FC2ブログ
電動FANⅡ
そうそう、先日ブログネタにした、電動ファンですが大事な文面が抜けていました。先日の話は240の電動FANの話です。高年式の940や960等の電動ファンではないので、ご注意を!
そこで、今日は940や960等の高年式の電動FANのお話を・・・昔は、ファンカップリングを介して、フィンが廻っていたのが、92年ぐらいから電動ファンになって、スペース的にも熱効率的にも、非常によくなったのですが、それはそれで問題を起こしてくれます。一つは、ファンモーターの焼きつきによる配線のショート、そうなればもちろんすぐにオーバーヒートです。又、ファンが切れないことによるバッテリー上がりなどなど・・・この電動ファンは2スピードで廻っていますが、大型のリレーを使い、大量の電気をくいます。リレーに入っている配線の太さを見ていただければ、消費電力が一目瞭然です。また、このリレーがそれなりに壊れてくれます。今日の修理した車は、瞬間的に電気は入るのですが、保持してくれないため、すぐにファンが止まってしまいます。リレーを外して振ってみると「カラカラ」音がします。非分解式でシーリングされていますが、試しに開いてみると、接点の周りが溶けて、ショートしています。又、接点の石?が剥がれて落ちています。これが「カラカラ」言っていたのでしょう。ここのリレーの場合は、新品に交換です。ヘタに修理でもして、配線がショートすれば車両火災にもなりかねません。リレーのお値段は1万弱と高いですが、こればっかりはしょうがないです。ファンが回りっぱなしの時もこのリレーです。熱発散効果は非常に高い電動FANですが、ここらがネックでしょうか・・・
私の262Cに改造して装着したいのですが、262Cには、そのスペースすらありません。笑 240に改造してつけてる方は、何人かみた事が有ります。

20060531205331.jpg

NOx規制
昨日、当社の積載車の最後の車検を通してきました。私がボルボを辞めて独立した時にフルローンで新車購入したトラックですが、10年の月日が経ちNOx規制で来年の車検から東京の所在では使用できなくなります。距離も20万kmと少なくまだまだ乗れるのに、訳のわからない法律のおかげで、大迷惑です。10年前、10年しか乗れないと判っていて買った訳では有りませんから、本当に腹が立ちます。今、ガソリンの問題や環境の問題等色々有るので、またへんてこりんな法律ができて、古いボルボに乗れないなんて事にならないように祈るばかりです。もちろん、その法律が、本当に環境のためだったり、地球上に生きていくため私たちに必要不可欠な処置、法案なら仕方ないのですが、現行のNOxPM法が、それにあてはまるとは思えません。技術で補える物を何か目に見えない大きな矛盾した力で強引に施行しているような気がしてならないのは、私だけでしょうか・・・来年又、新車を買う余裕は無いし、困ったもんです・・・
話は変わりますが、来年で独立して10年、早いな~
電動FAN
ココのところ暑い日がチラホラ出てきたので、AC系や水温系のトラブルが出てきました。先週今週と何台か同じ症状の物が入って来ましたが、電動ファンのトラブルです。ACをONにして走行中、渋滞にはまると水温が上がる、渋滞を抜けるとちゃんと水温が規定まで下がる。ココでみそなのは、「ACを入れると」って事です。もしサーモスタットやラジエターの不具合ならACに関係なく症状が出ますが、「ACを入れると」って事に限定されれば、電動ファンが廻っていない事が、おおいに考えられます。(全部が全部ではありませんが・・・)そんな時は、水温が上がっている状態で、ACをONにしてやって、ラジエターの裏の電動ファンが廻っているか確認してみます。もし廻っていない場合は、電動ファンの配線に直接電源を入れてやり、ファンが廻るか確認、もしそこで廻らなければ、ファンモーターの焼きつき等が考えられます。もし廻れば、コントロールしている電源の確認(ヒューズ、配線等)をして、原因を究明します。年式や車種によってコントロールは若干の違いはありますが、こんな感じで調べていくと比較的簡単に故障個所がわかります。
ってもっともらしく書いてみましたが、単純簡単な事を偉そうに書いてみただけです。笑 m(__)m
27mmのディープソケット
240のステアリングを外すのには、27mmのロングのボックスが必要です。よく、お客様に「DIYで出来ますよ」って簡単に言っていたのですが、よくよく考えると、27mmのディープソケットなんて超特殊工具ですよね・・・740や940等は十字レンチが有れば事足りるのですが、240だけは駄目でした。実は先日240のハンドルを取り付けた際スタッフが間違えて一コマずれて取り付けたようで、ウインカーの戻りが片方悪いとの連絡を受け、よくよく考えたら、DIYではちょっと難しい事に気が付いた次第でした。ちなみにそのお客様は、「近くの量販店でソケットを購入しようとしたら2500円もするので、購入を止めました」っと言ってました。ごめんなさいm(__)mDIYじゃきついですよね~
スチールホイール
先日、ブラストかけたホイールの塗装があがってきました。写真だと伝わりにくいとは思うのですが、非常に深みのある綺麗なシルバーです。このホイールは、普通の高年式の物ですが、色を変えて綺麗にすることにより、クラシック感が出ます。これだけ綺麗な色が出れば、ホイールリングは装着しないで、オールドタイプのセンターキャップのみでもいけるかも・・・アルミホイールにこだわらなくてもカッコイイ足元を演出できますよ!私的には14インチスチールお奨めです。
20060527170843.jpg

ネタなし
今日はネタも無いので、ボルボ入荷速報でも・・・笑
近日入荷予定の車は、98年最終モデルの940クラシック!しかも色は希少ガーネットレッド!他には無い綺麗な色です。
それと93年940GL4万km台!ノンターボでサンルーフなしの優れもの!だけどレザーシート!これは良いです。
更に、91年、実質ワンオーナーの240GL 7万km!程度抜群!
入荷次第、HPにUPしますので、ご興味のある方は、今しばらくお待ちください!
プラグ
昨夜、スタッフのM君がB230のプラグを外していたところ、非常にヤバそうな感覚があるプラグを発見!報告を受けて、確かめると本当にやばそうです。通常プラグは、チョット緩めたら後はラジエットを使わないでも手で外れます。ヤバそうなプラグは、チョット緩める時の感覚もおかしいのです。プラグのねじ山なんか壊したら最悪だし、ココは慎重に事を進めます。まずは、CRC!笑うかもしれませんが、これは本当に基本です。その後は、ちょっと放置して、30度ぐらい緩めたら、又締めて様子をみます。嫌な汗をかきながら、少しずつ少しずつ、力を加えていきます。幸い、ノーダメージで何とか抜く事が出来ましたが、一向に緩くならないプラグを中腰で時間掛けて緩めていたら腰が痛くなりました。笑 その後、ねじ山をチェックして、清掃、手締めが出来る事を確認して、プラグ交換です。このときに、プラグのネジにグリースとかは塗っちゃいけません。綺麗な状態で挿入が基本です。あまりトルクレンチを使う事はありませんが、一応トルクは2.5kgf・mです。非常に小さな力ですね。私たちは感覚で締めちゃいますが、手締めで止まったところから、軽く「キュ」って感じでしょうか・・・笑 くれぐれも、目一杯締めないように気をつけてくださいね。
ダイエット宣言・・・?
慢性的に健康診断に引っ掛かるので、そろそろ体の事を真剣に考えないといけないと思い、今年の冬からウエイトコントロールをしています。MAX115kgから107kgまでは、あっというまに落ちたのですが、そこから中だるみ!笑 最近又、自分の中で盛り上がってきたので、頑張っています。現在104kg、夏までに100kg以内を目指して頑張ります。笑 ココに書いとけば、人の目も気になり、効果あるかな?と思い、くだらないことを書いて見ましたm(__)m
240のドアハンドル
240のドアハンドルって古くなると、奥に引き込む現象があります。レバーが中の方に落ち込んでるって感じです。遊びも大きく何だか気持ち悪いのですが、原因はストッパーの不良にあります。そんな場合は、ドアハンドルを外してストッパーを作ってやります。写真のようにビスを入れて間にゴムホース等を入れれば完璧です。って言っても、この写真だけじゃ判りにくいですよね・・・運転席のように使用頻度の多い場所がよくなります。

20060523212317.jpg

昔のフライヤー
先日、お客様から古いボルボのフライヤーや当時物のカタログを頂きました。結構、こう言ったのが好きで、以前からネットオークション等で集めているのですが、それを知ったお客さんが、「私の父が昔からとっておいた物です」って言って持って来てくれました。非常に綺麗な状態のフライヤーで240の事故の写真を「こんなに壊れてもかすり傷だけで済みました」みたいな70年代後半の広告です。そのほかにも当時のエクステリアカラーとインテリアカラーのカタログとか140のカタログとか・・・貴重な資料なので大事にしたいと思います。いずれ額に入れて飾りますので、興味のある方は見に来てください!
20060522214213.jpg

STAFF募集
昨年から働いていた20歳の新人H君が訳あって今月で退職する事になりました。昨日が最後のお勤めです。若い働きでが減った事で今週から忙しそうです・・・(ちなみにいじめたとか辞めさせたとかでは有りません!笑)急遽スタッフ(バイト)を募集中です!資格は一切問いません。近郊で車好きの方、いませんか~
フロントパイプ
あんまりボルボの事かかないと怒られちゃうので、たまにはボルボネタを・・・笑
先日お預かりした、240ですが、排気漏れがうるさく、それに伴いヒートプレートがバタバタします。240に良くある故障ですが、フロントパイプを覆っているヒートプレートの溶接が剥がれて、エンジン振動で「ガタガタ」と言うんです。ヒートプレートの溶接だけなら、簡易的にビスを突っ込んだり、ちっと溶接してやれば直るのですが、今回の車は、ヒートブレートの下から、バスバス排気漏れをしているので、溶接部分を剥がして修理です。タガネでひっぱたきながら、プレートを外すと、石綿で覆われたパイプが出てきます。見ると錆びて痩せて色々なつなぎ目から排気漏れをしています。それを全部溶接していきますが、痩せてるので気をつけないと大穴が開きます。何でそんなに苦労してまで治すの?って思うかもしれませんが、このフロントパイプ非常に高価で35000円もします・・・工賃も入れたら、4万以上!だから修理してみました。とは言っても、又駄目になる確率も高いのですけどね!笑

20060520203958.jpg

占い
今日は、朝の目覚ましテレビの占いが1位で!「ラッキー」っと思っていたら、最悪の1日でした。クレームやお叱り等は、仕事をしていく上では、切っても切り離せませんが、そのたびに胃が痛くなります。今日だけではなくてココのところ色々な事で本当に悩みが多くて、胃に穴があきそうです。「鬱病になりそうだ~」とぼやいていると、回りの人間から「本当になる人は、自分ではそんなこと言いません!」っと言われてしまいました!(T_T)
梅雨?
毎日シトシトジメジメ困ったもんです。もう梅雨なんでしょうか?仕事も山積みな所に来て、色々な問題を抱えて、単細胞の私は、チョットお疲れモードです。それに加えてこの天気ですから、うっとしい~。今日はブログネタを考えるヒマ有りませんでした、ゴメンナサイm(__)m
オウムペンチ?
先日質問があった、シートをカシメる工具の写真を掲載してみました。正式名称は判りませんが、オウムペンチとか呼ばれています。写真を見ても判るように、鍛治屋さんに特注でつくってもらった工具です。MACやスナップオン、その他の工具メーカーに確認しても見つかりませんでした。内装屋さんは、これをエアーで連続して出来るのを持っていました。構造的には簡単なもので、Cリングを挟んで縮めるだけの工具です。ただこの微妙な角度とかが重要で、狭いところでの作業を効率的に出来るよう、他にも何種類課の角度の物が欲しい感じです。正式名称が判る方いたら教えてください!
20060517212620.jpg

SST
今日は、M君が午前中965のACコンプレッサーではまってました。965のACコンプレッサーは、1箇所外しにくい場所があって、個体差にもよるのですが、スパナもメガネもボックスも入らない場所があります。今日の車は本当にクリアランスが狭くて、M君が格闘していました。どれどれ?と思って私も手を出しましたが、本当に外れません。ん~私は、悩むのが苦手ですからすぐに人を頼ります。笑 すぐ秘密のボルボホットラインに電話して、「どうやって外したらいいの?」って相談したら、あっさり「SSTつくらないと外れないっすよ」っと言われ、急遽メガネを削りSSTをつくりました。まあ、よく考えれば当たり前の簡単な事なんですが、どうも発想の転換が利かなくて、いけません。笑 あれだけ苦労していたボルトが、あっさり外れて、何で早くこれを作らなかったんだろうと思ったりしたわけです。本当は、そのSSTの写真を載せようと思ったのですが、写真をとり忘れました。まあ、それに本当にちょっと回りを削っただけのお粗末なもんなんで・・・
デフオイル
デフオイルって何で、あんなに臭いんでしょう。以前にもネタにしたかもしれませんが、今日もピニオンシールの交換時に、飛び跳ねたデフオイルがかかって、最悪です。デフオイルの話が出たところで、スペック的な話ですが、240の古いオーナーズマニュアルには、タイプ、API-GL-5で粘度は-10度以上の場合はSAE90と指定があります。(-10度以下はSAE80)交換は、新車時から1000kmのみと記載されていて、定期交換リストにも記載がありません。笑 半永久なんでしょうか?爆 (但し量の点検は24ヶ月ごとと記載されています。)基本的には、エンジンオイルのようにコマメに交換する必要はありませんが、ある程度の距離でチェックも兼ねて交換したほうがいいでしょう。(例えば10万kmごとにとか・・・)余談ですが、その文献(マニュアル)には、パワステオイルの交換は不要と書いて有りました。笑 (1977年の244のオーナーズマニュアル抜粋)ちなみに高年式の240もさほど記載は変わっていませんが、オイルがマルチグレード表記となり80W-90と記載されていて、新車時から1000kmで交換しろとの記載は無くなっていました。PSは同じ文面で書かれています。オーナーズマニュアルも熟読すると面白いです。
今日は母の日ですね。
今日は母の日ですね。みなさん田舎のお母さんにお花贈りましたか?うちは・・・同居です。笑 母は体が不自由なので、数年前に同居をしましたが、ハンディキャップを抱えていることなど、忘れてしまうぐらいのバイタリティーが有り、いつも関心しています。私が歳をとって人の親になり、呼び名が「母さん」から「ババちゃん」に変わっても、母親で有る事には変わりが有りません。自分に子供が出来てから特に、歳をとって小さくなった母親にたいして、感謝の念を持たないといけないと思います。とは、言っても何をするわけではないのですが・・・ ちなみにマザコンでは有りません。笑
ブラスター
先日購入したブラスターで240のスチールホイールを綺麗にしてみました。剥離剤である程度、塗装を剥離してから、ブラストしました。まだ、改良の余地は有りますが、いい感じです。綺麗にしたら、塗装屋さんに綺麗にお化粧していただく予定です。
20060513195702.jpg

お堅い会合
今日は夕方から、整備振興会、整備商工組合の総会に出席してきました。多くの同業の方が集まる場ですが、みなさん貫禄のある大社長さんばかりで、私のような若輩者には場違いで疲れました。笑 どうもネクタイも好きでないので、ハイネックのシャツにスーツ姿で行ったのですが、ノーネクタイは私だけで、気まずかったです。お堅い会合は、場違いで疲れます・・・
事故
ココのところ何件か事故でトラブルケースが増えています。もらい事故等で、修理の代金に対して、車の評価額が見合わないケースです。例えば、後ろからオカマを掘られて、修理に70万掛かるとします。でも車が15年も経っていると、評価額は0円で、70万の修理費費用が出ません。暫定的に新車価格の1/10ぐらいの評価額が出てきますが、240の新車価格が400万弱ですから、1/10で40万しかでないんです。中には、中古車相場をみて見合った金額を提示してくれるところもありますが、非常に保険会社がショボくなってきているので、シビアなやり取りになって、お客様がやられ損になることもしばしばです。更にオカマをほられて、10対0ならまだしも交差点内の事故で向こうが悪くても9対1や8対1の過失割合が出る事故になると厄介です。240等は、距離は走っていても、愛着を持って大事にされてる方も多くいらっしゃいますが、このようなケースで泣きを見ることが少なくありません。既に程度の良い固体も少なくなってきていますから簡単に代替とも行かず、やられ損です。又940等は相場も安くなっているので、評価額が安く見積もられる事も有ります。それもまた問題です・・・最近では対物超過と言って、評価額に見合わない修理代金に対して、50万程度までプラスして保証するという、特約をつけている保険会社も出てきていますが、それはあくまでも修理の場合だけであって、全損となった場合は、対物超過が使えないのです。例えば、オカマをほられて、100万の修理代が掛かったとして、その車の評価額は20万、対物超過で50万プラスされても70万、30万は自費になるんです。30万の自費は払えないので、全損にするしかないという事になっても、特約分プラスされた70万が貰えるわけではなく、「修理しないなら評価額の20万だけです」ってな具合になっちゃうんです。何だか、もらい事故で泣きを見るなんて許せない保険システムですよね!自分が事故にあった訳ではなくても、お客様と保険会社の間に立たされた、私たちでも歯がゆさを感じる、今日この頃です・・・
サンドブラスター
GW直前にサンドブラスターを買っちゃいました!笑 ほとんど趣味です。爆
ただ、早速使って見ると安物だけに付属のブラスターガンがイマイチです。色々な人に聞いたところ、結構みなさん改造しているらしいですね。このタイプは吸い上げ式ですが、馬力の無いコンプレッサーだと、すぐ息ついちゃいます。配管や砂の供給方法に改良が必要そうです。今回はアメリカ並行240の古いタイプのキャリアを全部綺麗にしています。やっぱりブラスターでやると綺麗になりますよね~ちょっと楽しいです。
burasuta-.jpg

ブレーキブースター
ブレーキブースターのお話し。
よく駄目になるブレーキブースターについて、今まであまり話題にしなかったような気がして、今回のネタにしてみました。ブレーキブースターというのは、ブレーキの倍力装置のことで、マスターバックと言ったりもします。役目は字からも判るように、踏力を倍にする装置です。ボルボの場合は、エンジンの負圧を利用して、踏力を倍にしています。例えば、ブレーキブースターが無い状態を体験したい場合は、エンジンを掛けない状態で、ブレーキを何度か踏んでみると体験できます。はじめは多少負圧保持されていますが、だんだん踏むごとにブレーキが硬くなってくるのがわかるはずです。エンジンを掛けない状態なら5~6回も踏めば、硬くてブレーキを踏めないぐらいになるはずです。人間の踏力は、実はたいした力では無く、この装置があって初めてブレーキが力強く踏めるのです。ボルボのブースターが良く駄目になるのは、ブレーキが効かなくなるわけでは有りません。エンジンの負圧を利用しているため、気密を保持できなくなると、エンジンの回転が不安定になるのです。特に多いのが、寒い日の朝一で、ゴムで出来たダイヤフラムが寒さで硬化している場合に、ブレーキを踏んだとたん、エンジンが振れたりします。酷くなるとエンストしたりもします。エンジンが温まってくると治ったりする事も多く、出来れば酷くなる前には交換したほうがいいでしょう。シーズン的には、もう終わりましたが冬はこのトラブルが結構頻繁に見受けられます。純正パーツは結構な値段がするので、DIYで簡易的に治せるケースもあります。又、社外のブースターもあるので、それを使うのもいいかもしれません。以前は社外のブースターのブレーキタッチが悪くて、うちではあまり使用していませんでしたが、最近タッチも改良されたのか、以前よりかなり良くなりました。写真は、ブースターの取り付け部分ですが、ココの白いクリップがみそで、このクリップを付け忘れると、エンジンルームのノイズが室内に新入してきます。もう既に、暖かくなってきましたので、ブースター交換の作業は少なくなりますが、又寒くなる頃には、数多くやることでしょう・・・まあ、今更説明するまでもなく、多くの方から「知ってるよ!」って言われそうですが・・・笑

(注意 先ほどのブレーキブースターテストは、必ず平坦な場所で、シフトをPにして、サイドブレーキをシッカリ引いてやってくださいね!)

20060509203257.jpg

仕事再開
5日間のGWも「あっ」というまに終わり、本日から仕事再開です。GW中、お休みを頂きまして心も体もリフレッシュ!っと言いたいところですが、体はちょっと遊び疲れって感じでしょうか・・・笑 でも気分はリフレッシュされたので、今週からまた頑張りたいと思います。休み明けは、休み中のトラブル等で、電話や来店も多く、チョットだけバタバタしますね。休み明けから飛ばしちゃいけないとは思いつつも、こんな時間まで仕事をしています。笑 皆さんも家族サービス等でお疲れでは有りませんか?
オーディオ
これ実は、先週のネタなんですが、カメラの電池の兼ね合いでお蔵入りしてたものです。笑
週末の夕方、当社で納めた940のお客様から「ダッシュから煙が出て、凄く臭いです」との電話が入りました。「あちゃ~ヒーターコア逝っちゃったか~」と頭を抱え「とりあえず、すぐにエンジンを止めてエンジンルームのラジエタータンクをチェックしてください」と言ったところ、「LLCの量は大丈夫です」との事???「それじゃ水温を気にしながら来店いただけますか」と伝え、待つこと数十分。早速車を拝見すると、確かに室内は、酷く臭い匂いですが、LLCではなさそうです。どちらかといえば、ハンダの臭いだったので、ヒューズボックスとかで配線やリレーがショートしたかな?と思ってばらしてみると、特に問題は有りません。もしかして、「オーディオ?」っと思いオーディオを外して臭いを嗅ぐと、猛烈なハンダ臭がします。オーディオ自体は、ちゃんと音も出ているし、ラジオもカセットもちゃんと動きますが、取り急ぎ当社の在庫と入れ替えお引取り頂きました。翌日、オーディオをばらして見ると、いましたいました。基盤の一部が焦げています。私のおつむでは、この回路が何だかは理解できませんが、ココがショートして煙と臭いを立ち上げたのでしょう。初めての経験でした。ちなみに940系のオーディオでもっとも多い不具合は、ボリュームメーターの不具合ですかね・・・ボリュームを上げようとするとガサガサ音がして、ちゃんと動かないってやつです。後は、故障では有りませんが、バッテリーを外した時におこる、セキュリテーコードの入力間違えは結構問い合わせが多いです。666666AUTってやつですね!

さて明日から、GWのお休みを頂きます。ブログもちょっとお休みです。ココのところ仕事もプライベートもゴタゴタ続きで少しお疲れモードでしたので、しっかり休養してGW明けに備えたいと思います。m(__)m

20060502232250.jpg

GWⅡ
スミマセンm(__)mココのところGWのからみで変則的な動きのうえ、仕事内容も濃い~のが無くて、ネタが有りません。笑 昨日は、ちょっと車のイベント会場をうろうろ見て回りました。けっして遊びでは有りません!勉強のために、いまはどんな車が、どんなカスタムをしてるのかな~って視察をしてきた訳です。笑 井の中の蛙にならないよう、色々なアイデアを古いボルボにも取り込みたいですからね!
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved