FC2ブログ
ハブボルト
ボルボの中でも240のハブボルトは、ちょっとサイズが特殊です。940や740は、トヨタと同じ1.5ピッチですが、240は1/2というサイズですので、汎用があまり有りません。ロックナット等も940であれば、トヨタ用を使用できるのですが、240用だとチョット特殊になります。(入手不可能では有りませんが・・・)写真は、ハブナットのサイズの違う物をいれて、ボルトをいためてしまった物です。こうなると、ハブボルトを打ちかえる必要があります。このまま放っておけば、折れて他のナットも緩み最悪の場合、走行中タイヤが取れてしまう事もありえます。ホイールナットは、適切なサイズのものを適切なトルクで締めなくてはいけません。私たちも、必ずトルクレンチを使用して再確認する部分です。皆さんも締めすぎ等お気をつけください!
20051130200855.jpg

レオスタット
この写真をみて、すぐにこれが何かわかった方は、素晴らしいです。笑 これは古い240のレオスタットです。レオスタットって?っと思われる方も多いと思いますが、メーターの中の照明を暗くしたり、明るくしたりするダイヤル(新らしめの940だと上下のレバー式ですが)のことをレオスタットと言います。この写真は、そのダイヤル調整の中をばらして写したものです。普通は、カシメてあるので、こんな中身は見れません。古い240でメーターやSW類の照明が点かない車が入庫してきました。配線を点検していくと、各バルブに電源が来ていません。たどって行くとレオスタットまでたどり着きました。もちろん非分解式ですので、修理は不可能です。ただ、探究心でばらしてみたら、ちゃんと原因を発見できました。写真では判りにくいかもしれませんが、抵抗のコイルの一部が断線しています。ココをつなげれば修理も出来るのだと思いますが、私の太い指では絶対無理です。笑 比較対照が無いので、判りにくいと思いますが、直系で15mmぐらいの物です。コイル配線自体は髪の毛程度かな?
20051129195020.jpg

不幸
本日は、知人に不幸が有ったためブログはお休みさせていただきます。
HPの更新
ココのところHPの更新サボっています。笑 っていうか、UPしなくてはいけないパーツは一杯有るのですが、パソコンに向かっている時間がなかなか無いんです。何しろ貧乏会社ですから、HPは、私が自分で更新をしているんです。ブログは、簡単にUPできるのですが、通販パーツのページ作成は結構時間が掛かります。まとまった時間を作って集中してやろうと思うと、色々な邪魔が入ってなかなか進みません。今日は、少しだけ240用の部品を追加できました。年内には何と全てのパーツをUPしたいと思っているのですが・・・
納車
今日は、240の納車が1台ありました。ここ1週間バタバタと色々なトラブルが有った車で、そんなトラブルが有った車ほど、結構思い入れがあるものです。販売した私たちが直接、点検や修理もしているので、お客様にお渡しする時は、ドキドキします。もちろん万全の注意で納車点検をするのですが、それでも色々なトラブルが出たります。今日も、取り扱いの説明をしていると、「アレ?」って個所が幾つか出てきて冷や汗もんです。さっきまで切り替わっていたヘッドライトのHI/LOWが切り替わりません。更にバルブフェラーまで点灯・・・又、リサキュレーションボタンを解除すると「シュー」とバキューム音がします。お客様には、少しお待ちいただき、慌てて修理します。ヘッドライトは、リレーが突然駄目になったようなので、他の物と交換!リサキュレーションのバキュームは、オーディオを組む時に何かの拍子でACコントロールSWの裏の配管が外れたようでした。狭い個所ですが、何とか巧みに?取り付けて完了です。再度お客様に確認いただき、無事に納車が終わりました。「乗り手が変わった時に一番、色々なトラブルが出るんです」っと良く、お客様にはご説明するのですが、工場だけの点検だけでは、わからない事も幾つかあるんですよね・・・乗って使って時間を経て不具合を初めて感じるようなものが・・・もちろんなるべくそんな物は無いようにしたいのですが、まだまだ修行が足りなく至らない点が多いと反省です。頑張らなくてはいけませんね!
クリスマスまで
クリスマスまであと1ヶ月ですね。当店でも今日からお店の外装にデコレーションを施しました。スタッフのM君が朝から通りに面した壁にイルミネーションを取り付けていると、通りがかりの近所のおばさんに「期待してるわよ!」っとか声掛けられたりして・・・笑 「期待されても困りますよ~」って受け答えしてましたが、かなりのプレッシャーになったのでは? 夕方、点灯してみるとシンプルですが、なかなかいい感じです。通りがかりの小さな子供たちが、「綺麗ね~」とか言ってるのが、聞こえてくると妙に嬉しくなります。少し暗い通りが、チョットだけ華やかになりました。
そんな綺麗なイルミネーションですが、チカチカ輝くライトを見ていると「今年ももう少しで終わりだな~」としみじみしてしまうボルボ屋のオヤジでした・・・
ヒーターバルブ
ここのところ940系でヒーターバルブが駄目になるケースが増えています。LLCのリザーブタンクを見ると水か少ない。あれ?ラジエターかな?と思いUPホースの付根を見ると、多少漏れているものの、ジャジャ漏れではない?ヒーターホースを確認するとヒーターバルブ部分から漏れがある。って感じです。先日は、漏れを確認するためにホースを持ち上げ負荷をかけた瞬間「ブシュ!」って、ヒーターバルブが破損して熱湯が飛び散りました!ヒーターバルブ自体がプラスチックで出来ているため、経年変化で弱くなってきているのでしょう。プラスチックがボロボロになっていました。ヒーターバルブはクランク角センサーの真上にあるため、漏れたLLCがセンサーにかかり、皮膜が古くなってきたセンサーを犯しエンストを引き起こす事もあります。もちろん漏れた事で、LLC不足となりオーバーヒートを起こす可能性もありますので、早めの対策をお奨めいたします。
クリスマスキャンペーンのお知らせ
11/25~12/25の期間、HAPPYクリスマスキャンペーンを実施いたします!詳しくは、当社HPのTOPをご覧いただければ幸いです。(LINK)
目玉は・・・ん~どれも目玉かな?笑
上手くいかない日
今日は、何事も上手くいかない日でした・・・
スタッフが、240のワーニングバルブを交換して、さあエア抜きをしようと思ったら、リヤブレーキキャリパーのニップルが折れているではありませんか!何とか取ろうと逆タップを立てていると、逆タップが「ポッキ」と折れ、ドリルでもんでも叩いても、何してもお手上げの状態です。又、そんなバタバタしている時に限って電話が多く、気をつけなくてはと思うのですが、人間が出来ていなくて、イライラしているものだから、つい口調が荒くなります。m(__)mそれからも、何か作業するたびにトラブルだらけです。今日は大安なのに仏滅状態な1日でした・・・
CD
先日JAZZが好きと書き込んだら、今週JAZZのCDを持って来てくれたお客様がいらっしゃいました!嬉しい限りです。JAZZが好きといっても、ミーハーで、オーディオのセッティング用に聞き始めてから、ちょっとはまってるだけなので、皆さんでも知っているような曲やポップスをアレンジしたような女性ボーカルの軽めなJAZZなんですけどね・・・JAZZとかって、ヒットチャートを賑わす訳でもないし、何を聴いたらいいか、判らなかったので、本当に好きな方が、お奨めしてくれるCDって凄く嬉しいです。今週は、借りたCDで楽しめそうです。笑
ガラスサンルーフ
ガラスサンルーフからの雨漏れです。先日ブログにも書き込みましたがドレンからの漏れの他にも、シーリングから漏れる物も有ります。丁度、シーリング不良で雨漏れする車が入って来ましたので参考までに書き込みします。ガラスサンルーフは、ガラスとフレームを接着してあり、その上をかぶさる形でシールが1周廻っています。シーリングの接合部分がシッカリしていない物も有るし、ガラスとサンルーフフレームの接着不良の物もあります。写真はガラスとサンルーフフレームの接着が上手く接合されていない所を撮っています。これだけ隙間が出来ると、雨が降れば一発でジャジャ漏れとなります。ボディーとシーリングの間に流れる水は、ドレンを介して外に排出されますが、ガラスとフレーム間を通った水は、そのまま運転席や助手席に流れてきます。ウエザーストリップを新品に替えて、特殊なシーリングをガラス屋さんに施工してもらい、雨漏れをシャットアウトします。

20051119194748.jpg

今日はミッキーマウス・・・
今日はミッキーマウスの誕生日です。笑 そんでもって、うちのかみさんの誕生日でもあるので、早く帰らなくてはいけません。家族サービスのためブログはお休みです。m(__)m
お休み
本日はお休みを頂き、朝の5時から262Cで出かけてきました。(お店は営業していましたが・・・)先週組んだ、デットニングの成果も確認したかったのですが、非常に良い音に仕上がってきました。お気に入りのJAZZをBGMに楽しいドライブができました。激しいR&B系を聞くと低音が少しビビッっているように感じたのですが、確認すると、リヤのナンバープレートがビビッてました!笑 
夏場のガソリン臭
先日お預かりした940の16Vですが、夏場にガソリンを満タンにすると、エアコン噴出し口から、ガソリン臭くなるとのことで、点検をしてみると、エンジンルームのキャニスターラインが切れていました。これでは、蒸発ガスが、エンジンルーム内に漂い、室内にもにおいがしてくると思います。キャニスターとは、夏場などにガソリンタンク内が高温になったときに、気化したガソリンをスロットルに導いてやる途中についているキムコみたいな物です。ボルボは、キャニスターラインの構造がイマイチで、夏場、異常に路面温度が高い時にエンストをする事もあります。又、キャニスターラインの接続部分はゴムホースで出来ていて、結構ボロボロのなることも多いです。特にキャニスターからスロットルに入るところのエルボホースなんか、要注意ですね。キャニスター自体は940だとヘッドライトの後ろ側についています。(黒い円筒状の物)
20051116204829.jpg

OBDⅡ
少し前の車は、統一規格でコンピューター制御しようというアメリカの思惑でOBDⅡと言う規格のシステムが使用されています。96年からボルボもそのシステムを使用していますが、OBDⅡにも色々なプロトコル(言語)があって、全てが全て一致するわけではありません。欧州車に多く使われているISOというプロトコルは、960やV90、850、V70等は読み取れるのですが、96年、97年、98年のLH2.4というコンピューターを使用している940には対応していません。汎用のOBDⅡテスターは、色々試したのですが、結局、940の故障コードを読み取れる機械が見つかりませんでした。95年までは、エンジンルーム内のダイアグで読み取れて便利なんですが、96年以降は、本当に厄介です。余計なことしくさって~って感じです。笑 ディーラーで使用している専用端末は、メチャクチャ高いし、どこかに良い汎用品が無いか模索中です。どなたか、情報有ったら教えてください~
2次健診
今日は午後から病院です・・・夏に受けた健康診断で、引っ掛かりまくりで、その2次健診でした。一応、血液検査を再度やり問診・・・更に、もう一度予約をとって、3次健診!そこで問題があると、大学病院行きだそうです。(T_T)カビーン
ホワイトリボンの240
先日書き込んだホワイトリボンを240に装着してみました。思ったより良かったです。はじめは、もう少し幅のあるリボンにしようかと思いましたが、今回は細い物をチョイスしてみました。お客様の反応を見ながら当社のラインナップに加えようかと思っています。先日、生産中止になったホイールリングは装着されていませんが、センターキャップのみでも結構カッコいいでしょ!リングの方も、現在模索していますのでしばらくお待ちください。
20051113201520.jpg

960マフラーから異音
ボルボ960にお乗りのご婦人が、「エンジン掛け始め、後ろのほうから変な音がする」といってご来店になられました。ココのところ、6304系のトラブルが多いので、あれ?今度は、マフラーか・・・っと思ってリフトUPしてみると、リヤマフラーのハンガーの溶接が取れているだけでした!良かった!交換しないでも溶接で修理可能です。写真矢印の部分と反対側の同じ部分の溶接が剥離して、エンジンが温まる前に振動が出ていたようです。チャチャっと溶接をして修理完了です。

20051112200345.jpg

960失火
91年以降のボルボ960に使用されている6304等のツインカムエンジンは、それまでの点火システムとまったく違ったシステムが導入されました。ダイレクトイグニッションシステムと言って、各プラグの上部にそれぞれイグニッションコイルが直接装着されていルシステムです。だから、今までのようにディスビやプラグコードが一切無く、エンジン上部はのっぺりしています。このシステムは、非常に安定した点火を供給するシステムではありますが、いくつかの欠点があります。ます一つに、コストが高い事!更に高温にさらされる場所にあるため熱害を受けやすい事です。古くなってきた960に良く見られるのが、配線やカプラの端子がボロボロになる事で、上手く点火できなく失火!「バスバス」っとエンジンが調子悪くなります。写真は、ダイレクトイグニッションコイルの配線カプラですが、中の端子の周りにあるブーツがボロボロなのが判ります。ココで接触不良をおこして上手く点火できないわけです。全てのカプラ、配線を修理して、修理完了です。もちろんダイレクトイグニッションコイル自体が悪くなることもよくあります。コイル一つの費用も高いのですが、それが6個もあるとビックリする金額になりますよね・・・6304等のエンジンは、非常に軽快で素晴らしいエンジンですが、高級車に搭載のエンジンだけあって、コストはそれなりにかかります。

20051111195703.jpg

ショック!
当社で取り扱いの240用オールドタイプのホイールリングですが、とうとう生産中止となってしまいました。当社でも売れ筋の商品だっただけに非常にショックです。現在、替わりの商品を探しておりますが、アレだけ安価な商品が見つかるか・・・
コントロールアームブッシュ
今日は珍しく、940の足回りのお話です。
940の足回りは比較的シッカリ出来ていて、240に比べればあまりブッシュ等のヘタリが少ない車です。痛んだとしても、スタビのブッシュやコントロールアームのブッシュ等が多いですね。コントロールアームブッシュは、フロントの足回りで前後の動きを規制する役目をしています。このブッシュがヘタルとGO/STOPの時に「ガックンガックン」タイヤが前後に不自然に動きます。当社でも取り扱いのIPDウレタンブッシュに変更すると、比較的長くもつうえに、前後方向の動きをかなり抑えることが出来ます。ただ、安いKITの方だと、カラーを再利用する必要があります。写真の左は、ノーマルブッシュです。真中がブッシュを引き抜いたところ、右がウレタンブッシュにカラーを挿入したところです。交換自体はさほど難しくないのですが、ノーマルからカラーをぶち抜いて、綺麗にバフをかけるのに時間が掛かります。興味のある方は、ご連絡ください!

ってココまで書き込んでおきながら、このネタは以前にも書いたネタだと思い出しました!笑 まあ、おさらいって事で勘弁してください!爆
20051109174541.jpg

漏れ止め剤
先日クーラント漏れでお預かりしたボルボ940クラッシックのお話です。
そのお客様は、高速を走行後、異常を感じてご来店になりました。見てみるとクーラントが全然入っていません。既に暗くなっていたので、翌日明るいところで点検する事になりました。翌日、リフトUPすると下回りに全体的に赤い汚れが付着しています。ボルボで赤といえば、ATFかPSオイルです。ただATFにしては、水っぽいです。又、LLCにしては脂っぽいです・・・。お客様のお話だと、日頃スタンド等でメンテナンスとの事で、LLCもスタンドで交換していたようです。察するにスタンドで、赤い色のLLCを入れたんでしょう。ボルボの純正は緑です。赤いLLCだと何となく判りにくいです。笑 加圧テストをしましたが、特に大きな漏れはありません。ラジエターのUPホース付根から漏れた跡があるので、いつものラジエターだろうと思っていたところ、ホースを外して見ると、確かに多少クラックは入っているものの、そんなに酷くはありませんでした。サーモスタットもチェックしますが問題ありません。ところがホース内部の汚れが凄いです。サブタンクを見て思ってはいたのですが、非常にウォーターラインが汚れています。オイルフィルターアダプターのクランプ部分からも多少漏れています。なんだか気になってヒーターホースもチェックすると、ヒーターホース内部がボロボロでクランプ部分からやはり多少漏れていました。更にヒーターバルブも外すと、固着しています。これらの原因は多分凝固するタイプの水漏れ剤だと思われます。ホース内部や、クランプ締め付け部分に異常にこびりついている不純物が、漏れを誘発したのでしょう。通常、漏れ止め剤は、あまりお奨めいたしません。もしどうしても必要な場合も、凝固タイプの物は使わないほうが、後々のためです。某メーカーで結構使える漏れ止め剤(凝固しないけど漏れをシャットアウトできる)ってのもありますが・・・。パーツが来たら、ラインを洗浄して全てのホースを交換して漏れのチェックをして、終了です!
MP3プレーヤー
ここのところMP3プレーヤーをお使いの方を良く見かけます。今日ご来店のお客様にも「CDデッキ取り付けますか?」と聞いたら、「これがあるからラジオさえ有れば大丈夫です」っといってI-pod(多分)を見せてくれました。240にお乗りの方も、良く使っているのをお見かけします。多分、今時の新しいオーディオをつけてデザインを壊したく無かったり、コンパクトな上に非常に多くの曲が入るのが便利なんでしょうね・・・これからのカーオーディオのあり方は、どんどん変わっていくのでしょうね。
そういえば、ドンドン変わっていくで思い出しましたが、皆さんは東京モーターショーいかれましたか?私は、行きたかったのですが仕事が休めずにいけませんでした。コンセプトカーには興味がありませんが、新しい技術や部品、オーディオなど見たかったです・・・色々な物が、ドンドン新しくなり変わっていくのでしょうね・・・浦島太郎にならないように気をつけなくては!
水温センサー
先週納車した240がλマーク点灯との事で、出戻って来ました。キッチリ整備したつもりが、お客様には迷惑をおかけしてしまいました。早速故障コードを診断するとコンピューター用の水温センサーが駄目になったようです。幸い在庫がありましたので、お待ちいただいている間に、交換をしました。水温センサーは、燃料系コンピューター用とメーター用の2つついています。インテークマニホールドの下のサーモスタット側がメーター用で、その奥がコンピューター用です。ちょっと交換しにくい場所にありますが、インテークパイプをスロットルから外してやると、整備用のルートが確保できます。まれに、壊れるセンサーですが、水温を感知できなくなるので、温度にあわせた燃料噴射が適切に出来なくなるのですが、走行できなくなるような故障には至らないケースがほとんどです。交換して、故障コードを消去、試運転してOKです!
262のオーディオ
今日は、夕方から暇になったので、久しぶりに262Cのオーディオをいじり始めました。実は先日、ご来店いただいたお客様のオーディオを聞いてから、オーディオ熱に火がともりました!笑 オーディオって実に奥が深く、泥沼のようにはまっていくんですよね・・・「昔は、音なんか鳴ってればいいじゃん」ぐらいに思っていたのに、数年前にスタッフのN君や友人にそそのかされて、関連書などを読んでいるうちに、「どつぼ」です。MYカーとして所有している1台は、マッキンのヘッドユニットにマッキンのアンプ、JLのスピーカーとキッカーのウーファーで、ピュア系の音造りを目指していました。262Cは、古い車なので、最新のデジタルサウンドを試してみたく、カロの5.1CHで組んでみました。カロのAVH-P9DVAは、バーブラウンの24BIT D/Aコンバーターを搭載したハイスペックユニットでタイムアライメントもオートでやってくれます。このデジタルオートアライメントがどれだけ凄いか試してみたくて、取り付けたといっても過言ではありません。・・・まあ、前置きが長くなりましたが、そんなオーディオを組んだにもかかわらず、デットニングやバッフル、スピーカーボードがイマイチで、オーディオの本来もっているよさを出せずに1年が過ぎてしまいました。まあ、忙しさもあってかまけていたのも有るし、一度組んだ物を又、いじるのって結構辛い物が有るので、重い腰が上がらなかったってのも有るんですよね・・・しかし、先日ご来店のお客様の240は、素晴らしい音を奏でていました!これではいけない!私もやらなくては!って事で、リヤシートやらトランクの内張りやら全部外して、再インストールです。今回は、リヤのハットシェルフ部分のスピーカーボードをMDFで製作して、防振対策をシッカリするのがメインです。スピーカーとウーファーの取り付けがより確実にできるように、施工していきたいと思います。古いボルボでもこんな良い音が出るんだって、頑張っみたいと思います。
(なんだか、熱く語ってしまいましたね。興味の無い方には、どうしょうも無いネタでスミマセン)
20051105190408.jpg

ホワイトリボン
今度240のスチールホイール用にホワイトリボンのタイヤを入れてみようかと思っております。コテコテのような気もするのですが、最近それもありかな?とも考えています。もし、マッチングがよければ、取り扱いをしたいと思っています。実は、近日中に白の240が入荷しそうなので、それで試してみようかと思っています。又、現在240や940にマッチングするアルミホイールの取り扱いを検討しいます。特注になるのですが、何とか12月までに発表できればいいな・・・っと思っております。乞うご期待!
明日は祭日のため
お休みとなりますm(__)mご了承ください。
早いもので
今年もあと、2ヶ月ですね・・・そろそろクリスマスの飾り付けをしたり、年賀状や年末の用意などを考えたりしなくてはいけませんね・・・1年経つのが異常に早くなったのは、歳のせいでしょうか?今日は、ネタ切れです。笑
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved