FC2ブログ
ポッキリ!
たまにはメンテネタを書かないと怒られそうなので、先日お預かりしたマフラー交換の話です。
お客様は、「最近マフラーがグラグラしている」との事でしたが、リフトUPすると、ご覧のようにポッキリ折れてます。笑 コレだけ折れてると修理(溶接)のしようもありません。ASSYで交換となります。昔は純正パーツでも中間パイプだけで部品が出たのですが、最近はキャタリックコンバーター(触媒)から後ろのSET販売となってしまって非常に高くなってしまいました。ターボだと純正でASSY交換すると8万弱かかります。自分の所の宣伝をするわけでは有りませんが、社外のステンスポーツマフラーの方が、安くてお買い得感があります。始めは、ステンマフラー66000円?高い!って思ったお客様も、その後純正の値段をディーラーで聞いて、ビックリして、「やはりステンスポーツマフラーにします・・・」って事が良くあるぐらいです!笑 今回のお客様もステンマフラーに交換となりました!
20050731192704.jpg

盆踊り
今日は、7時に仕事を終わらせて、地元のローカルな盆踊りに行ってきました!子供とジンベイを着て、暑い夜を楽しく過ごしました。金魚救いならぬ、プラスチックお魚すくいをしたり、ヤキソバ、たこ焼き、カキ氷と堪能し、踊れない盆踊りを見よう見真似で踊り、疲れた子供を抱っこして帰ってきたら、ぐったりです。笑 忙しい日々の中にあって、久しぶりにゆっくり日本の風情を楽しめたような気がします。
最近、車ネタが無くて怒られそうですが・・・笑
262のAC
今日は月末のお支払い等、色々な所用で、都内に行きました!
262Cで出かけたのですが、地獄でした!笑 月末の首都高渋滞にはまり、ACの効きが悪く、汗だくの状態です。今日の暑さは、国産車のACでもイマイチの冷えだったんじゃないでしょうか?思わず、ACガスが抜けてコンプレッサーが止まったんじゃないかと、路上でボンネットを開けて見ましたが、コンプレッサー君は一生懸命廻っていました!笑 元々かなり低い冷媒能力ですから、能力を遥に上回る暑さに、コンプレッサーが可哀想に思えました。実は、忙しくて262Cには、まだ電ファンを付けていないんですよね。それも能力を低くしている原因でもありますが・・・ただ、水温は、結構安定しているのですけどね。(それでもやはり水温メーターはコマメに見ちゃいますよね!)早く涼しい秋にならないかと、想いにふけるデブな私です!笑
管理人へのメッセージについて
え~管理人へのメッセージについてですが・・・
いつも色々なメッセージを頂きありがとうございます。実は、システムの問題なのか私の無知が原因なのかわかりませんが、非公開のメッセージについて、その方に、返答をする手段が見つかりません。ホストはわかるのですが、アドレスがこちらでは確認できないのです。大変申し訳有りませんが、コメント欄にメールアドレスを入れていただければ幸いです。昨日も850の件で、メッセージ&ご質問頂いた方がいるのですが、色々いじっているうちに消えてしまいました!ごめんなさいm(__)m 又、このシステム自体が、あまり管理人に目に付く場所に無く、ご返事が滞っている場合もあるので、できれば個人的な質問等は、リンクしてある2ND MOTORSのメールにいただければ助かります。なるべくお返事するようにはしておりますので・・・
万が一、この件が、管理人の無知でご返答できないようであれば、笑ってやってください!もしくは、方法を伝授してください!笑
青空
台風一過で久しぶりに東京にも青空が見ることが出来ましたね!ここのところ暑くても、うす曇のような天気が多く、こんなに青く高い空を見るのは久しぶりのような気がしました。コレだけ空が青いと暑くても許せますね!昨日のような湿度の高い日は許せませんが・・・
余談ですが、数年前まで、「台風一過」のことを「台風一家」と勘違いしていたんですが、コレってありがちですよね?笑 
カメハメハ大王からの脱皮!
当社にご来店いただいたお客様は、ご存知だとは思いますが、うちの工場は非常に狭いです。笑 基本的に、工場と呼ばれているスペースには、リフトが1機と猫の額ほどの作業スペースしか有りません。晴れている日には、駐車スペースも青空整備工場と化します。そんな状態ですので、今日のように台風直撃!とか大雨!とかってなると、作業が進まなくなる事もしばしばです・・・わたしたちはカメハメハ状態と言っています。(風が吹いたら遅刻して 雨が降ったらお休みで カメハメハ)って歌知ってます?笑 特に、ここのところ非常に忙しく、AC修理やらオーバーヒート修理やらエンスト修理やらで駐車場があふれかえっている状態で、本当にお客様にはご迷惑をお掛けしております。お客様から修理依頼を頂いているのに、「すみません。来週まで一杯です」っと言うのは非常に心苦しいのです。中には、「高飛車な車屋だ!」と思われる方もいらっしゃると思います。私共も出来れば、全ての車を受け入れたいのですが、物理的に難しく、頭を下げるしかない次第です。
ところが、このカメハメハ状態から脱皮できる事になり、ここにご報告いたします。現在のところ8月末を予定しておりますが、新天地に移転いたします。(っとは言っても現在の当社からわずか数百メートル先ですが・・・)今度の所は工場に数台の車も入るし、今よりは整備の受け入れも良くなる予定です。新天地に移ると「儲かってるね!」とか思われそうですが、けっしてそんな事は有りません。笑 顧客満足度の向上を目指して、今までと同じサービスをより有効な作業スペースで提供できるように社員一丸となって頑張りますので、ますますのご愛顧よろしくお願いします!(なんだか最後の分が堅苦しくなりましたね・・・笑)8月は引越し等で、ご迷惑をお掛けする事もあるかと思いますがご了承くださいm(__)m
240燃料メーター
今日は、燃料メーター不動のお話です。
燃料メーターが動かない240が入ってきました。まずは、メーターが不良なのか、センサー(センダ)が不良かチェックします。チェックの方法は、トランクのフューエルセンダの配線を外して、メーター側の配線をアースに短絡させてやります。その状態で、メーターの針が上がれば、メーターは問題ありません。チェックすると、メーターは見る見る上がります。センダユニットに問題が、ありそうです。荷室の内張りを剥がして、センダユニットのサービスホールを開きます。いつも思うのですが、何でもう少し大きめにサービスホールを作ってくれないのでしょう・・・もう少しだけでも大きければ、余裕をもって作業できるのですが・・・まあそんな事はさておき、センダを引っ張り出します。センダの取り付けには、本来専用の工具が必要になりますが、ちょっとしたコツと工夫では、身の回りの通常工具で外す事が可能です。外した、センダユニットのフロート(浮き)をチェックしますが問題なさそうです。抵抗値を替える可変抵抗の接点が少し悪そうなので、ばらして接点を磨きます。更に、接点が強く当るようにスプリングを調整して、単品テストをします。可変抵抗の値ですが、大体満タン状態で36Ω前後、空っぽ状態で300Ωぐらいだったと思います。単体テストで規定値内の状態なのでとりあえず、タンクに装着をして確認してみます。漏れの確認もあるので、ガソリンを満タンにすると、バッチリです。本来なら交換したいところですが、まあコレで当分は大丈夫でしょう。本当は写真を撮りたかったのですが、センダユニットの取り外しは、手がベトベトになるため写真を撮る余裕が有りませんでした。笑
南の地から・・・
今日は、遥かなた南の地から、ボーンホワイトの240を見に来た、お客様のお話です。
北は、先日納車した244Tの北海道帯広登録が遠方登録の記録でしたが、今度は南の遠方記録の更新です!笑 今までの最南端登録は、広島ですから、更に南に進みました!なんと、北九州からのご来店です!地図で見ると、帯広と北九州は東京からだと同じぐらいですしょうか・・・それにしても、凄いです。北海道の方もそうでしたが、本日の北九州の方も、ボーンホワイトの240を見るためだけに上京されたとの事で、本当にありがたいお話です。数日前からメールでもやり取りはいたしました。その中で、「出来れば車を見ていただき、試乗して頂きたい・・・遠いとは思いますが・・・」とやり取りしていたのですが、本当にそれだけのためにご夫婦でお越しいただいて、感謝感激です。お仕事のついでに御寄りいただいたならともかく、朝8時過ぎに出て、昼過ぎに到着、そのままトンボ帰りで飛行機に乗って帰られました。今ごろまだ雲の上でしょうか?こうやって、遠方から来て頂いたお客様のご期待にこたえるために、細心の注意を払って、納車点検を実施したいと思っております。又、この車は、ワンオーナーで前オーナーが泣く泣く手放した逸品です。前オーナーは別れ際に「次のオーナーが大事に乗っていただけると嬉しいです」と別れを惜しんでいましたので、次のオーナー様が、大事に乗ってくれそうな方だとご報告をしたい次第です。色々なドラマに立ち会えて、私も車屋冥利に尽きます。
地震
いや~さっきの地震凄かったですね~。お客様と商談中だったのですが、慌てて外に飛び出しちゃいました!笑 2人のお客様の内、一人は阪神大震災の遭遇されたそうで、やはり地震に敏感になってらっしゃいました。
今日は、これから調布の花火大会です。なんだか雲行きが怪しいくなってきましたが、降らない事を祈りましょう・・・
腐ったガソリン!
今日は、訳有って1年以上放置された、940の点検をしました。まずは、バッテリー死亡!交換して始動すると、酷いラフアイドル!ん~なんだろ?とりあえず工場に入れます。次はエンジンオイル交換。酷く臭いです。実は1年前に整備した直後、訳有ってオーナーが取りに来ない状態で放置されていた車です。オイル交換してから数キロと走っていませんが、とても良い状態のオイルではありません。更に、各ベルト類、ゴム類の劣化。色々点検が必要そうです・・・スロットルやエンジン調整をしてもラフアイドルが止まりません。ガソリンを確認すると、猛烈な匂いです。ガソリン腐ってます!タンク内のガソリンを全て入れ替える必要があります。やはり1年以上も放置されれば、車もひねくれますよね!可哀想に・・・
電動シート
ボルボの電動シートは、よく壊れます。940、960、850と車種に関係なく不具合が出るのです。(新しいVOLVOは違いますが・・・)私がボルボにいた頃は、780や760等が標準で電動シートだったので、壊れてもあまり台数も無かったのですが、90年代中半以降、中級グレード以上のモデルは、ほとんど運転席電動シートとなったので、最近特に不具合が出てきて厄介です。一番多い故障は、背もたれが左右ねじれて倒れるとか、前後のスライドが動かないとかですね。原因は、モーターとギヤを連結しているワイヤーのアウターが伸びて、インナーワイヤーがギヤにシッカリ噛み込まないのがほとんどです。対処方法としては、ワイヤーを交換するか、アウターワイヤーを切り詰めるのですが、ワイヤーの着脱がそれなりに面倒です。次に多いのが、モーターの不具合、負荷が多く掛かった場合によく起きます。例えば、チャイルドシートが後ろにあるのに、無理やりスライドしちゃったりとか・・・この場合は、モーターを交換するしか有りません。940や960のフロントシートは、外すのにもちょっとしたコツがいります。ボルトを4本取っただけでは外れないので、このコツを知らないと、非常にイライラします。(そのコツを文章で説明するのは難しいですが・・・)又、電動シートは重いので、車外に出すのも一苦労です。整備性を考えたら、手動のシートが一番です。ただ、いつも思うのですが、リクライニングのダイヤル式は、やめて欲しいですよね~あそこの機構だけでも、国産のようなレバー式だったら良いな~といつも思います。ちょっと仮眠するのにシートを倒すのも厄介ですもんね・・・
20050721192638.jpg

駄目だ~
すみませんm(__)m今日は忙しくて、ブログかけません~ちょっと夏ばて気味です!笑
240エンジンマウント
本日点検の240は、凄い事になってましたね~左右のエンジンマウントが
ブッちぎれてエンジンが傾いでました!笑 普通、エンジンマウントがヘタってくると、エンジンが下がってきて、ファンがファンシュラウドに当って、お客様が気が付く事が多いのですが、マウントがちぎれて回転方向にねじれているのは、久々に見ましたね!笑 有無を言わさずエンジンマウント交換です!更に、ホイールナットが凄い事にもなってました。何キロで締めたんだ!ってぐらい堅く締まっていて、M君が、真っ赤な顔をして十字レンチを廻そうとしても廻りません。どれどれ俺が・・・と思ったら、100kgオーバーの私が体重をかけても緩みません。老体、背中を痛めました・・・笑 結局ホイルボルトを折る覚悟で、うちのタイヤ屋にトラック用の長いレンチ&鉄パイプで、外してもらった次第です!誰が締めたか知りませんが、アホです。きっと超人ハルク並みのバカ力で締めたのでしょう!ホイールは力一杯締めれば良いって物では有りませんので、皆さんもお気をつけて!
本日は
祭日のためお店をお休みとさせていただいております。m(__)m
愛車(バイク編)
この夏は、ハーレーでも買って、楽しい夏!っと考えていたのですが、諸般の事情で、ハーレー購入計画は没になりました・・・(T_T)
仕方が無いので、店先に放置してあった、愛車のVESPAを直そうと思い、本日、洗車だけしましたが、あまりの暑さに洗車だけでくたびれてしまいました!笑 私のVESPAは、ボーンホワイトで、50sをボアアップしてある年代物です。私が乗ると、熊の曲芸状態です。高校生の頃(20年ぐらい前)からズーット何台かのVESPAを乗り継いできています・・・車もそうですが、バイクも古いものが好きなんですよね~
暑さ本番!夏始まり?
いや~今日は暑かったですね~
梅雨明け?を思わせる夏日でしたね!3連休初日とあって今日は、何人かのお客様に御来店いただきました。珍しく、修理より商談の多い日でしたね。笑 炎天下の中、車を見ながら熱弁していたので、お客さまもさぞ暑かった事と思います。笑 お盆休みまであと、1ヶ月を切り、夏本番って感じですかね!(実は今日は、接客に追われて整備が無かったので、ブログネタ切れです!爆)
複合的AC修理
今日は、複合的なACの故障で、やられました!
始まりは、いつもの「ACが効かない」からでした・・・又「ガスを入れてもすぐに抜けてしまう」との事で、まずはACガス漏れをチェックします。調べるといつもの定番エバポから漏れているようです。コスト面からご相談の上、ACガスのストップリークで様子を見ることになりました。試しにストップリークを注入、ガスを補充していると、やたらと高圧だけが上がっていきます。ストップリークは、水分に反応して凝固するので、まれにレシーバー内が詰まる事があります。「ありゃー、レシーバー詰まったかな?」とここから悪夢の始まりです。笑 店にあった中古のレシーバーに交換してもう一度チェック。まだ駄目です。「ん~」今日は暑いのでだんだん頭に血が上っていきます。今度はラインをチェックして洗浄します。一応エキパンもチェック。エキパンはかなり鉄粉で詰まっていました。でもエキパンなら高圧だけが高くなるような事は無いので・・・??? とりあえずラインも綺麗にして、エキパンも綺麗になって再トライ。っとここで異変に気が付きます。「あれ?電動ファン廻ってないじゃん」とりあえず工場用扇風機をコンデンサーに当てると・・・高圧が下がっていきます。・・・ん~暑くて頭に血が上り、根本的なチェックを見落としていたのです。コンデンサーが冷えなければ、高圧は確かに上がります。とりあえず、電動ファンが何故廻らないか確認。水温センサーがオバカなようです。とりあえず直結して、OKです。水温センサーは在庫で無いので、取り寄せて後日取り付けます。漏れあり、エキパン詰まりあり、ファン廻らずとAC修理のオンパレードでした。ACの修理は、奥が深いです・・・
お休み
今日は息子の誕生日プレゼントを買うため、午後お休みをいただきました。買い物って疲れますよね~仕事の方が楽です。笑
テールゲ-トヒンジ
みなさんよくご存知の240のテールゲートヒンジの修理です。
240のテールゲートの配線は、ヒンジの中を通っているので、開け閉めの際に配線が切れてしまいます。ナンバー灯がつかなかったり、リヤワイパーの不動、ハイマウントランプの点灯不良などの症状が出る等240の代表的な故障の一つです。切れた配線をそのままそこで繋いでも、狭い上に又すぐに切れてしまう事も有りますので、配線を引きなおして修理するのがベストです。ただ、テールゲート自体重いものですし、それなりに時間の掛かる作業で結構厄介です。ノーマルの配線は、一応工夫を凝らしているのか、通常の配線より柔らかめの無数の銅線で出来ています。これが厄介の原因で、ワイヤーストリッパーで皮膜を取ろうとすると、銅線もボロボロになったりします。また、ブチルで配線をくるんであるので、手が真っ黒でべたべたになるのも厄介な原因の一つです。新設したケーブルをテールゲート内に引き込み片側ずつやるのに、慣れていても結構時間が掛かるんですよね・・・特に私はこの作業があまり好きでは有りません。笑 なんか良い方法無いですかね~
20050713205823.jpg

ラジエターホース
今日、スタッフのM君が240のラジエターホースを交換していたところ「新品のアッパーホースが上手く付きません」と言って来ました。「んっ?何で」と思って確認すると、確かに微妙に角度や長さが違います。IPDから取り寄せた在庫パーツなんですが、他の在庫をチェックすると、それ以外の商品は大丈夫そうです。240のラジエターホースで長さや角度が違うとすると、古いB20とかの物が混ざってしまったのでしょうか・・・実際B20用なんて見たことが無いのですが・・・笑 謎です・・・。
苦しい選択・・・の続き
先週書いた、悩める選択の続報です。笑
あの後、色々な方の意見をお聞きしました。又、私自身も「本当にそれでよいのか?」と自問自答して、スタッフと話し合った結果、やはりお客様に現状格安?でお譲りすることになりました。まあ、値段は格安かは別として、お客様にはご了承いただきました。現状ではボロですから、例え1円でも値段を付けたら「ドロボー」って言われそうですが、欲しい人には探してもなかなか見つからない宝物ですもんね・・・お客様の熱い要望に折れました!後は、お客様が大事にゆっくり仕上げてくれれば、車は喜んでくれると思います。いつか、綺麗になった245を見せていただければ幸いです・・・
入荷速報
ここのところ、整備が忙しくて入荷してきた車をUPできずにいましたが、本日4台ぐらいUPしました。更に、2台、安目の940が入荷予定が有ります。興味がある方は、チェックしてみてください!
ハンダもりもり
昨日、お預かりした740ですが、オーバードライブが入ったり入らなかったりします。メーター内の矢印↑が勝手に点灯したり、ボタンを押しても消えなかったり・・・良くあるオーバードライブリレーの不具合ですね。修理方法は、リレーの交換!ですが、予算の無い方は、基盤のハンダを盛ってみては如何でしょうか?リレーを外して、中をあけると基盤のハンダにクラックが入っているのが判ると思いますので、そこをハンダでモリモリしていきます。結構狭いので、隣りとくっつかないように気をつけてくださいね。変な風にハンダして、燃えても困ります。笑 自信の無い人は、新品を購入してください。そんなに高い部品でも有りませんので!
20050709171132.jpg

七夕
昨夜は七夕ですね。
うちの子供が、笹を児童館でもらってきました。折り紙で飾りをして、短冊を用意して・・・七夕の笹に願い事を書くなんて何年振りでしょうか、N君は、「無事故無違反」と書いていました。(先日事故をおこしています。笑)更に、無遅刻無欠席とも書いていました。私は、「ハーレーが欲しい。最終のエボ、ソフティルがいい」と書いて怒られました!笑
苦しい選択
悩める選択・・・
車を販売するのに、コレだけ悩んだのは初めてです。1ヶ月ほど前でしょうか、当社在庫の古い245を欲しいと言っていただいたお客様がご来店になりました。HPにも出ているASKの古い245です。外装もボロボロ、内装もボロボロ、機関もボロボロ・・・当社でいずれレストアして走らせたいと思っている1台で、現状ではとても通常使用は難しいと思うのですが、現状を見ていただいた上で、現状のままで良いので欲しいという方でした。値段はASK(お尋ねください)となっていますが、当社としては綺麗に仕上げて、なんぼの車だと思っていましたから、現状での値段の付けようが有りません。お客様もとても良い方で、「値段を言っていただければ検討します」と丁寧におっしゃっています。私たちは、車を売って、修理して、それを糧にして生活していますので、どんなボロでも「ただ」であげる訳にもいきません。実際この車も、買ってきていますので、仕入れが発生しています。でもその仕入れに利益を乗せて、現状で売るにはボロ過ぎるのです・・・。整備して、仕上げて、堂々と胸を張って出せるならともかく、このままの状態で、例え安く売っても、どうなのかと・・・非常に悩みました。例えば、興味の無い人からすればこの車が1万だったと聞いたら、「ええっ?こんなボロが!」ってビックリすると思うんです。又、この手の古いボルボ好きの世界は狭く、「ビープラス」はこんなボロを売ってるっと噂になっても困ります。結局、悩んだ挙句、お客様には謝りを入れました。出来ればうちで仕上げて胸を張って出したいのですみませんっと・・・きっと高飛車な車屋だと思われたかもしれません。ワガママな車屋を許してください。m(__)m 本当に苦渋の選択でした・・・
960ドアミラー
先日、960にお乗りの当社のお客様が、当て逃げてされてミラーを壊されてしまいました。電話で連絡が入り、「幾らぐらい掛かりますか?」と聞かれ「ASSY交換だと部品が5万ちょっと、カバー塗装と交換工賃も入れると7万近くすると思いますよ・・・」とお答えすると「・・・」かなりショックのようでした。とりあえず見てくださいとのことで、本日来店されましたが、見ると確かに、カバーがずれて、パコパコしています。ミラーレンズもモーターが割れていて動きません。でも、ケース自体は割れていないので、コレなら修理可能かと思い、ばらして修理しました。モーターも中古があったのでそれを使って、ケースのパコパコは、プラスチック接着剤で修理して完了です!費用も安く済んでお客様も喜んでいました。850からはドアミラーのパーツがバラで出るのですが、940や960などは、ASSY交換となりますので、純正だと高いですよね。私達ちは、部品を交換するパーツチェンジャーではなく、車を治す修理屋になりたいと思っているので、修理して直せた時は、嬉しいですね!(今回の作業は、N&M君ペアがやったんですけどね!笑)
今日のAC
今日のエアコン!笑
こう毎日ACの修理ばかりだと、マンネリしてきそうですが、今日のAC修理は、かなりレアな修理でした!正直私は、初体験です。
昨日、お預かりした940ですが、「ACの風が吹き出し口から出ない」との事でした。ブロアファンモーターが焼きついたのかと思いきや「ブロアモーターは、勢い良く廻ってます」っとおっしゃっています。お預かりして確認すると確かに、5速でファンを廻しても風が出ません。又、ゴーっとファンの音はしています。よくよく確認すると、足元やデフロスターからは冷風が出ています。「あ~フラップの切り替えが上手くいっていないんだな」と思いました。940や960でよくある修理ですが、バキュームベローズに穴が開いて、フラップの切り替えが上手くいかない故障がよくあります。症状としては、リサキュレーションが完全に閉まらない、風の吹き出しが変わらない、アクセルを開けると風が弱くなる、などなどです。3つのバキュームベローズを使用しているので、どれかな?っと点検していると、あれ?よぅ判らん・・・っと言う有様!どうしようかと思っていたところ、他のご予約のお客様がいらしたので、作業を中断して接客、接客を終わって車に戻ると、うちの一番若手のM君が「わかりましたよ!」っと言うじゃないですか!「ええ!何で?」とても不思議でした。バキュームベローズの故障診断は、それなりに難しいし、交換するにはユニットを降ろすか、秘密の裏技を使うしかないのです。M君には、もちろんそんな作業まだ教えていません。しかも彼が、指差した場所は、エンジンルームです。「ここ漏れてますよ」覗き込むと確かに、エアコンユニット用の配管がエンジンルーム側で破れています。そうです、大元のバキューム配管が破れていたのです。私は、冷風が出る事、足元デフロスターからは風が出る事、過去の経験などから判断して、室内のバキュームベローズばかりチェックして、根本的なチェックを見逃していたのです。コンプレッサーが廻ってるとの判断で、エンジンルームさえ開けていませんでした。目からうろことはマサにこのことです。まだまだ勉強不足ですね!M君に救われました。笑
20050705213124.jpg

ACからカサカサ音
お客様から「エアコンから異音がする」との事でチェックする事になりました。「コンプレッサーから音が出てるような気がする」とのお話もあったので、チェックしましたが、特に問題は無さそうです。室内で音を確認すると、確かに「カサカサ」言ってます。ブロアモーターを外してみると、大きな葉っぱ発見!笑 コレがファンに当って音が出ていたようです。ワイパーブレードの根元のトップカウルからゴミが入ると、リサキュレーション用の穴から、ブロアモーター内にゴミが入る事があります。ゴミが多く入ると、モーターの不具合にも繋がりますので、お気をつけください!もし、駐車場が木の下で、落ち葉が多い方は、当社でも販売中のベンチレーターカバーをお奨めいたします!笑 ちょっと宣伝?
20050704182123.jpg

電動ファン
今日は、久しぶりに手が空いたので262Cをちょっといじろうと思い、工場に入れてみました。
夏場のオーバーヒート対策に電動FANをつけよう!って企画だったのですが、ボンネットを開けてすぐに挫折しました。笑 私の感覚の中では、もっとスペースが有ったような気がするのですが、V6のラジエターとエンジンのクリアランスは、非常に狭かったです。笑 実は、ノーマルのファンを取っ払って、94年以降の940等で使っている電動ファンを取り付けたかったんですが、ウォーターポンプから出ているシャフトが思ったより長く、電動ファンを取り付けるスペースの確保が出来ませんでした。コレをつけるためには、ファンプーリーの加工が必要そうですね・・・また、企画を練り直します!
AC修理Ⅱ
昨日の続きでAC修理のお話。
古い740や940にあるのは、昨日書き込んだ修理以外にもブロアモーターの焼きつきなんてのが多いです。ブロアモーターは、言ってみれば扇風機で、室内で風を発生させて、ダクトから風を送ります。ブロアモーターが焼きつくと、やはり過電流が流れて、ヒューズが飛んだりします。そのほかには、5速は動くのに、1,2,3,4速は動かないなんてのは、レジスターの不良。でもあまりボルボでは聞きませんね。最近多いのは、コントロールユニットの不良!特にオートエアコンに多いです。オートエアコンには故障コードのメモリー機能がついていますが、電源をOFFにするとメモリーが消えるし、故障コードも多くないので、あまりあてにした事が有りません。そもそも、そのコントロールユニット自体も基盤からハンダが剥がれて上手く作動しないなんて事も良くあります。先週修理した車は、マニュアルACでしたが、コントロールユニットがいかれてました。更に、ヒューズからコントロールユニットにいくまでの配線にもリークがあり、電圧はシッカリ12V有るのに、十分な電流が流れないで、電源供給が上手くいかない不具合まであり、ちょっとてこずりました。
昔はACなんて無かったのに、今ではACが無い車なんて有りませんよね!多分昔はACが無くても過ごせたのでしょうが、都市温暖化でしょうかね・・・今やAC無しでは人は、車にも乗れなくなってしまったようです。そして、夏になるとACの修理で私たちもテンテコ舞です。笑
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved