FC2ブログ
240コンピューター
昨日は、とあるイベントに参加のため、お休みを頂きました(お店は営業していましたが・・・)非常に有意義な1日でした。
さて、1日事務所を空けると、メールや作業やら一杯たまっています。今日はまず、先週末レッカーで運ばれてきた、240のエンジン不動車の点検です。
90年の240ですが、走行中に突然動かなくなり、その後「ウンともスンとも言わなくなった」とのことです。まずはセルを廻します。勢い良く回ります。何となく初爆はありますが、継続しません。DTC(故障コード)を見ようと思うと、既に異常発見・・・DTCが読み取れません・・・あちゃ~燃料系のコンピューター逝っちゃてるな・・・他にも各部点検してみます。火は飛んでいるか?燃料ポンプは廻っているか?などなど・・・コンピューターが逝っている場合でも、リレーをかませることで治る故障もあるのですが、今回は、そうもいかなそうです。例えば、PCが燃料ポンプのリレーのコントロールをしているのですが、その部分が駄目な場合は、強制的にポンプが廻るように配線を改造するとか・・・まあ、詳しく説明すると永くなるのではぶきますが・・・
とりあえず、当社の在庫の車のPCを装着すると「ブルン」っと一発でした。新品でこのPCを購入すると142000円です。ちょっと中古で探してみようと思っております。そんなに良く壊れるパーツでもないんですけどね・・・
本日は
私はお休みをいただきました。スタッフのN君は大忙しだったようです・・・
ハザードSW
先日、262CのハザードSWをようやく手に入れました。えっ?240と同じでしょ?っと思われる方も多いかとは思いますが、ちょっと違うんです。確かにコネクターは一緒ですが、古い240や260系は、赤透明のSWカバーが光るタイプで、既に絶版パーツとなっていまして、新品を手に入れる事が出来ません。機能的には、新しい方のSWをつけていても何の問題もないのですが、あの赤のSWが非常にカッコいいんですよね~中古を探していましたが、割れてたり、既に新しいSWに交換済みの物ばかりで、程度の良いオリジナルがなかなか無かったのです。ところがひょんな事からそのSWがついた80年の240を見つけました!おっこれは買いだな!って事で車ごと手に入れました。笑 ちなみに、手にもっているのが新型、車両に付いているのが今回手に入れたオリジナルです。
20051029192555.jpg

ブレーキホース交換
純正のブレーキホースは、古くなってくると劣化でゴムが膨らんできます。こぶみたいな状態ですね。ほっとくと、急激な圧力が掛かった時に、そこから漏れ始めます。今回、車検でお預かりした240もまさに、その瞬間でした。膨れ上がったこぶが破裂寸前で、既にジョイント部分からは漏れがありました。走行中に切れなくて良かったです。まあ、そうは言っても240はダブルトラアングルという、特殊なブレーキシステムですので、1本が切れても、まったくブレーキが利かなくなってしまう訳ではありませんが・・・当社のステンメッシュのブレーキホースに交換して、作業完了です。純正の部品に交換するより、当社のステンメッシュのホースの方が安いので、良いですよ!
雨漏れⅢ
今日も雨漏れの続きです。一枚目の写真の下の部分が隙間があるのが見えますか?ドレンのホースをタイラップで止めているだけで、強く圧着されていないので、ここから漏れているのだろうと思われます。2枚目の写真が更にそれを裏付ける写真です。水が流れた跡があります。この部分をシッカリ、ホースバンドで固定して、様子を見るつもりでいます。
20051027211537.jpg

20051027211602.jpg

雨漏れⅡ
雨漏れ修理の写真第二弾です。ルーフライニングの中はこんな感じです。左右に黒いゴムホースがあるのがわかります?これがリヤ側のドレンホースジョイントです。ここから漏れたと睨んでいます。漏れ跡のUPは、又明日!ちょっと今、ヘビーな仕事にぶちあったっていて、雨漏れ修理は、そのヘビーな作業と同時進行で進んでいるため、進行状況遅めです・・・(T_T)

20051026213454.jpg

雨漏れ
雨漏れって非常に厄介です。今週は2台の雨漏れ修理が入って来てます。しかも、何だか厄介な場所からの漏れ方です。雨漏れの原因って、限られるのですが、その限られた中でも、非常に判断が難しいです。今回の2台は2台とも荷室に水が垂れます。とりあえず、1台内張りをはぐって見てみると、ルーフライニングの裏側が湿っています。この状態で、まず判断出来るのは、ガラス系統では無いとの判断です。ガラスはルーフライニングより下にありますので、ガラスからの漏れの場合は、ライニングは濡れません。そうなると、考えられるのは、テールゲート、ルーフレール、サンルーフとなります。内張りを外した状態で、それぞれ順番に水を掛けていきます。まずは、テールゲートを中心に・・・漏れません。次はルーフレールの付根あたり・・・漏れません。最後にサンルーフ・・・漏れません。笑 水道水をシャワーでかけても、自然の雨や風を忠実には再現できないので、水をかけたテストだけでは、判らない事も多いです。次は、サンルーフ内部のガイドに直接水を流してみます。サンルーフはシーリングされていますが、100%ではありません。脇から漏れた水は、受け皿を流れて、ドレンで外部に排出されます。古い車だとこのドレンに、落ち葉やゴミが詰まり、オーバーフローした水が室内に流れてくるケースがあります。ただ今回の車は、比較的新しい車ですので、その可能性は低そうです。ホースから直接ドレンに水は流せないので、水差しを使い少量の水をガイドに流します。左右前後にドレンがあり、前はAピラー内部をとおり、Aピラー下部から排出、後ろは、Cピラー内部をとおりリヤタイヤの後方に排出されます。ここでも特に漏れはおきませんでした・・・ただ、後方のドレンパイプのあたりが比較的濡れ具合が激しいです。ドレンパイプを見ると。接続部分はクランプではなく、タイラップで止まっています。念のため外してみると、ホースの内部のヘリまで水が流れた跡があります。通常キッチリとまっていれば、ここに水の流れた後はつかない筈なので、これかな?との判断で、クランプでシッカリ固定した後に、再度水をかけてテストします。今の所、漏れはありませんが、これと断定できないところが非常に厄介で、明日も水掛テストを行う予定です。又、サンルーフシールも枠の外側で漏れるのは、受け皿があるので問題ありませんが、サンルーフとシーリングの間から漏れると受け皿ではないところに水が落ちて漏れる場合もありますので、そのあたりは、ガラス屋さんにシーリングをしていただきます。電気と同じで、見えない物の修理は、時間が掛かります・・・

20051025203136.jpg

240伝説
先週ブログでお知らせした、程度の良い240が土曜日に入って来ました。非常に程度がよく、メンテナンスはもちろん、随所に大事にされていた事が、わかる車でした。さて、HPにUPしようと日曜日に写真を撮っていると、初めてご来店の新婚さんが、一目で惚れ込み、即決で購入されました!入庫から販売まで僅か1日足らず・・・当社の記録です。笑 これも縁なんでしょうね・・・240伝説です・・・
光触媒Ⅱ
先日、施工した光触媒のその後レポートですが・・・
非常にGOODです!施工直後は、雨が続いた事も有り、なかなか日にあたらなかったのですが、週末にかけて日が出ている時は、窓を開けて直接、紫外線を浴びせていました。かなり臭いが無くなりました!非常にかび臭かった室内が不思議なほど、無臭です!記憶の中に、クサイイメージが僅かに残っているので、まだ多少臭いを感じる事もありますが、日に日に臭くなくなっていくとの事ですので、これは試した価値がありました。もし臭いでお悩みの方は、ご相談ください。当社で施工承ります!
イニシャルD
最近、息子とイニシャルDのDVDを見ていたら、なんだか運転が荒くなりました!笑 昨日、ちょっと出かけた際、262でワインディングを流したのですが、面白いように曲がるのをいいことに、チョット、オーバースピードで突っ込んで、スキール音させながら下りを攻めました。もちろん主人公の藤原拓海のようにドリフトをあてるわけでなく、武内樹レベル!笑 (ここで笑ったあなた、イニシャルD知ってるね?)まあ、それでもシッカリ、思ったとおりのラインをトレースできる30年近く前の車って、凄いかも・・・ワイドトレットにもなっていることもあって、非常にコーナリングは安定しています。前の車に追いついたところで、「はっ、いい年なんだから安全運転安全運転」っと言い聞かせて、帰って来ました。笑
今日も、くだらないネタでスミマセンm(__)m
突然現れた判子屋のオヤジ
昨日の話ですが、50代前後の人の良さそうなおじさんが、お店にやってきました。私も商売人ですので、一目でお客様で無いのは判りましたが、妙ににこやかで営業にしては、爽やかです。伺うと、判子屋さんとのことでした。実は、丁度実印を作り変えるかどうか悩んでいたところで、小心者の私としては、実印を替える事で運気も変わったりするのかな?なんてちょっと思っていたところでしたので、判子屋さんに少し興味を持ちました。すると突然「お名前聞いてもいいですか?」っと言います。字画で値段が変わるのかな?っと思いながらも、名前を告げると・・・名前の鑑定をしはじめたのです。笑 正直、あまりそう云った類のものは、信じないのですが、やはりそこは人間、良いといわれれば嬉しいし、悪いといわれれば、嫌な気分がします。どうなんだろうっとドキドキしていると、結果を話しはじめました。名前鑑定の安西さんみたいな口調で、色々言ってくれるのですが、何となく色々な事が自分に当てはまり、なるほど~っと思ってしまいます。まあ、結果としては「吉」ってな事で胸をなでおろしましたが、「さて判子の値段は、?」っと聞くと、凄く高いわけでもなく、微妙に高い金額で、躊躇してしまいます。笑 こういった縁起物を値切るのは嫌だし、かといって多分「アスク○」みたいなところで買えば、安いとは思えど、せっかく名前鑑定してくれたこのおじさんに悪いし・・・聞けば、わざわざ葛西の方から来たといいます。いやいや情に流されてはいけない・・・っと葛藤の挙句、「検討させてください」と優柔不断な答えをしてしまった、情けない私です。笑 
今日は、車ネタがなかったので、こんな話でした!チャンチャン!
240ワゴン
ここの所、240ワゴンが品薄で、当社の240ワゴン在庫は0でしたが、(古いのはともかく)近く、出物が入荷しそうな気配があります。最近、本当に程度の良い240が少なくなってきて苦労しております・・・入荷したら、HPにUPしますので、お楽しみに!
オーディオのコード
一部のボルボのオーディオには、盗難防止がついています。バッテリー等を交換すると、オーディオがリセットされて、{CODE}って出てきます。年式は確かではありませんが、90年以前ぐらいの古いオーディオは、一台一台個別のナンバーガ有り、それを入力する事で、盗難防止を解除していました。ところが、純正オーディオなんか盗まれない日本では、非常に不便で、後に66666+AUTOって全車決まったコードを入れると、解除されるようになりました。どうせなら、盗難防止装置ごと廃止してくれれば良いのに・・・厄介な事に、間違ったコードを何回か入れると、オーディオが1日動かなくなります!
さて本題です。本日、車検のお引取りに来られたご夫婦のお話です。お車をお渡ししてお見送り後、数分でお戻りになられ「オーディオが動かないんですけど・・・」っと言われました。見てみるとオーディオが「OFF]となっています。当社でバッテリー交換したのですが、スタッフがうっかり、コード入力を忘れお渡ししてしまい、お客様も判らずに、色々押して、{OFF}っというフリーズ状態になってしまったようです。ん~どうしょうもできません。(あやふやな記憶では、オーディオの内部基盤のどこかを短絡させると解除できたような気もするのですが・・・)「明日コードを入れなおしていただければ動きますので、本日のお帰りは音楽無しで申し訳ありません」っと謝ると「いえいえ大丈夫です。トークで盛り上げますから!」とご主人の暖かいお言葉に助けられました。
HEAVYなお仕事
今週はHEAVYなお仕事が続きます・・・まだ週明けて2日目ですが、今から無事に週末までに仕事が終わるのか・・・不安です。笑 とりあえず、足回り総取り替え(ブッシュ類からショック、サス、スタビ等)というHEAVYな作業を手がけています。古い車ですので、すんなり外れない所も多く、結構大変・・・
光触媒
光触媒って聞いた事有りますか?光があたる事で、汚れの分解、消臭・脱臭、抗菌・殺菌、有害物質の除去、ガラス・鏡の曇り防止、防汚などをする画期的なものです。って言っても私も詳しくは知らなかったので、ちょっと調べて見ました。・・・最終学歴職業訓練校の私には、深く詳しくは理解できませんでしたが・・・笑 詳しくは、こちらを見てみてください。
http://www.d7.dion.ne.jp/~shinri/nyumon.html
そんな光触媒を当社では室内の除菌、消臭、殺菌等ルームクリーニングとして車に施工していこうと思っております。まずは、先日買取した240にテスト施工です。実はこの車、引き取った時から、酷くカビ臭く、どうしようかと考えていたところで、光触媒の話を聞いて、「それじゃ試してみよう!」ってことになった次第です。最近ではディーラーでも新車時に光触媒の施工をする方も多いようです。又中古車などで、ペットや体臭、芳香剤のきつい臭いも取れると噂を聞いております。消臭スプレーなどと同じでしょ?と思われる方も多いようですが、ファ○リーズ等のスプレー類と違い、根本的に臭いの元となる物を除去する物で、無臭です。更に、施工した瞬間では無く、その後、光にあたる事によって、ドンドン殺菌消臭されていくとのことで、非常に楽しみです。結果が、わかるには少し時間が掛かりますが、テスト後、問題が無ければ当社でも取り扱いをしようと思っております。興味のある方は、今しばらくお待ちください!

20051017194606.jpg

940サンルーフ修理
今日は義弟の945の修理をちょっとだけやりました。夏に安い945を譲ったのですが、その時からサンルーフが不動でした。忙しいこともあって、身内の車なのを良いことに、放ってあったのですがサンルーフが動かない事よりも、シールが落ち込んで、雨漏れがしないか実は心配していました。またま、今日はお客様も少なく暇していたところ、義弟もぶらっと遊びに来たので、「おっ時間あるなら治そっか!」って感じで作業となりました。以前からモーターだろうと思い、部品は中古で用意しておきました。940のサンルーフモーターは確か新品で買えば5万前後ぐらいします。さて、それじゃ作業するか・・・と思いモーターを外して見ると、モーターの配線が外れています。・・・なんだモーターの配線が抜けていたのか・・・と思って装着するとチルトUPするのに閉まりません。あれ?やはりモーターが壊れているのかな?っと思い用意してあったモーターに付け替えると、やはり同じ症状です。なんだ~SWが悪いのか・・・って事でSWを交換すると無事に動きました。多分前のオーナーが、SW不良で開くけど、閉まらない状態が嫌で、モーターの配線をわざと外していたのでしょう・・・そんな事するぐらいなら、SWのコネクターを抜いた方が楽なのに・・・更に、長期間空けていなかったサンルーフは動きが非常に悪く、チルトUPはスムーズにするものの、全開するのはちょっと難儀です。まあ、ストップ位置の調整も出来たし、シーリングもちゃんとはまったので、これで良し!って事で!義弟には「チルトUPすればタバコの煙も逃げるからいいべ~」と説明して作業完了です。笑
ジャンジャジャーン!
って、程では有りませんが、丸目2灯パーツが届きました!いや~結構良い感じです。もちろん当社にも丸目は何台か入って来ますが、新品で組んだグリルやヘッドライトベゼルなど、なんだか凄く新鮮です。外装もだいぶ仕上がってきたので、そろそろオーナーを探そうかと思っております。まあ、まだやる事は一杯有るのですが、切羽ぱ詰まんないとなかなか進まないので・・・笑 誰か欲しい人居ませんか~
20051015195354.jpg

電動シート
本当に電動シートは壊れますね・・・940のクラシックは非常に人気の高いモデルですが、この電動シートが壊れるのが厄介です。940の場合、大体前後スライドに不具合が起きる場合が多いですね。ワイヤーが空転して、左右のレールの位置がずれることで、動きが悪くなる、もしくは動かなくなるんです。シートを外して、アウターワイヤーを切り詰めるのですが、作業効率が非常に悪い構造になっていて厄介です。シートも重く、ギックリ腰持ちの私には辛いです。今日はM君が作業です。笑 前の工場だと外したシートを出し入れするのも大変でしたし、外したシートを置く大型の作業台もなかったのですが、新工場は、多少広いので非常に楽になりました!

20051014200313.jpg

100km/h時の足回り異音
当社の240のお客様が「100km/hぐらいで高速の緩いカーブを走っていると、ハンドルがぶれて左前から異音がするんですよね~」っとの事で、お車をお預かりしました。実は数ヶ月前から、お話があったのですが、様子を見ていただいていたところ、最近頻繁に酷くなってきたとの事で入庫となりました。「100km/hの緩いカーブでテストか~どうしようかな~?」と思っていたのですが、とりあえずリフトで上げてみると、ロードテストをするまでもなく、原因がわかりました。ストラットのロアボールジョイントがガタガタで、タイヤが前後方向に遊びます。更に、タイロッドエンドにもガタが出ているので、ハンドルにもかなりの振動が出ています。距離も結構走っている車ですので、根本的にはブッシュ類も交換したいところですが、コストの事を考え、必要最低限な範囲で修理をする事にいたしました。交換後、デジタルアライメント測定をして、各アライメントを調整、テスト運転で問題なく作業終了です。いずれは、ブッシュ類もやっていきたいところですが、とりあえず走行には問題ないでしょう。足回りのガタは、走行に問題の出る場所とそうでない場所がありますので、著しく振動が大きい場合などは、点検をお奨めいたします。
パーツ入荷
さて、IPDからの定期便が入荷しました。欠品だった商品も一部を除いて入荷しましたので、お知らせいたします。ご存知のようにアメリカの原油高が影響して輸送コストが上がってきております。又中国市場の需要よる鉄鋼不足で商品自体の定価が上がってきている懸念もあります。現在の所、当社での大幅な値上げは、有りませんが、既にIPDの定価が跳ね上がった物も出てきておりますので、今後は多少の値上げも出てくるかもしれません。私共もなるべく安く販売できるようには努力いたしますが、ご理解の程よろしくお願いいたします。 m(__)m
風邪?
子供が風邪ひくと、私がそのあと遅れて風邪をひくことが多くなりました。先週末辺りから、息子が「コンコン」やっていたと思ったら、今週になり案の定私ものどが痛く鼻が垂れます。笑 10日は祭日でお休みを頂きましたが、雨だったこともあり、家で久しぶりにゴロゴロとしてしまいました。いつも忙しくしている人間が、久々に休んでゴロゴロしていたのがいけないのでしょうか・・・気合で治さなくては!

雨漏れ
OPEN以来悩まされてきた事務所部分の雨漏れ修理が先週やっと終わりました!
やっとブルーシートともおさらばです。笑 台風の時なんかは、ブルーシートが飛ばされていないか心配で、眠れませんでした!又、雨の朝は、事務所の鍵を開けるのもドキドキで、一つ一つ雨漏れを確認しては胸をなでおろし・・・
これもいつか良い思い出になるんでしょうね! 
シートの中身
240のシートの修理をしました。アンコの修理は、以前ブログにも書きましたが、フレームの写真を掲載しなかったので、シートの中は、どうなっているか掲載いたしました。座面において有るのは、ヒートパッドです。熱線になっていて暖かくなる奴ですね。背中の真中辺りに有るのがランバーサポート。サイドのネジを回す事によって張りを出す用になっています。ネジはプラスチックで出来ているので、負荷をかけすぎるとすぐに壊れてしまいます。上の白い所が、ヘッドレストの差込で、差込の下の辺りを後ろから指圧するように押してやるとヘッドレストが外れます。

20051008200017.jpg

10月のキャンペーン
10月のキャンペーンのお知らせです。
最近の傾向として、既にボルボにお乗りのお客様が、より良いボルボをお探しになっている事が多くなってきました。例えば、90年モデルの940Tで、距離は15万km、色々な所にカタがきていて、治すにはちょっとお金が掛かる・・・でもボルボ以外の車には興味がなく、やはり又高年式の940に乗りたい!940も最近程度が良い物が少なくなってきたので、ここらで、程度の良い物件はないものか?そんなお客様が、次の940をお買い求めやすく出来るよう、ボルボならどんな状態の車でも10万円で下取りします!買取店で値段が付かない車もOKです。ACが壊れていようが、ミッションが滑っていようが、ボコボコでも問題ありません。又、ボルボ以外のお車でも5万円お付けいたします!
更に、下取りがないお客さまには、ローン金利0%キャンペーンを実施いたします。(100万円最長36回まで)例えば、込みこみ68万の車を頭金0円、36回で購入すると月々18900円!ボルボの新車の金利より安いですよ!笑 是非、買い替えの方は、この機会にご利用ください!

(但し下取り10万キャンペーンと0%金利キャンペーンを同時にはご使用できません)
インジェクター
今日は、当社のお客様の960のお話です。そのお客様は、非常に几帳面なお客様で、いつも車を綺麗にされております。ある日、走行中室内がガソリン臭い気がして、エンジンルームを開けてみると、インジェクター付近からガソリンが蒸発しているのを発見されました。そこで、Oリングの交換依頼となったのですが・・・まあ当たり前ですが、960の6254エンジン(直6)ですので、6個もインジェクターがあって、結構大変です。笑 4気筒なら、簡単なのに・・・しかもOリング交換って簡単そうに聞こえますが、比較的、力技です。新品のOリングを装着するとデリバリーパイプもインテークマニフォールドもインジェクターが挿入しにくくなります。工具を使ってインジェクターを痛めるわけにもいかないので、手のひら圧力で挿入します。6個もやってると、手のひらが赤くなってきて、汗だくです。(デブだから?笑)外したOリングは、インテークマニホールド側が、硬化して、少し痛んでいました。交換後試運転をして、漏れを確認して終了です。皆さんのお車も走行中に、ガソリン臭いときは、燃料漏れを疑ってくださいね。インジェクターやキャニスター(蒸発ガスをマニホールドに戻す前に装着されている大きいキムコみたいなもの)、各ホース類をチェックです!くれぐれもくわえタバコは厳禁です!笑
初の試みで2枚写真を掲載してみました!

20051006213318.jpg


20051006213352.jpg

本日は
1日研修のためお休みです。m(__)m
ACからのスポンジ攻撃!
740や940の初期に多いのですが、ACの噴出し口からスポンジが飛び出してくる車があります。黒いスポンジで、非常にベトベトしていて厄介です。ACユニット内のスポンジがACオイルや漏れたACガスを含み、劣化で剥がれて、飛んでくるのですが、服に付くと黒く汚れ、掃うと汚れが伸び最悪です。ユニットを外して掃除するわけにもいきませんので、一つ一つの噴出口(ルーバー)を外し、他の噴出し口をシャットアウトした状態で、ブロアFANを全開にして、掃除機を突っ込んで綺麗にしてやります。噴出し口の裏に溜まっている場合が多く、その塊を取らない限り、小さなスポンジカスが何時までも出つづけます。今日の940は、凄い量のスポンジがルーバーの裏に溜まっていました。これだけルーバーの裏にカスが溜まっていたら、まともにACもかけられなかったのではないかと思います。黒いカスが出る方は、是非ルーバーを外して掃除してみてください!
珍しくFFの作業
今日は、珍しくFFの作業です。先日、販売したS40T4のマニュアル車が、エンストで入庫しました。エンスト自体は、たいした事では無いのですが、エンジンのブレが少し気になります。(もちろんお客様も気にしております)確認すると、エンジンのUPマウントがヘタってきているようです。FRのエンジンレイアウトと違って、FFの横置きエンジンは、エンジン上部にもマウントがあり、前後方向、左右方向の揺れを制御しています。FRなら左右に各1個とATマウントで前後の位置も決まって簡単ですが、FFはその狭い空間にエンジンとミッションが押し込まれているので、複数のマウントがあり、厄介です。S40は、UPマウントのヘタリで振動が出る傾向が有るそうなので、振動を感じたら、まずはUPマウントを疑ってみてください。写真の左は古いマウント、右が新品です。位置が全然違うのが一目瞭然です。交換後は、ブレもなく正常です。
20051003204121.jpg

キャンペーン終了
9月のOPENキャンペーンも無事に終了いたしました。多くの方のご来店、通販でのご注文、有難うございました。又、次なるキャンペーン企画いたしますので、今しばらくお待ちください。10月は、車両販売のキャンペーンを企画中です!金利手数料0!もしくは愛車下取り大作戦!等のキャンペーンを来週には発表したいと思いますので、お車購入のご予定が有る方は、乞う御期待!
エンスト
20:00過ぎ  今、エンストした車がJAFで運ばれて来るのを待っています。先週、車検で預かった車ですが、特に不具合もなく、納車したのですが、本日夕方路上でエンコしてしまったようです・・・

20:15  なんて、書き込みをしていたら、丁度JAFの車が到着しました。早速ローダーから降ろして見ると、確かにウンともスンとも言いません・・・92年の240ですからLH2.4という故障診断付きの機能をもってます。チェックしようとすると反応がありません?ありゃコンピューターが逝ったかな?なんて思いながらも助手席足元のヒューズをチェック!特に切れているヒューズは有りませんが、よくよく見ると上から6番目のコンピューター用ヒューズの端の部分が微かに腐食しているよう見えました。チョット触って見ると、エンジンが掛かりました!ヒューズを外して点検すると切れてはいないのですが、端だけ腐食して接触不良をおこしたようです。イモムシ型のこのヒューズは、古くなるとこのような事が起こるのですが、見過ごしやすく、パッと見は判らないので困ります。ただ、少し配線やヒューズに熱を持っている可能性も有るので、お客様には、その旨をご説明して、経過を見ていただくようにお願いいたしました。整備あがりの車が、タイミング悪く止まってしまう事は、たまに有ります。お客様的には、「整備したばっかりなのに!」とご立腹されるのは、あたりまえです。ただ私たちにも判らないところ、判らないタイミングで突然として壊れる部品があるのも事実で、お客様にもその旨をご説明させていただきました。今日のお客様は「古いくるまですから、しょうがないですよ」っと言っていただき、胸をなでおろしました・・・

21:00過ぎ  そんな感じで、終わりかけた頃、今度は、水漏れでオーバーヒートのお客様が突然ご来店です。取り急ぎ作業をします。今日は、閉店時間を過ぎてからバタバタです。笑 

22:00過ぎ・・・ ブログ書き終えまして、本日のお仕事は終了ですm(__)m
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved