーションをして、冷静にどうすれば外せるか考えました。まあ、大抵冷静になって考えた方が良いアイデアが浮かぶもんです。今日は、工場は休みですが、朝一でシュミレーションどおりに行動です。ん~見事に30分で任務完了(^.^) この瞬間は嬉しいもんです。登山家が苦難の末に登頂成功した感覚でしょうか!笑
報われない・・・
今日は、午前中から、報われない仕事がたて続きとても疲れました。6304のエンジンパーツを外そうとしていたのですが、ネジがなめていて、ニッチモサッチモいきません。元々工具の入りにくい所な上に、イジリ止めのトルクスでとまっています。トルクスがなめてると最悪です。ありとあらゆる工具と知識で、汗だくになりながら格闘しましたが、今日は諦めました・・・午後から、来店のお客様も多かったので、ほったらかしましたが、気になるんですよね~こーゆーの・・・多分、今日は夢の中でも格闘するようでしょう(T_T)
早いもので・・・
早いもので、もう7月も終わりですね・・・忙しくて、怒涛のように1ヶ月が過ぎました。お盆まで、あと2週間、更なるピークが続きます。今日はネタに薄い1日でした。笑 m(__)m
キャリパー
先日、書き込んだボルボ240のリヤブレーキキャリパーの部品が来たので、早速ASSYで交換しました。外した古いキャリパーはEXCH(エクスチェンジ)なので、ボルボに返さなくてはいけませんが、その前に、ばらして確認です。ところが、固着しているピストン(IN側)はエアーで吹いても、プライヤーで縮めても、ピクリとも動きません。笑 OUT側はすんなり外れましたので、点検しましたがこれと言って異常は見受けられませんでした。ピストンのムシ喰いも無く、シール、ブーツ共に問題無しです。IN側はゴミや錆によってロックしたのでしょう・・・元々、キャリパーとピストンは非常に精度の高い隙間で出来ていますので、シールを外した状態でも、上手く真直ぐに挿入しないと、すんなり入らない構造です。
このようピストンが固着した場合は、ブレーキの制動力不足や片利き、異音、パッドの扁磨耗等が起こります。又、当たり前ですが、新しいブレーキパッドに交換できません。昔は、OHの方が、絶対安かったのですが、今ではASSYの値段が下がったので、ASSYが絶対お徳です。

20060727215347.jpg

謎なおじいちゃんとカッコ良いおじいちゃん
ボルボには全然関係ありませんが、今日は印象に残る2人のお年寄りに出会いました。

1人目は謎のおじいちゃんです。お昼頃突然来店されたおじいちゃんで、ステッキ(杖)をつきながら、大きなカバンを持ってフラフラと現れました。車で来た感じではありません。「何かご入用でしょうか?」と尋ねると、「いやこれを見てもらえば判る」と言って、ごそごそカバンの中から、ポータブルDVDデッキやファイルをいくつも出し始めました。そして、おもむろに「私は、ボルボから車との付き合いが始まりました」とか「アグリ(どうも鈴木アグリらしい)は、元うちの社員だ」とか言って写真を出し始めました。しまいには「DVDデッキの電源を貸してくれ!」と・・・「いや、用件はなんですか?」と再度聞くと、「燃費がよくなる○X△@*?〓・・・」と話初めて、初めて「営業」なんだ~と判ってビックリしました。丁度、その時、お約束のお客様が来たので、「営業」は丁重にお断りしたのですが、DVDやらファイルやら広げたお店を片付けるのも大変そうだし、大きなバックを持って歩く足元もおぼつかないし、「大丈夫かな~」と心配になってしまいました。笑 かなりの年配(70代中半ぐらいかな?)で、ムゲに断れないし、おじいちゃんには失礼かもしれませんが、「これは新手の営業だな~」と今思い出しても笑みが出ます。
もう1人のおじいちゃんは、格好良いおじいちゃんでした。陸事の帰り道ですが、反対車線に60年後半~70年代前半ぐらいのの古いモスグリーンのランドローバーが信号待ちしていました。いい感じでヤレていて、でもキッチリメンテナンスしてそうな臭いを感じます。もちろんACなんて無いでしょうから窓を全開であけていますが、乗っているのは、かなり年配のおじいちゃんでした。おじいちゃんは、凄く涼しげで、「あち~」ってな顔色ではありません。しかもオシャレなパイプをふかしています。いや~メチャカッコイイ~あんな風に歳を取れたら最高です。

今日はボルボネタでもないのに、長文になっちゃいましたね。笑
ん~参った・・・
240の3層コア増ラジエターですが、メーカーの在庫が欠品となりました・・・あちゃ~一番使う時期なだけに痛手です。何でも、海外で銅が品薄のようで生産が追いつかないとの事です。
キャリパーOH
昨日、車検でお預かりしたボルボ240ですが、ブレーキの異音をお客様が訴えていましたので、拝見すると左リヤブレーキキャリパーのIN側ピストンが固着していました。ブレーキパッドを外した状態で、ブレーキを踏んでもピストンスプレッダーで縮めてもピストンが「ピクリ」とも動きません。OHが必要と判断して、部品を調べていると、OHキットやピストンを単品で購入してOHするよりも、EXCHでASSY交換したほうが安い事に気が付きました。(しかもピストンは日本に部品が無かった・・・)昔はキャリパーASSYがもっと高い気がしたのですが、随分と安くなったな~と思った次第です。私がボルボカーズで現役メカニックの頃は、よくキャリパーのOHやったもんですが、ココのところやらなくなりましたね・・・ 後日、部品が入荷して実際の作業をしたときに、古いキャリパーをばらしてみて、レポートをしたいと思います。

全然、別件ですが、2週間ぐらい前に、キャリパーのOHの部品値段を電話で問い合わせいただいた方がいましたが、あやふやな記憶で、いい加減な回答をしたような気がします。現在、純正パーツの金額が随分安くなっていましたので、もしこのブログを見ていたら連絡くださいm(__)m
花火
今日は調布の花火大会です。行事は夏っぽくなってきましたが、なんだか天気はイマイチですね。もう、夏が終わってしまったような風が吹いています。暑いのも嫌ですが、クレーの空ばかりでは、寂しいですね。
車検証入れ
ボルボの古い車検証入れって、周りの黒いレザー(レザー風)が、ボロボロになってくるんですよね~しかもベタベタしてきて・・・特に80年代後半の物が一番酷いです。明日納車の車が。88年なんですが、あまりにもボロボロでみすぼらしいので、どうしようかと考えていたら、絨毯掃除の「コロコロ」が目にとまりました。おっこれは、一つ試してみるか~とコロコロしてみると、ボロボロだった革が綺麗に剥がれました。笑 まあ、本当は別の物に替えればいいのですが、やはりオリジナルが良いとも思うので・・・あっ革を剥いだら、もうオリジナルじゃないか!爆 まあ、どうでも良いネタでした。ちなみに右がボロボロ車検証入れ、左が「コロコロ」仕様です。

20060722203516.jpg

245LHDデモカーUP!
春から作っていた。245LHDのデモカーをHPにUPしました。アーリースタイルの丸目スワップやアーリーテール変更などカスタムを施して有ります。デモカーとは言っても販売するつもりですので、興味のある方は、お問い合わせください。使用前、使用後でこれだけ雰囲気が変わりますよ~(当社HPのストックリスト、下の方に掲載)
ACモーターついでに
昨日240の電動ファンモーターの話をした流れで、今日は940のブロアファンのお話し!
ブロアファンって言うのは、まあ、「扇風機」の事で、室内の風量を作っている物ですね。写真は940の物ですが、洗濯機のドラム見たいのがグルグル廻って風を作り出します。940等で、周り始めに「カサカサ」言ったりするのは、ココに落ち葉なんかが当っていたりします。後、除湿の水の排出が悪かったり、外部からの水が入ってきたりすると本当に洗濯機のようになっちゃいます。笑 このモーター、結構焼きつきます。焼きつくと部品代が6万弱かかります。高いです・・・ちなみに、オートエアコンは、ブロアモーターに不具合が出るとコンプレッサーにも電源が行かなくなり、エアコンSWを点滅させてユーザーに知らせます。そうなった場合は、SWをある方法で動かしてやると故障診断が出来ます。詳細は、企業秘密です。笑 
写真のブロアモーターもご臨終ですm(__)m


20060720215935.jpg

240電動FAN
240で最近多いのが、電動ファンの不具合です。走っているとAC効くんだけど、止まっていると暑い~なんてのは、大体、電動FANが廻っていない事が多いです。電動ファンのコントロールは年式によって様ざまですが、コントロール系がいかれた場合は、新たにリレーを新設してやるのが一番手っ取り早いです。コントロール系がいかれたかどうかの判断は、ファンに直接電気を流して、廻ればコントロール系の不具合です。もし直接廻しても廻らない場合は、FANモーターの不具合でしょう。
今日、お客様の電動ファンを点検していたら、こんな事がありました。ファンを直接バッテリーに繋いでやると、勢いよく廻ります。モーターは大丈夫と思い、新設のリレーをつけようかと思った瞬間、モーターも焼きつきました。(T_T)永い事廻っていなかったモーターは、老体にムチ打ったんでしょうか・・・結局ファンとレジスターを交換する事になりそうです。
久し振りのお休み
この週末は、久し振りにお休みをいただきました。m(__)m 忙しいこの時期のお休みは、体より心をリフレッシュさせます。笑 
さて、そんなお休み中の話で恐縮ですが、日曜日は社内行事で、横浜の花火大会を見に行きました。スタッフとその家族みんなで、屋形船に乗って花火見物です。以前、ボルボカーズに居る時も、屋形船に乗った事があったのですが、その時と1つだけ違う事がありました。今回は凄かったんです。何が凄いって「揺れ」です「揺れ!」 この夏、初の関東の大型花火大会とあって、横浜港の中は、漁船やプレジャーボート、ヨットにクルーザー、屋形船が所狭しと移動していて、その波で船が揺れる揺れる!隣りの船とぶつからないのかと思うほどの船の量です。波も半端じゃなく、船の中に居た、お客さんの半分が船酔いでグロッキーしていました。私は始めは大丈夫でしたが、次第に「ゲップ」が・・・笑 まあ、吐くまでにはなりませんでしたが、とても天ぷらを頂くほどの食欲は湧いてきませんでした。スタッフのN君、M君、経理部長の3人は波に酔う前に酒に酔ってしまったので、船酔いをものともせずに、「バクバク」飯を喰うわ、「ぐびぐび」ビール飲むわで凄かったです。笑 奥様連中はグロッキーで、脂汗をかきながら、冷ややかにその光景を見ておりました。花火は非常に綺麗でしたが、それ以上に船の揺れが印象に残る、思い出深い初夏の一夜となりました。笑
940ポラール
来週辺り、何台か940系が入荷します。
1台は940のポラールの6.5万km、色は赤です。940のポラールは、非常に質素なつくりですが、質実剛健とはまさにこの車の事だと私は、よく思ったりします。装備が質素という事は、言い換えれば壊れるところが少ないという事です。買ってから、お金が掛かるのは嫌だ~って人にはお奨めです。HPに近日中にUPしますので、お楽しみに~

今日は、営業ブログでしたm(__)m あっ、あとお知らせついでですが、明日と明後日(16日、17日)はお店がお休みとなりますのでご了承ください。

20060715200510.jpg

タイベルブッチ!
先週レッカーで運ばれてきた一般のお客様のお車ですが、拝見するとタイミングベルトがちぎれていました。通常バッテリーが元気な車だと「キュンキュンキュンキュン」と通常の回転より早くクランキングするので、すぐ判るのですが、この車はバッテリーが既に弱っていて、レッカーから降ろした時点では、判りませんでした。「タコメーターも動いていなし、クランク角センサーかな?」と思っていたら、タイミングベルトでした。しかも先日ネタにした、イチゴシェイクもこの車です。見積もりをして、作業をすることになりましたが、作業していると不思議な事が・・・実は、B230には2種類のタイミングベルトが使われています。長さや取り回しはまったく同じですが、ベルトの掛かっているプーリーのギヤの形に違いがあります。歯が、四角いタイプと丸いタイプです。この車は年式的にも丸いタイプなのですが、四角いタイプのタイミングベルトが装着されています。まあ、交換してからかなりの距離も時間も経っているので、それが原因で切れたわけでは無いとは思うのですが・・・

20060714211753.jpg

熱中症
今日、一日中炎天下の中にいたら、熱中症になってしまいました。(T_T) 初めは「大丈夫、大丈夫」と思っていたものの、だんだんクラクラ気分が悪くなってきて、水分を補給しても体の熱が抜けなく、気が付くと、暑い筈なのに鳥肌が立っていて、体が思うように動かなくなっていました。夕方休憩をして、だいぶ良くなりましたが、皆さんも気をつけてください。
イチゴシェイク
写真は、イチゴシェイクです・・・いやいや違った、ラジエターが逝って、ATFのLLCが混ざった状態です。こうなると、ATもおしまいです。ATFオイル交換、洗浄で一時的には良くなる場合もありますが、いずれAT内部で悪さをはじめます。ラジエターのUPホースの折れは、可愛い物で、内部の損傷が一番怖いです。10万KMオーバーでまだ、1度もラジエターを交換していない場合は、出来れば一度交換したほうが良いでしょう・・・外傷性のLLC漏れは、発見しやすいですが、この状態は、自覚症状が無いので、最悪です。皆さんもお気をつけて!


20060712202030.jpg

仕事が終わらない~
この時間で今だ仕事中~ゴメンなさいm(__)m今日のブログは、お休みです。明日も1日留守にするので、書き込めないかも知れません。重ね重ねm(__)m
やけど
昨日、作業中にうっかり火傷をしてしまいました。右手の中指なんですが、非常に痛くて、すぐに水ぶくれになりました。指の腹に爪ぐらいの水ぶくれです。まあ、支障は無いだろうと思っていたのですが、右手の中指って結構使うんですね。まず、キーボードが打ちにくいです。あと、電卓・・・。笑 整備していてもネジが上手く廻せません。困ったものです。・・・どうでも良いネタでした!
B280F
久し振りにB280をいじりました。B280Fは、760や780に搭載されていた、V6 2800ccで PRVエンジンです。PRVエンジンとは、プジョー、ルノー、ボルボで開発したエンジンで、古くはB27と言って、私の262Cにも積んでいるエンジンです。正直言って、このエンジン「駄作」です。笑 非常にメカニック泣かせのエンジンで、若い頃からあまり良い印象がありません。私の印象はともかく、フィーリングで言えば、非常にトルクフルなエンジンです。軽快感は乏しいですが、力強く粘りはあります。常にボルボの最高級フラッグシップに搭載されてきましたが、92年にポルシェ開発エンジンの6304にその地位を引き継ぎました。当時から最高級グレードにしか搭載されていませんから、数も非常に少なく、最終モデルから起算しても14~15年経っていますので、最近ではめっきりこのB280エンジン自体いじる事が少なくなっています。(自分の車は別として・・・)ところが、ココのところ、立て続けにこのB280の修理依頼が多く、苦戦しております。笑 来週もヘビーなB280の整備が待っています・・・
ATのオイル漏れ Ⅱ
さてさて、昨日の続きです。
古いタイプのATのリヤシールからの漏れは、ちょっと厄介です。それは費用との兼ね合いで、判断に困るからです。ATのリヤシールからの漏れの大半は、単純にシールが悪くなるわけでありません。その奥にあるブッシュがへたる事によって、プロペラシャフトが連結しているフランジにガタが出て、シールを傷めるのです。ですから、根本的解決をするには、ブッシュ交換、シール交換をしなくてはいけません。又、ブッシュの磨り減りだけでなく、フランジも痩せますので、最悪の場合は、フランジも交換です。そこまでやると非常に高い費用が掛かります。例えば、17~18万kmぐらいの240で、今までに一度もミッションを交換した事が無い車の場合、リヤシールから漏れに高い修理費用をかけても、その後、別の問題でミッション自体が滑って駄目になる可能性も考えられます。すると先にやったリヤシールの修理が、非常に無駄な修理になってしまいます。かといって、ジャジャ漏れだとプロペラシャフトの遠心力で、更にジャジャ漏れになり、オイルが減る事によって、ミッションを傷める可能性もあるのです。ミッションを新い物にASSY交換した場合は、リヤのシールやブッシュの辺りが新型の物に変わってきます(一部古いのは違いますが・・・)ベアリングが内蔵されていて、ガタが出にくく、シールがほとんど傷まない優れものです。かなり距離の走ったミッションなら、ASSY交換することで、キックダウンケーブルやオーバードライブソレノイドも新品がついてきますので、単品でちまちま修理費用がをかけるよりは、ASSY交換を勧める事もあります。
写真は、ATのリヤハウジングを外して、ブッシュをプレスにて打ち替えている所です。この車は、酷い漏れでなく、ブッシュの磨り減りも少なかったので、ブッシュ交換、シール交換をしてオイル漏れを止めました。
ATのオイル漏れ修理は、判断が肝心ですね!

20060707201826.jpg

ATのオイル漏れ
たまには、整備日記を書かないと怒られそうなので、今日は整備日記を・・・笑
FRのボルボはAW(アイシン)製のAW70やAW71等のミッションを使っています。(古い物はBWやZF等ありますが)AW70や71等は機械式のミッションで、今時の電子制御ミッションではないので、比較的壊れる個所も限定されます。もちろん内部に不具合がおきれば、ASSY交換なんですが、メカニックレベルで直せる範囲だと、オイル漏れやODソレノイド不良、キックダウンケーブル不良等でしょうか・・・オイル漏れには大きく3つのセクションがあり、フロントのオイルポンプやインプットシャフトシールからの漏れ、オイルパンやオイルクーラーパイプからの漏れ、リヤシールからの漏れ等があります。フロント周りからの漏れは、ミッションを降ろして修理する必要がありますが、コスト面を考えれば、よっぽど酷い漏れ以外は我慢したほうが良いです。最近私もこの作業をした覚えはありません・・・オイルパンの漏れは、ガスケットを交換することで治りますが、しばらくすると又漏れてきます。笑 交換時に注意するのは、オイルスティックチューブを外さない事です。オイルパンにネジ止めされているオイルスティックチューブは、外した途端、ねじ山がなめる事が多く、次に締め付けをしても、上手く締め付けられない事や絞まりきらないことが原因のオイル漏れを起こす可能性があるからです。出来ればスターターと共締めの部分を外して、浮かすだけで交換したほうが良いでしょう。そうしないとチューブを新品に交換する羽目になります。(ちなみにASSY交換の時は、チューブも交換するのがベスト)
ココで本題のATリヤシールとブッシュの話をしようと思ったのですが、ここにくるまでに既に長文となったので、この続きは明日にしようと思います。
引っ張ってゴメンなさいm(__)m
別れ
昨夜は、先日亡くなった友人に最後の別れをしてきました。祭壇の前に立った瞬間、こみ上げる涙を我慢する事ができませんでした・・・色々な思い出を遅くまで昔の仲間と語ったのち、深夜に帰宅してブログを書こうとPCの前に座ったものの、昨夜は何も書き込むことが出来ませんでした。

丸目12灯
とある工場の「オバカ」なワンシーンです。笑 今日は、技術的ブログネタがないので、こんなの掲載してみました。一番右は昨日、嫁いで行きました。丸目12灯のショットなんてもう2度と撮れないでしょうね・・・

20060703215616.jpg

あっというまの1日
今日は、午前中はボルボ時代の大先輩が遊びにきてくれたり、午後から夕方にかけては、納車だ!引き取りだ!商談だ!と来客が多く、気が付けば5時半で、腹が「グー」っとなって、そういえば昼飯喰ってなかったな~てな感じで1日が終わりました。笑 天気も降ったり止んだり、晴れたり曇ったり忙しい1日でしたね!は~疲れた~
訃報
先ほど昔の友人が亡くなったとの連絡を受けました。ここ数年会っていなく、年賀状ぐらいでしか近況を知らなかったのですが、交通事故との事でした。まだ若すぎる死にとてもショックで、心が痛みます。残された奥様や小さな子供の事を考えるとなおさらです。アクの強い人だったので、印象深い出来事も多く、若い頃に色々な事を教わった事を思い出します。ここ数年会っていなかった事が、悔やまれ、冥福を祈るばかりです・・・
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved