FC2ブログ
灼熱地獄
今日も暑かったですね~先日ブログネタにしていた、マニホールドガスケットですが、翌日交換終了してエンジンを始動したら、まだ爆音しています・・・糞~フロントパイプからも漏れてるじゃねーか!って事で、今日、再びフロントパイプを外して溶接です。写真は以前にも掲載しているので載せていませんが、あのYパイプ(フロントパイプ)は元々のビート(溶接面)から剥離して割れてくるのですが、その元々のビートが変な素材で出来ていて、溶接が上手く出来ません。(ってココまでは以前にも書きましたが・・・)ところが、ココのところ、あそこの部分の溶接技術を習得しました。笑(大袈裟)まあ、簡単に言うと、「溶かす前に盛る」って感じでしょうか・・・通常、溶接は部材を溶かしたところで、溶棒を流し込みますが、溶かす前にロウ付けのように、溶棒を盛っていきます。ココでみそなのは、完全に部材が溶けていないと、岩石のようになって、溶着されないので、溶け出すか溶け出さないかの見極めで、溶棒を流すのがコツです。くだらない事を長文で書きましたが、これはやった人にしかわからない、技術なんです。笑 あと、その時に気をつけることは、溶接がある程度終わったら、その場から逃げる事です。爆 冷却時にスクラブが跳ねるのですが、古いビートの材質がそうさせるのか、非常に「ちびちび、チビチビ」と勢いよくスクラブが飛んで来て、とても熱痛いです。本来溶接は、革のエプロンをして、長袖で、首にタオルなどを巻いてやりますが、私は、そのままの作業着(Tシャツ)でやるので、二の腕や首筋なんかが日焼けサロンばりに焼けます。笑 この季節、溶接をしている時は、灼熱地獄です。(ダイエットにはいいかも・・・)
スポンサーサイト
てんぱってきました~
ココのところの暑さで、急に「夏スイッチ」が入ったのですしょうか。急激な仕事量増加でテンパッテきました!まあ、毎年の事ですので、予想はしていましたが、夏日が3日も続けば、夏モードになりますよね・・・スタッフもちょっと疲れが見えています。暑気払いでもしないといけませんね~笑
ガスケット抜け
先日車検でお預かりした車ですが、「バリバリバリバリ」ディーゼルみたいな音を立てています。見ると、EXマニホールドとフロントパイプから排気漏れしています。不思議とお客様は気になっていないようでしたが、かなりの音ですので修理しました。パイプを外してみると、色濃く排気漏れの跡がわかります。ガスケットを交換して終了です。これで静かになることでしょう・・・
20060628200936.jpg

ECU
高年式の940や960のECUは(エンジンコントロールユニット)は、配線が簡単に外れないよう(外せないよう?)にイジリ止めのネジで固定されています。テストするのにもこのネジを壊さないと配線カプラーが抜けないので、ちょっと厄介です。しかも結構硬い材質で出来ているし、場所が場所なだけに工具も使いにくく、イライラします。とりあえずサンダーで「ガー」っとタテ溝を入れて、マイナスで緩めます。結構荒業です。笑 多分、97年あたりのイモビライザーがついたあたりから、そのような設定になっているんだと思います。やっぱり泥棒対策なんでしょうね・・・
BOリリース
昨年12月から欠品だったアメリカからのパーツが、昨日やっと入荷しました。っとは言っても、BO数も多かったので、残り在庫がすでに少ない物もあるのですが・・・半年間も待っていただいたお客様につきましては、本当に申し訳ありませんでしたm(__)m
電動FAN
今日は、久し振りに262Cをいじりました。ココのところ、自分の車をゆっくりいじる時間も無く、エンジン載せ替え話やAT載せ替え話が頓挫しているのですが、以前から気になっていた電動FANをとりあず取り付けました。って言うか、この年式(70年代)の車は、AC付きでも標準で電動FANがついていないって事が凄いですよね!笑 いずれ、エンジン載せ替えたら、それに合わせて大型の電ファン(940高年式タイプ)にする予定だったのですが、そんなの待っていたら何時になるかわからないので、とりあえずコンデンサーの前に小型のファンを取り付です。コントロールも特に凝る必要も無く、エアコンONでファン回りっぱなしです。笑 262Cで出かける時は、比較的高速が多いので、特にファンの必要性を感じる事は無かったのですが、たまに渋滞した時に、水温が上がるので、これでこの夏はOKです。医者の不摂生とはまさにこの事ですね・・・適当にチャチャチャと取り付けて終わりです。笑
AC室内温度センサー
以前にも書いたような気がするんですが、若年性痴呆症って事で、勘弁をm(__)m笑
写真は、900シリーズのオートエアコン(以下ECC)のバキューム式の室内温度センサーです。ついている場所は、ルームランプの中で、バキューム式で吸い込んでいるので長いことたつと、写真のようにゴミが溜まってきます。まあ、これが原因で、ACのユニットがおかしくなる事は少ないのですが、ルームランプの穴から「シューシュー」と音がうるさいと耳元に近いのでイライラします。そんな場合は、取り外して清掃してあげればOKです。但し、ルームランプを含めセンサーもプラスチックで出来ています。慎重に外さないと「ポキ」と嫌な音を聞く羽目になりますので、ご注意を!電気的故障なら、ユニット内の故障診断でわかるのですが、バキューム自体が駄目でも故障診断には入りません。あまりにも汚れていると、適切な室内温度を感知できない場合があるかもしれませんね。(データー的に検証したわけでは有りませんから、あくまでも想像です)

20060624213152.jpg

保険
既に、TVやラジオ等、NEWSとして流れていますので、ご存知の方も多いとは思いますが、三井住友海上が、損保ジャパンに続き、金融庁から営業停止を受けました。実は、当社でも三井住友海上の代理店をしております。当社で保険に入られている方につきましては、ご心配をおかけして申し訳ありません。随時、保険加入のお客様にはつきましては、保険会社よりお葉書でのインフォメーションがあると思います。業務停止の内容につきましては、今まで加入いただいたお客様については、特にご不自由をお掛けすることは無いとは思いますが、ご質問等あれば、ご連絡いただければ幸いです。m(__)m
お休み
本日は、ワタクシお休みを頂きました。m(__)m
コンプレッサー
先日、N君が知り合いの引越しを手伝って、お礼にコンプレッサーをもらって来ました。もらったコンプレッサーなんて、たいした事ないだろうな~と思っていたら、200VのV型でタンクもそこそこの容量があり、立派な工業メーカーのものでした。うちにも2台のコンプレッサーがありますが、1台はパワーのない家庭用なので、それと入れ替える事にしました。ブラスターが結構エアー喰うので、補助タンクをつけたりしようとしていた矢先でラッキーです。あとは、稼動テストをしてちゃんと動けば良いのですが・・・笑
940レジスター
昨日入庫の車ですが非常に珍しい現象の故障でした。97年の940ですが、「ACが効かない」との事で入庫でした。見るとコンプレッサーが廻っていません。「ACガスが入っていないんだな」と思い低圧SWをジャンプして強制的にコンプレッサーを回してやろうとすると回りません。あれ?それじゃ、高圧SWかな?と思って高圧SWもジャンプしましたが、動きません。テスターを持ってきて電圧を測ると12V来ていません。・・・コントロールユニットかな? ちなみにこの車はTACKなので、マニュアルACです。それじゃコントロールユニットを点検しようかなと思ったら、変な現象を発見!ファンスピード1速では、ACコンプレッサーが入るんです。笑 但し、ブロアモーターが廻らないので風は出てきません。スピードを2~5速にすると、ブロアモーターの風は出るのですが、コンプレッサーに電源がいかなくなります。怪しいのはコントロールユニットとブロアファンレジスターに絞れてきました。ここからは、企業秘密なんですが・・・(嘘)笑 結局レジスター不良と解決しました。オートエアコンが多いので、マニュアルエアコンの不良は珍しく、テスト用の部品や配線図も無かったので、ちょっと苦労しました。部品を取り寄せて交換したら終了です。
クランク角センサー
ボルボのB230系エンジンのクランク角センサーが駄目になるのは、何度か書いたことがあるのですが、昔から不思議に思う事が一つだけあります。それは、240のクランク角センサーは、かなり皮膜がボロボロになっても、あまりエンストしないのですが、940系は、皮膜はほとんどボロボロになっていないのにも関わらず、エンジン不動になることです。もちろん、センサー自体は、240も940も同じ部品です。今日交換した、940は酷いエンジン不動状態で入って来ました。お客様が出先でエンストして、電話で指示をしながら、クランク角センサーのあたりをいじっていただき、何とか工場までたどり着きました。入庫後もクランク角センサーをちょっといじると「ストン」とエンストします。外してみると、皮膜自体はあまり酷い状態ではありません。でも明らかにクランク角センサーの不具合です。先週あたりに外した240のセンサーは、皮膜がボロボロでしたが、お客様はエンストの自覚症状がありません。同じエンジン、同じセンサーなのに不思議です。笑 
雨、雨、雨、梅雨ですから当たり前ですが、よく降りますね~雨の日曜日は、暇で困ります。車を見に来るお客さんも少ないし・・・まあ、事務仕事がはかどるのですが、事務仕事ばかりやっていると眠くなります・・・笑
うちのゴミ太郎
最近うちのチビスケは、工作が好きなようで、母親に牛乳パックの空いたのやペットボトルの空いたのなんかをもらって、工作の材料にしております。最初は、牛乳パックやペットボトルだけだったのでよかったのですが、最近では、「これはゴミでしょ?」ってな物まで、収集する始末で困っております。笑 今日は、960のCDデッキをメーカー修理した際に、返送されてきた壊れた古いピックアップの部品をあげたら大喜びでした。あんな部品が子供には宝物になるんですね・・・父の日に絵を描いてプレゼントしてくれたので、今日はお土産でも買って帰りたいと思います。
ルーフライニング
昨日のルーフライニングの施工中写真です。写真のように台座から古いスポンジを全部綺麗に落として、特殊なボンドをエアーガンで吹き、その上に生地をのせていきます。その時に押し付けるようにすると、ふんわり感がなくなりますので、丁寧にソフトに、シワの出来ないように張るのが職人技です。ちなみに、うちでは内装屋さんに施工して頂いています。私がやると綺麗に出来ません。笑 餅は餅屋ですね・・・


20060616205230.jpg


20060616205245.jpg

クイズ3 正解
クイズ3の正解です。

正解は93年以前の700/900シリーズのルーフライニングのスポンジカスです!
非常に多くのご回答ありがとうございました。すでに初めの回答が当りだったので、次からの回答には、ボケをかました回答が多く、多いに笑わせていただきました。
解説すると、古い700シリーズや900シリーズは、ルーフライニング(天井)の布の部分が垂れ下がってくる事が多かったんです。それは、ルーフライニングの台座(厚いダンボールみたいな物)にスポンジ付きの布を張り合わせてあったからで、古くなるとそのスポンジが劣化して、台座と布の間でボロボロになり、布だけが垂れ下がってくるようになります。特に荷室部分やサンルーフの廻りなどが多く、タッカー(ホッチキスの大きいの)で留めたりしたもんです。しかもボロボロになったスポンジは、粘着性が有り最悪です。当時、ルーフライニングのASSYは部品だけで20万近くし、日本国内に無い事も多かったので、非常に厄介な問題でした。現在、当社では、張り替えが出来ますし、94年以降(確か)は、基本的には、垂れ下がらない材質に変わりましたので最近はあまりやらない作業となりました。又、これは、700シリーズや900シリーズのみの症状で200シリーズは、なりません。(構造が違うので)同年代の車では、ジャガーやレンジローバー等にも同じ症状がよく見受けられます。きっと同じメーカーの内装材だったりしたんでしょう・・・ちなみに、エステートは、周りを外したら、ルーフライニングごとテールゲートから出せるのですが、セダンになると、前後どちらかのガラスを外して、ルーフライニングを出します。(無理にやれば、リヤドアから出ないこともありませんが、古いと台座が折れたりしますので、できればガラスを外してまっすぐだした方が無難です)サンルーフがついている車のサンルーフ部分は、結構外すのも厄介なんで、サンルーフ部分部分はやらない事も多いです。

さて正解者ですが、とりあえず1番初めに正解の回答いただいたのはname245さんですが、name245さんは一般の方とはちょっと違うスーパーアマチュアなので、どうしよう・・・コロッケのコロモ、キャットフード、赤ムシまでは面白かったです。でもボルボ屋オヤジの垢は、失格です。笑 
ん~それでは今回の正解者はやはり、name245さんにしたいと思います。後日、粗品をお送りいたします。
明日は、作業風景を掲載してみたいと思います。
久々のクイズ!
久々にクイズです。
写真はある作業で出る物ですが、これは一体なんでしょう?
車種、年式は、大体でOK!私の独断で一番適切な答えの方1名に粗品を差し上げます。間違っていても、笑いがとれればOK!笑 できればOPENな回答お待ちしております!
20060614193717.jpg

タペットカバーGK
ボルボのB230F系のエンジンは、タペットカバーGKからよくオイル漏れをします。240だとカムのリヤプラグ等もそうですね。又、オイルフィラーキャップシールのパッキンもよく漏れますね。タペットカバーガスケットを交換する時は、「当り」「外れ」があって、簡単にパッキンが綺麗に落ちる物と固着してどうにもこうにも外れない物があります。今回、M君がやっていたのは、メチャクチャ固着していて、外れなく、スクレッパーやハンマーを駆使して苦労していました。ガスケットが大まかに落ちた後もチビチビと細かいガスケットが残ってしまい、それを綺麗にしない事には、又そこからオイル漏れするので大変です。シコシコとペーパーをあてていたM君を見て、急に思いつきました。「それさ~サンドブラスター使って見たら」・・・試してみると、落ちる落ちる、あんなに苦労していたGK剥がしが簡単に綺麗になりました。まあ、こんなネタはこの作業で苦労した事のある人にしかわからないのですが・・・笑
20060613220324.jpg

非国民
そろそろ、ワールドカップの日本対オーストラリアが始まったのでしょうか・・・
非国民と罵られそうですが、あまりサッカーに興味が無く熱くなれません。笑 嫌いではないのですが、特に好きでも無く、寝る間を惜しんでまで、TVにかじりつくタイプではないのです。いやがおうでも、明日の朝のNEWSでゴールシーンや失点シーンは見ることができるでしょうからね・・・サッカーも野球もゴールシーンや珍プレー集だけを凝縮して見るのは、楽しいのですが、一試合をじっくり長く見るのが苦手なボルボ屋オヤジでした。きっとこんな時間にブログ見てる人もいないと思ったら、手抜きのブログになってしまいました!チャンチャン 爆
ストックリスト更新
ココのところ時間が無くて出来ていなかったストックリストを更新しました。先日お知らせしていた、240や98年最終の940クラシックなど5台ぐらいUPしました。渋いところでは丸目4灯の264なんかもあります。実際には、まだ加修中のものもあるのですが、興味があれば見てください。
又、現在当社でデモカーとして加装中の240の左ハンドルは、板金途中の経過写真を載せてみました。丸目2灯フラットボンネット、アーリーテールにカスタムしています。板金途中の写真なんて普段はUPしないのですが、これはこれで面白いかな?と思い掲載してみました。240 シルバー左ハンドルをクリックしてみてください!
ディスビローター
ココのところ整備ネタも少なく怒られそうなので、たまには整備ネタを・・・
写真は240のディスビローターです。虫喰い状態で、碍子が割れているのがわかりますか?こうなると、適切な点火時期が伝える事が出来なくなり、特に湿度高い日などに、エンジン回転数のばらつきや吹け上がりの悪さが出ます。もちろんキャップ側の端子もボロボロになるので、あわせてチェックして交換です。出来ればプラグ、プラグコードも一緒に交換したほうが良いですね。エンジンの3大要素の「良い火花」は、ここらへんの消耗品をチェック、交換することで、かなり改善されますよ!特に240のディスビキャップは外すのも簡単なので、是非点検してみてください。

20060610192528.jpg

偉大なるアメリカ人
昨日、予定よりかなり遅れてアメリカから部品が届きました。IPDの定期便です。今回の便には、昨年末からバックオーダーだった、部品が入荷するとの事で期待を寄せていたのですが、開梱してみると予定の部品が「無い!ない!ナイ!」何処を探しても見つかりません。「来月には出荷可能」っと、この半年間毎月言っといて、「やっと入荷したので送る」と期待させてながらも、部品が入っていないという、何ともずさんなアメリカ人・・・クレームの連絡を入れると、「何故怒っているんだ?」みたいな態度!ん~偉大なるアメリカ人・・・あなた達のずさんさには脱帽いたしますよ・・・
ちなみに半年間BOが続いているのは、940ターボ用スポーツマフラーと940用ローダウンサスです。ご迷惑をお掛けしている方々、申し訳ありませんm(__)m
ヘタの横好き
昨日は、ボルボカーズさんの1年に1回開催されるアマチュアゴルフ大会にお客様と参加させていただきました。今回は、3人の女性と廻らせていただきました。皆さん「両手に花」で羨ましいね~とお思いかもしれませんが、これが凄いプレッシャーとの戦いでして・・・その3人の女性は皆さん、非常にお上手で、1人は2オーバーで、残りの2人も80前半で廻る「凄腕」なんです。気の小さい私としては萎縮しっぱなしで、散々な結果でした。笑 しかも女性と廻ると不思議と「カッコいいところ見せよう」とか「飛ばそう」とかイヤラシイ所が出るのでしょう・・・修行が足りない事を痛感させられました。ほんとゴルフはメンタルです。(T_T) でも凄く楽しい1日でした。毎年、プレー終了後のパーティーも非常に楽しく、ボルボカーズのサービス精神を感じる素晴らしい大会です。スタッフの方々のご尽力の賜物ですね。当社でも1度ゴルフコンペを開きたいとは思っているのですが・・・なかなか忙しく実現いたしません。笑 今日は趣味の話になっちゃいました。ゴルフに興味の無い方には申し訳ありませんm(__)m
お休み
久しぶりに一日お休みをいただきましたm(__)m
940のFガラスモール
940や960のフロントウインドガラスの横についているモールって、下側がデロデロによくなりますよね~昔は、結構いい値段したような気がしていたのですが、最近随分と安くなったような気がします。純正パーツで片側4080円なんですが、笑える事にクリップが高い!笑 プラスチックで出来たクリップなんで、外す時に割れる可能性も高く、又、古いのだとシッカリ止まらない事もあって、交換するのですが、左右で8個使っていますが1個530円ぐらいするんです。って事は、全部交換するとモール片側分の料金に匹敵します!笑 モールが安く感じても、クリップは高い・・・さすがです。ちなみに、あのモールのゴムの部分が切れれていても、雨漏れはしません。元々ガラスとボディーは接着剤で密着されていますので、あれは飾りモールですね!結構「これ雨、漏れますかね?」と質問されます。
あと、リヤのクオーターガラスの下のモール(低年式の940や740等)はググっとお高いです。笑 これも良くデロデロになってますよね~
テスト
今日は、今受けている講習のテストがありました。テストなんて何年ぶりでしょうか・・・妙に緊張します。笑 しかも日々の仕事に追われ、復習する時間など皆無ですから、一夜漬けです。(まあ、20数年前の学生の時もそうでしたが・・・)若い頃は、一夜漬けでも結構、頭に入ったものですが、それなりに歳をとると脳みそが硬くていけません。中々覚えられない上に、肩こりと頭痛です。笑 知恵熱とはマサにこんな感じなんでしょう・・・。結果は、ギリギリ合格でした!ギリギリ合格も学生の時と変わりません。爆
入荷情報
以前当社でお買い求め頂いた240のオーナーが、引越し等の事情により240を手放されるとの事で、買取の依頼が有りました。昨日、そのお車をお持込になられましたが、非常に綺麗に洗車をして、中も掃除機をかけ、ピカピカの状態でご来店になりました。オーナー曰く、「凄く大事にしていた車だから、最後にちゃんと綺麗にして、車に感謝しなくてはいけないと思いまして・・・」っと。そのオーナーの娘さんは、うちの息子と同じ年齢で、その娘さんが生まれた際に、チャイルドシートの取り付けに不便で、MINIから240に買い替えをされました。本当に車を大事にされる方で、この240に対する思い入れも一杯あったのでしょう。訳有って仕方なく手放されるのですが、出来れば次のオーナーにも大事にされてもらいたいという思いが、言葉に出さなくても伝わってきます。娘を嫁に出すような気持ちなんでしょう・・・寂しそうに、お帰りになりました。その気持ちに応えるためにも、メンテやお化粧直しをしっかりして、次に大事にしてくれるオーナーを見つけられるよう、当社も頑張りたいと思います。
ちなみに、スモールウインドーの240 ホワイトです!ご興味のある方は、ご一報ください。近日中にHPにもUPしたいと思います。
240ヒーターバルブ
本日240でAC不良のお車が入ってきました。ACコンプレッサーは正常ですが、確かに冷えが悪いです。お客様曰く、「ブロアモーターを回していなくても常に暖かい風が出ている気がする」との事で、ピンときて、確認すると思ったとおりでした。ヒーターコントロールバルブが全閉になっていないのです。この状態では、ヒーターコア(小さいラジエターのようなもので、ダッシュの奥に有ります。)に暖かい水が回り込むので、ACは効きません。ヒーターバルブは、助手席側室内にあり、コントロールレバーを動かすとワイヤで引っ張られる仕組みになっています。その、ワイヤの調整が上手くないと、ヒ-ターバルブが全閉にならなかったり、逆に全開にならなかったりします。調整は頭の非常に小さいボルトを緩めてやります。5.5mmのスパナだったかな・・・ちっちゃくて、ちょっとやりにくいです。

20060603211420.jpg

サーバーエラー?
昨日、夜間帯にサーバーで不具合があったのか、ブログをみる事、書く事が出来ませんでした。けっして、サボっていた訳では有りません!笑
しかし、普段つかえるものが使えないと、不思議な物で違和感が有ります。良くネットやメールも依存症を問題視されますが、きっと私の中にもそんな依存症があったりするのでしょう・・・いまやネット環境の無い世界は考えられないボルボ屋のオヤジでした。
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved